By Asher / 最後の更新 2022年09月30日

Windows 10 PCの動作速度が非常に遅い!

Windows 10は、最初に登場したときの洗練された新しいレイアウトと更新された機能で大きな人気がありましたが、特に長期間使用した後は、パフォーマンスが低下することもあります。コンピューターの電源を入れたり切ったり、フォルダを開き、アクセスするのに長い時間がかかったり、アプリケーションの実行速度が非常に遅くなったりする場合は、Windows 10のパフォーマンスを最適化するために何かを行う必要があります。

Windows 10

Windows 10の動作が遅くなる原因

どうして長期間使用した後、Windows 10が重くなっていますか?ここでは、いくつの原因を挙げます。

多くのプログラム・ソフトが同時に実行している

複数のプログラムやソフトウェアを同時に起動すると、PCの動作が遅くなることがあります。このような場合、使用していないアプリケーションを終了させると、動作が改善されるかもしれません。どのソフトが実行しているかよくわからない場合は、タスクマネージャーで確認することができます(「Windows+X」キーを押し、表示された一覧から「タスクマネージャー」をクリックし、タスクマネージャーで表示されたプログラム・ソフトを確認できます)。

メモリが不足している

CPUが直接にデータを読み書きできる記憶領域です。パソコンでは通常、実行中のプログラムやデータが置かれる「メインメモリ」を指します。メインメモリの容量が大きいほど、作業効率が上がります。ウィンドウズなどOSの多くが、メインメモリの空きが少なくなると使用頻度の低いデータを一時的にハードディスクに待避して空きを増やす仮想メモリ機能を持つが、その使用頻度が高いと作業効率が落ちます。メモリの使用状況はタスクマネージャーで確認することもできます(ここでは、タスクマネージャーを開くもう1つの方法をご紹介します)。

「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして、「タスクマネージャー」をクリックし、「メモリ」を選択し、使用状況を確認します。

タスクマネージャー

メモリ

ヒント:100%に近いほど使用できるメモリが少ないことを表します。

ウィルスに感染している

パソコンがウイルスに感染した場合に、動作が遅くなるケースがあります。これは、ウイルスは大量のCPUとメモリを消費するからです。したがって、パソコンの動作が重くなった場合は、ウイルスに感染していないかどうかも考える必要があります。ウィルス対策ソフトで確認できます。

ディスクに断片化がある

断片化は、1カ所の連続した領域に保存されていたファイルが、移動や削除を繰り返すことで起こります。断片化はファイルの読み書きの速度低下を招くため、PCのパフォーマンスが落ちてしまいます。

Windows 10コンピューターを高速化する6つの方法

Windows 11、10、8、7 PCを最適化し、ハードドライブの速度を上げるには、未使用のソフトウェアをアンインストールするか、電源設定を高パフォーマンスに変更するか、Windowsのヒントとコツをオフにするか、視覚効果をオフにしてみてください。これらの方法が効かない場合は、次の方法を確認して、Windows 10を高速化しましょう。

方法1.不要なスタートアッププログラムを無効にする

一部のプログラムは、コンピューターが起動するたびに自動的に起動するように設計されています。これらのバックグラウンドで実行されているプロセスは、貴重なメモリを浪費し、コンピューターの速度を低下させます。したがって、それらを無効にすると、Windows 10コンピューターのパフォーマンスを向上させることができます。

手順 1. 「Ctrl+Alt+Del」を押して「タスクマネージャー」を開き、「スタートアップ」タブをクリックしてスタートアッププログラムを表示します。

スタートアッププログラムを表示

手順 2. 各スタートアッププログラムの「スタートアップへの負荷の値を確認することもできます。「高」は、これらのプログラムがシステムの速度を大幅に低下させる可能性があることを意味します。

スタートアップへの負荷

手順 3. 次に、それを右クリックして「無効化」を選択し、Windowsの起動時に起動しないようにします。

無効化

方法2.ハードディスクをクリーンアップする

ハードドライブをクリーンアップするには、Windowsのネイティブディスククリーンアップユーティリティを使用して、一時ファイル、インストーラーファイル、および他の不要なアイテムを削除し、ゴミ箱を完全に空にすることができます。

手順 1. Windowsの検索バーに「ディスククリーンアップ」と入力し、アプリをダブルクリックして開きます。

手順 2. 「ディスクのクリーンアップ」画面で、クリーンアップしたいドライブ(Cドライブ)を選択します。「OK」をクリックしてください。

ドライブ(Cドライブ)を選択

手順 3. 「ディスククリーンアップ」を実行すると、解放できる容量が計算されます。

手順 4. 「削除するファイル」欄の下で、クリーンアップするファイルを選択し、「OK」をクリックします。

ディスク クリーンアップ

方法3.RAMを追加する

Windows 10コンピューターの実行速度が遅い場合は、コンピューターに十分なRAM(ランダムアクセスメモリ)がないことが原因である可能性があります。この場合、ランダムアクセスメモリの量を増やすことができます。このタスクを実行する最も簡単な方法は、新しいRAMチップをインストールすることです。その前に、コンピューターが現在使用しているメモリの種類を確認する必要があります。タスクマネージャーを開き、「パフォーマンス」をクリックします。システムは、メモリの種類と使用されているスロットの数が表示されます。次に、互換性のあるRAMを購入して、コンピューターにインストールします。

メモリ

方法4.仮想メモリのサイズを変更する

仮想メモリは、オペレーティングシステムのメモリ管理機能です。物理メモリの不足を補うために、ランダムアクセスメモリからディスクストレージにデータを一時的に転送できます。仮想メモリが少ない場合、コンピューターの全体的な速度が多かれ少なかれ影響を受ける可能性があります。そこで、ここでは、仮想メモリのサイズを変更して、コンピューターのWindows 10を高速化する方法を説明します。

手順 1. 「コンピューター」または「PC」を右クリックして、「プロパティ」を選択します。

手順 2. 左側のパネルで、「システムの詳細設定」をクリックします。

手順 3. 「詳細設定」タブの「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。

手順 4. 「パフォーマンスオプション」が表示されます。「詳細設定」タブをクリックし、「仮想メモリ」欄の「変更(C)」をクリックします。

 変更

手順 5. 「仮想メモリ」が表示されます。「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する(A)」オプションのチェックを外します。「ドライブ」列で変更するページングファイルを含むドライブを選択します。

変更するページングファイルを含むドライブを選択

手順 6. 「カスタムサイズ(C)」をクリックし、「初期サイズ(MB)(I)」ボックスまたは「最大サイズ(MB)(X)」ボックスに変更したい数値を入力します。「設定」をクリックして、「OK」をクリックして変更を保存します。

[ 変更したい数値 ] を入力

方法5.ハードドライブの断片化を解消する

ハードドライブに保存されたデータが断片化すると、Windows 10システムの性能低下は避けられません。そのような場合、ハードディスクをデフラグすることをお勧めします。これにより、ハードディスクに散らばっているデータの断片を集めてそれらを再構成し、元の状態に戻します。ドライブは、データをより速く見つけ、より速く書き込むことができます。

ハードドライブをデフラグするには、AOMEI Partition Assistant Professionalのディスクデフラグユーティリティを使用できます。これにより、毎日、毎週、毎月、起動時またはログイン時などの特定の時間に基づいて、選択したドライブのデフラグを自動的にトリガーするスケジュールを設定できます。デモ版をダウンロードし、次の簡単な手順に従ってハードドライブを最適化します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、ディスクを右クリックして「ディスクデフラグ」を選択します。

ディスクデフラグ

手順 2. ポップアップウィンドウで、「スケジュール」ボタンをクリックします。

分析

手順 3. 次に、デフラグのスケジュールを設定するドライブを選択し、しかもドライブの最適化を自動的に開始する特定の時間(毎日、毎週、毎月、起動時、ログオン時)を選択できます。

ドライブ、最適化する特定の時点を選択

起動時モード

手順 4. 「条件設定」オプションの隣りの「条件」をクリックし、新しいアップウィンドウで、自動デフラグを開始する必要がある他の条件を設定できます。すべてが設定されたら、「OK」をクリックするだけです。

設定

条件設定

方法6.SSDブートディスクにアップグレードする

SSDは、従来のHDDよりも読み取りと書き込み速度が速いため、Windows 10はHDDで動作が遅く、デフラグが大きな影響をもたらさない場合は、HDDをSSDドライブにアップグレードしてみてください。これにより、起動時間、ファイルアクセス時間、およびシステム全体の応答性が向上できます。

HDDをSSDにアップグレードするには、AOMEI Partition Assistant Proを通してHDD全体をSSDドライブにクローンすることもできます。「ディスクの高速クローン」と「セクタ単位のクローン」という2つの方法で、ディスクを別のディスクにクローンすることができます。前者は使用済みスペースのみをターゲットディスクにコピーし、後者はすべてのセクターをターゲットディスクにコピーします(ヒント:大きなHDDを小さなSSDにアップグレードする場合は、SSDがHDDの使用済みスペースよりも大きい限り、最初の方法を選択してください)。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、システムディスクを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

Windows 10/8/7でディスクをコピー

手順 2. この画面で、必要に応じてコピー方法を選択し、「次へ」をクリックします(一般的に「ディスクの高速クローン」を選択することお勧めします)。

二つのディスクコピー方法

手順 3. この画面でSSDをターゲットディスクとして選択し、下の「SSDの性能を最適化」をチェックして、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

手順 4. これで、SSDドライブのパーティションサイズを編集し、問題なければ、「次へ」をクリックします。

ディスクを編集

ヒント
◈「パーティションのサイズを変更せずにクローンする」:ソースパーティションのサイズを維持します。

◈「コピー先に合わせる」:ディスク全体にフィットするようにプログラムはパーティションのサイズを自動的に調整します。
◈「手動で編集する」:ディスク上のパーティションのサイズをリサイズします。

手順 5. ターゲットディスクから起動する方法に関するメモを読み、「完了」をクリックします。

ディスクコピーについてのノート

手順 6. 最後、結果のプレビューが表示されます。確認後、問題なければ、「適用」をクリックし、ディスクのコピーを実行します。

ディスクコピーの操作を実行

注意:

①MBRディスクをGPTディスクにクローンする場合は、ターゲットディスクから正常に起動するには、起動モードをBIOSレガシーからUEFIに変更する必要があります。その逆も同様です。

②ディスク全体ではなく、OSパーティションのみをSSDドライブに移動したい場合は、「OSをSSDに移行」ウィザードを利用できます。

概要

これで、Windows 10を高速化する方法がわかったはずです。上記の方法は、Windows 7、Windows 8、およびWindows 11の動作速度を上げるためにも機能します。さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、他のパーティションからCドライブに空き領域を割り当てて、システムディスクを拡張したり、SSDドライブを安全に消去したり、ハードドライブ(システムディスクであると想定)を消去してすべてを再インストールしたりできます。これにより、Windows10コンピューターの起動速度をスピードアップできます。