By Asher / 最後の更新 2022年01月21日

 

最近、SSDが値引きされているので、地元のデジタルストアで1TBを購入しました。SSDにWindows 10をインストールすると、PCのパフォーマンスが向上すると聞いていたので、そうすることにしました。しかし、私は完全なコンピューター初心者です。では、どこから始めればよいでしょうか?

- ユーザーからの悩み

SSDまたはHDDにWindows 10をインストールするか?

SSDはソリッドステートドライブの略です。これは、集積回路コンポーネントを使用してデータを永続的に保存するストレージデバイスであり、通常はフラッシュメモリを使用します。一方、HDDは、磁気ストレージと磁性材料でコーティングされた1つまたは複数の剛性のある高速回転プラッタを使用してデジタルデータを保存および取得する電気機械式データストレージデバイスです。では、SSDとHDDのどちらにWindows 10をインストールすればいいのでしょうか?

HDDと比較すると、SSDはフラッシュメモリを使ってデータの読み込みや書き込みを行うため、読み込みや書き込みがはるかに高速です。さらに、SSDには可動部品がないため、HDDよりも安全で衝撃や振動に強いです。また作業中の騒音を軽減するのにも役立ちます。さらに、サイズが小さいため、コンピューターケースの貴重なスペースを大幅に節約できます。SSDにはこれらの利点があるため、SSDにWindows 10をインストールすることをお勧めします。

SSDとHDDの違いについては、次の表を確認してください。

ssdについて

Windows 10をSSDにインストールする場合

▼1. 他のWindowsバージョンをWindows 10にアップグレード

●Windows10は最近普及しています。ますます多くのユーザーはWindows 10をインストールすることにします。

●間もなくWindows 7のサポートが終わるので、Windows 10へのアップグレードが必要です。これを機会に自分でSSD換装・メモリ増設してWindows 10をクリーンインストールすると、新しくPCを購入しなくて済むかもしれません。

▼2. HDDをSSDに換装またはアップグレード

●SSDは最大の利点は、読み取り速度はHDDの最大10倍、書き込み速度はHDDの最大20倍です。これにより、起動時間とロード時間が短くなります。これにより、パフォーマンスを大きく向上させます。

3. 様々なパソコンエラーを解決

●PCでWindows 10に問題が発生している場合(例えば、ディスク領域不足、特にCドライブの容量不足)や、古くなったファイルやアプリを排除してWindows 10を新しい状態にしたい場合にシステムをSSDにインストールすることがあります。

SSDにWindows 10をインストールする2つのチュートリアル

以下の内容では、SSDにWindows 10をインストールする2つのチュートリアルを紹介します。

チュートリアル1:USBメディアでWindows 10をインストール

ほとんどの場合、ユーザーはCDを使用してOSをインストールすることを好みますが、最近では多くのコンピューター、特にラップトップにはCDドライブがありません。また、CDに傷がやすく付いたり、CDのデータがやすく破損したりする可能性があります。この場合、USBインストールメディアの方が適しています。また、携帯性に優れたUSBメモリを使用して、Windowsを安全に格納できます。今回はWindows 10インストールファイルをUSBフラッシュドライブに入れて、インストール用のUディスクメディアを作成します。

第一歩:Windows 10用のUSBインストールメディアを作成

事前準備

1. Windowsのインストールに十分な空きストレージスペースが必要です。

2. 少なくとも8GBの空き容量があるUSBフラッシュドライブが必要です。USBフラッシュドライブに重要なファイルがある場合は、事前にバックアップを作成することをお勧めします。

USBインストールメディアの準備ができている場合は、第一歩をスキップして、第二歩に直接に進んでください。それ以外の場合は、Microsoftのメディア作成ツールを使用して作成する必要があります。

ステップ 1. まずMicrosoftの公式Webサイトにアクセスして、メディア作成ツールをダウンロードして管理者として実行します。

ステップ 2. Microsoftソフトウェアの適用される通知とライセンス条項が表示され、「同意する」をクリックします。

適用される通知とライセンス条項に同意

ステップ 3. 「他のPC用にインストールメディアを作る」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。

インストールメディアを作成

ステップ 4. 言語、Windowsエディション、アーキテクチャを選択し、「次へ」をクリックします。

言語、Windows エディション、アーキテクチャを選択

ステップ 5. ここでは、USBフラッシュドライブにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブにチェックを入れ

ステップ 6. 「リムーバブルドライブ」から用意したUSBフラッシュドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブを選択

ステップ 7. インストールメディアが作成されると、「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示されます。「完了」をクリックして終了します。

完了

第二歩:USBインストールメディアからからPCを起動

ステップ 1. Windows 10のインストールメディアを作成したら、インストールディスクをコンピューターに接続します。コンピューターをシャットダウンし、ケースを開き、HDDを取り出して、SSDをドライブベイに挿入します。

ステップ 2. USBフラッシュドライブをPCに挿入します。

ステップ 3. PCを起動し、BIOS設定画面が表示されるまでBIOSキー(F2、Del、F10、またはF12)をすぐに押し続けます。

ステップ 4. BIOS設定に入り、矢印キーを使用してUSBフラッシュドライブを最初のブートデバイスとして設定します。

ステップ 5. F10を押して設定を保存して、BIOSを終了します。その後、PCをUSBインストールメディアから起動します。

第三歩:USBインストールメディアからWindows 10をインストール

ステップ 1. しばらくすると、Windows 10のセットアップウィンドウが表示されます。ここで、言語、時刻と通貨の形式、キーボードまたは入力方式、キーボードの種類を選択する必要があります。終了したら、「次へ」をクリックして続行します。

言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択

ステップ 2. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

ステップ 3. Windows 10をアクティブ化するには、プロダクトキーを入力する必要があります。そうでない場合は、「プロダクトキーがありません」をクリックするだけで、インストールを完了できます(★注意:プロダクトキーがない場合、Windows11の一部の機能が制限されます)。

プロダクトキーを入力

ステップ 4. リストから必要なWindows 10のバージョンを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ 5. 「適用される通知とライセンス条項」で「Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

ステップ 6. 「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。このオプションでは、すべてのファイル、設定、アプリケーションが削除され、Windows 10がクリーンインストールされます。

カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細)

ステップ 7. オペレーティングシステムをインストールするSSDドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

Windows 10をSSDにインストールする

ステップ 8. これで、Windows 10がインストールされます。インストールが完了するのを待つだけです。

ステップ 9. Windows 10が再起動した後に、BIOSキーをもう一度押し続けてBIOSに入ります。次に、SSDドライブを最初のブートドライブとして選択します。

数分待ちます。Windows 10はすべてを準備し、デスクトップに自動的にログインします。その後、Windows 10 PCをよりスムーズに実行するために必要なドライバを インストールできます。

注意:上の方法はHDD/SSDをフォーマット(初期化)し直した後に、改めてWindows 10を新規インストールすることですので、ディスク上のデータは全部消去されます。操作前にあらかじめバックアップしておくことをお勧めします。

次はWindows 10などのシステムを再インストールせずに、SSDにOSを直接に移行する方法です。

チュートリアル2:HDDからSSDにWindows 10をインストール

上記の方法は、作成したUSBインストールメディアからSSDにWindows 10をクリーンインストールすることです。これには、新しいシステムドライブに他のプログラムを再インストールする必要があります。すべてを最初から再インストールするのではなく、現在のHDDからSSDにWindows 10をインストールしたい場合はどうすればいいですか?または、Win 10をインストールするための適切なUSBフラッシュドライブまたはCDがない場合はどうすればいいですか?

現在のWindows 10 OSをHDDからSSDにインストールする最も簡単な方法は、サードパーティ製 のソフトウェアを使用してOSを古いドライブから新しいSSDに移行することです。このように、オペレーティングシステムを再インストールせずに、多くの問題を回避できます。ここでは、ワンクリックでWindows 10をMBRディスクからMBRディスクに移行することをサポートするAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。それだけでなく、このフリーウェアはハードディスクのクローンを作成し、パーティションをクローンし、システムディスクを消去することができます。

では、Proのデモ版を無料でダウンロードして、OSを古いディスクから新しいSSDに移行しましょう!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

▼行う前に:

●移行先のSSDは、現在のOSパーティションの使用済み領域より大きいか又は等しい未割り当て領域を持たなければなりません。

●MBRディスクからOSをGPTディスクに移行するなら、マザーボードはEFIまたはUEFIブートをサポートする必要があります。

ステップ 1. 新しいSSDをPCに接続し、AOMEI Partition Assistantをインストールして起動し、左上隅のウィザードで「OSをSSDに移動」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. 次のウィンドウで、ターゲットディスクSSD上の未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

ステップ 3. このウィンドウで、移行先のパーティションのサイズを変更することができます。もちろん、デフォルト設定を維持してもいいです。

パーティションの編集

ステップ 4. 設定が完了した後、「次へ」をクリックしてOSブートに関するノートを読みます。

ブートノート

ステップ 5. 「完了」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。ここで、変更をプレビューすることができます。変更を実行するには、「適用」ボタンをクリックします。

適用

完了したら、ターゲットSSDからコンピューターを起動する必要があります。

すべてのデータ(OSパーティションだけでなく他のデータパーティション)を古いドライブから新しいSSDに転送する場合は、ディスククローンを試すことができます。

よくある質問:SSDにWindows 10をインストールするに関する

一般的にWindows 10インストール中に2つの問題が発生する可能性があります。それらが何であるかを説明し、修正方法も提供しています。

問題1:SSDにWindows 10をインストールできない

新しいSSDにWindows 10をインストールしようとすると、「このディスクにWindowsをインストールできません。選択されたディスクはGPTのパーティションスの形式ではありません」、「このディスクにはWindowsをインストールできません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」などのエラーメッセージが表示されることがあります。この問題を解決する最も簡単な方法は、GPTをMBRに、またはMBRをGPTに変換することです。

このディスクにWindowsをインストールできません

このディスクにはWindowsをインストールできません。選択されたディスクにはMBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。

また、起動モードを変更することもできます。たとえば、PCが上記の最初のエラーを表示したら、マザーボードがLegacy+UEFI/CMSブートをサポートしている場合、BIOSでUEFIブートモードを有効にしてこのエラーを修正できます。

問題2:Windows 10をインストールした後にSSDから起動しない

SSDにWindows 10をインストールした後、新しいSSDから起動できないことにご不満をお持ちになる方が多くいらっしゃいます。この問題は、次の要因で引き起こす可能性があります。

✌ 1. SSDが最初のブートデバイスではない

✌ 2. システムパーティションをアクティブ化しない

✌ 3. 複製されたSSDのマスターブートレコードが破損している

この問題を修正するには、BIOS設定画面で、SSDを最初のブートデバイスとして設定したり、システムパーティションをアクティブにしたり、SSDのMBRを再構築したりすることができます。

結論

SSDにWindows 10をインストールするのは、適切なガイドがなければ決して簡単な作業ではありません。そのため、このチュートリアルでは、すべてのステップを最もわかりやすい言葉で説明しました。一方、記事の最後に、SSDにWindows 10をインストールするのに失敗する問題や、SSDからWindows 10を起動するのに失敗する問題に対処するための実用的な方法を紹介します。

ご参考になれば幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]