By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年08月18日

なぜWindowsを外付けHDDにインストールする?


Windows OSをインストールしてストレージ装置をプラグ&プレーすることができますか?例えば、外付けHDD、HDDのエンクロージャ(SATAハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど。この問題を提出したのは、ポータブルOSを作成するつもりがあるからです。家にいる時、我がお婆さんか友達の所に行く時、ただそのポータブルのストレージ装置を簡単に接続して、起動の優先順位を変更して、システムを起動できます。毎回同じな環境を見ます。

- from YAHOOユーザ

ポータブルオペレーティングシステムを作成してから、どこでもBYOD(自分の装置を持つこと)を実現することができますか?答えは「はい」です。マイクロソフトはWindows 10/8.1/8のエンタープライズエディションでWindows To Goと称される機能をリリースしました。これで、ユーザーは任意のコンピュータで認定のUSBフラッシュドライブから自分のOSesを起動するようになります。

ただし、この機能はただエンタープライズエディション向けだけです。もしWindows10プロまたはホームを運行しているなら、この機能から恩恵を受けられないです。こんな状況では、まだWindows10を外付けHDDにインストールしたければ、そしてエンタープライズエディションを買いたくなければ、コマンドラインインストレーションを試してください。

ただ、コマンドライン操作はもっと時間かかります。そしてプロセスをインストールする中、詳細が多すぎますので、大部分のユーザーにとって、ちょっと複雑かもしれないです。

幸いなことに、USBまたはSSDからWindows10を作動できる高速かつ簡単な方法があります。それはAOMEI TechからリリースされAOMEI Partition Assistant ProのWindows To Go Creator機能を使うことです。この機能によって、Windows10 ISOファイルで起動USBドライブを作成できます。

Windows10を外付けHDDにインストールする前に

13GBか13GB以上の容量あるSSDまたはUSBフラッシュドライブを用意する必要があります。その同時、ISOファイル、インストレーションディスクまたはWindows 10のESDファイルも必要です。

注意:

● 以上の物を用意したら、Windows To Go Creatorによって、任意のOSで起動ドライブを作成できます。

● 技術的に言えば、より大きいUSBを持てば、よりいい結果を得ます。もしコンピュー タでUSB 3.0ポート付きのUSBをWindows10を起動する用のUSBとすると、多分このことを完成する時間はUSB 2.0ドライブを使用するのより、短いです。

● Windows10またはWindows8 ISO/ESDインストレーションファイルがあるのなら、WinRARまたはWinZIPによって、それを適切な所に引き出します。あるいはサードパーティ製のISOを使用しソフトウェアをインストールしコピーします。例えば、DAEMON Tools Liteを仮想ドライブにインストールします。

● 外付けHDDは上書きされてNTFSファイルシステムでフォーマットされます。もし必要があるのなら、まずその外付けHDD上の大切なデータをバックアップします。

ここでは、2700万ユーザからご愛用いただき、人気のあるバックアップソフトAOMEI Backupperを利用すると、ただ数回のクリックでバックアップを簡単に作成できます。幸いなことに、今ダウンロードすると、30日間無料利用できます!

Windows10を外付けHDDにインストールする方法

まず、AOMEI Partition Assistantをダウンロードします。そして、外付けHDDをコンピュータに接続して、Windows10パソコンで外付けHDDは認識されたことを確認します。

ステップ 1. Win10パソコンにPartition Assistantをインストールし、起動します。左ペインの「全てのツール」から「Windows To Go Creator」を選びます。

windows to go creator

ステップ 2. Windows to goの作成操作対象装置を選択します。ここで「パーソナルコンピュータ用のWindows to goを作成」を選び、「次へ」をクリックします。

インストレーションファイル

ステップ 3. ソースファイルを選択します。ここで二番目の「現在のシステムでWindows to goを作成」を選び、「次へ をクリックします

続行

ステップ 4. ターゲット場所を選択します。ここでKingston USBメモリを例として選択します。

ターゲット場所を選択

ステップ 5. この時、データ消去の警告が表示されます。バックアップを取った読者様は次へ進みます。バックアップを取らなくて、その上に大切なデータを保存している読者様なら、バックアップを取っておくことをお勧めします。

警告

ステップ 6. ここまでソフト内の操作が完了しました。次は、BIOSで読者様のPCの起動優先順位を変更することです。つまり、USBメモリを接続したままWindows10 PCを再起動します。最初の画面が表示されたら、ファンクションキー(F2、F3、F4、F5、ESC)を押して、BIOSセットアップ環境に入ります。詳細手順は「クローンのターゲットディスクから起動します」をご覧ください。

起動優先度を変更

注意:

● 他のコンピュータで起動可能なWindows10を作成したい時、まずはBIOSに入ってブータブルUSBを最初の起動装置にします。

● ただ三つのステップ(複雑な操作とお費用がない)で、外付けHDDでWindows10をインストールできます。そして、AOMEI Partition Assistantプロ版は殆どのWindowsバージョンをサポートします。ですから、Windows 8、Windows 8.1、Windows 7、Windowsxp、WindowsVistaなどの起動ドライブも作成できます。

● 上記の機能の他に、このプログラムはより高度な機能もたくさん提供します。例えば、直接に1つのパーティションから他のパーティションに空き領域を割り当てること、GPTディスクからMBRディスクへの変換、ダイナミックディスクをベーシックへの変換、パーティションの結合なんての機能。

● また、会社管理者としての方、AOMEI Partition Assistant Unlimited版を使用すると、ソフトは1つの会社で台数無制限のコンピューターにインストールできます。即ち、1回の購入だけで全ての同僚はこのソフトウェアを使用できます。買得でしょう!その前に、まずソフトのUnlimited版を無料体験してみよう~

結語

ここまでWindows10 OSを外付けHDDにインストールする方法を紹介しました!ただ数回クリックで完了できますので、便利でしょう~~そのソフトを使用すると、問題をすぐに解決できますし、お客様の大切なデータを守ります。

もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。