ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

Windows10をSSDにインストールする理由

▼1. 他のWindowsバージョンをWindows10にアップグレード

● Windows10は最近普及しています。ますます多くのユーザーはWindows 10をインストールすることにします。

● 間もなくWindows 7のサポートが終わるので、Windows 10へのアップグレードが必要です。これを機会に自分でSSD換装・メモリ増設してWindows 10 をクリーンインストールすると、新しくPCを購入しなくて済むかもしれません。

▼2. HDDをSSDに換装またはアップグレード

● HDDに代わる高速ストレージデバイスとして、OS用のシステムドライブなどで使用されているのがSSDです。SSDとは、Solid State Driveの略称で、SDメモリカードなどと同じく不揮発性メモリ(フラッシュメモリ)上にデータを保存する、言わば大きなメモリカードです。

HDDがディスク上にデータを保存するのに対して、SSDはフラッシュメモリ上にデータを保存していきます。ディスクを回転させる必要が無いので駆動部分が無く、アクセス音なども発しない為、省電力性や静音性に優れています。その他、SSDは以下のような特徴も持っています:

・読み書きがHDDに比べて圧倒的に高速です。

・駆動部分が無いので、外部からの衝撃に強いです。

・容量単価はHDDよりも高価などが有ります。

HDDよりも高性能・高機能な分、HDDよりも高価になっています。

3. 様々なパソコンエラーを解決

● PCでWindows 10に問題が発生している場合(例えば、ディスク領域不足。特にCドライブの容量不足)や、古くなったファイルやアプリを排除して Windows 10 を新しい状態にしたい場合でシステムをSSDにインストールすることがあります。

SSDにWindows10をインストールする方法

方法1:SSDにWindows 10をクリーンインストール

Windows10のクリーンインストールとは、HDD/SSDをフォーマット(初期化)し直した後に、改めてWindows10を新規インストールすることです。

    ▼操作前の注意しておく事

    ● Windows 7の場合、USB3.0のマウス・キーボードは使えません。Windows 10/8.1の場合、USB2.0のマウス・キーボードは使えません。

    ● 古いマザー(BIOS)の場合、CドライブはMBR形式でフォーマットされます。新しいマザー(UEFI)の場合、インストールメディアの起動方法が重要です。

    ・UEFIブートするとCドライブはGPTフォーマットされます。

    ・旧BIOS互換ブートするとCドライブはMBRフォーマットされます。

    ● MBRとGPTは別物ですので、互換性はありません。

    ● Windows 10/8.1をインストールする場合は、マウスやキーボードをUSB 3.0ポートに接続します。(一旦 UEFI 画面を経由して DVD/USBメディアをブートした場合、USB2.0 ポートが使えるようになります)


Windows 10のISOファイルをダウンロードし、サードパーティ製のソフトウェアを介してDVDに書き込んだ後、DVDからWindows 10をインストールするのは従来の方法です。今の作業ははるかに簡単になり、MicrosoftはユーザーフレンドリーなMicrosoft Media Creation Toolを提供し、インストールメディアの準備を整えます。

ステップ 1. まず、Windows 10メディア作成のツールをダウンロードして実行します。Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。これは、USBドライブまたはCDのいずれかにWindows 10用の新規で正しいインストールパッケージを作成するのに役立ちます。起動し、「別のPCのインストールメディアを作成する」オプションを選択し、「次へ」をクリックし、ウィザードに従ってインストールメディアを作成します。

インストールメディアを作成

ステップ 2. Windows 10のインストールメディアを作成したら、インストールディスクをコンピュータに接続します。コンピュータをシャットダウンし、ケースを開き、HDDを取り出して、SSDをドライブベイに挿入します。

ステップ 3. 指定されたキー「通常はF2やF12」を押し、コンピュータは、コンピュータがインストールディスクからブートするようにBIOSで起動し、起動順序を変更するために起動します。

ステップ 4. 読み込まれたら言語やキーボードの種類を聞いてきます。

自分のPCや住んでいる国にあわせ、「次へ」をクリックし、「今すぐインストール」をクリックします。

ステップ 5. ライセンス認証は、後からでも行えます。

また、Windows10へ無償アップグレードしたPCにWindows10をクリーンインストールする場合は、プロダクトキーの入力自体が不要です。「スキップ」を選択します。または、Windowsのインストールが完了した後に、それをスキップしてアクティブ化してください。

    ▼ヒント:Windows 7/8からWindows 10にアップグレードする場合も、新しいSSDにクリーンインストールを行う場合も、Windowsをアクティブ化するためにプロダクトキーを購入する必要があります。SSDに既にWindows 10がインストールされている場合は、次のステップにスキップして、Windows 10を新規インストール後にアクティブにします。


ステップ 6.
ライセンス条項画面で「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

ステップ 7. 新規にWindowsをインストールする場合は、「カスタム: Windowsのみをインストールする」を選びます。上段の選択肢は、アップグレードの時のみ使います。Windows 8 以降、DVD/USBブートで上書きインストールはできません。

クリーンインストール

ステップ 8. WindowsをインストールするSSDを選択します。

Windows 10をSSDにインストール

上の方法はHDD/SSDをフォーマット(初期化)し直した後に、改めてWindows10を新規インストールすることですので、ディスク上のデータは全部消去されます。操作前にあらかじめバックアップしておくことをお勧めします。次はWindows10などのシステムを再インストールせずに、SSDにOSを直接に移行する方法です。

    注意:Windows7/8.1からWindows10にアップグレードする場合、SSDから成功に起動した後、メディア作成ツールをダウンロードして指示に従ってWindows10アップグレードを開始します。Windows10のインストールディスクまたはISOファイルを持つ場合、それ(Windows8/8.1)を開くか、マウントしてからSetup.exeを実行してアップグレードを開始することができます。

方法2:システムを再インストールせずにSSDにWindows10を移行

    ★ディスクパーティション管理ソフトのオススメ★

    AOMEI Partition Assistant Professionalは、様々な機能を備えています。他のソフトと比べてAOMEI Partition Assistant Pro版は強力であるし、安全です。例えば、Windows10でCドライブを拡張するには、データを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合や分割することができます。ただ数回クリックだけで完了できるので、ずいぶん時間を節約できます。ちなみに、AOMEI PA ProはHDD/SSDへOSを移行、Windows 10/8/7でブータブルUSBを作成、MBRを修正するような新機能も提供します。

    ● ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換、OSやデータをSSDに移行などの機能を使用できる。

    ● SSDの完全消去などのような高度な機能を利用できる。

    ● Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応する。

    注意:Windowsサーバシステムを使用している場合はServer版のほうがより適当だと思います。


▼行う前に:

● SSDの宛先は、現在のOSパーティションの使用済み領域より大きいか又は等しい未割り当て領域を持たなければなりません。

● MBRディスクからOSをGPTディスクに移行するなら、マザーボードはEFIまたはUEFIブートをサポートする必要があります。

ステップ 1. ソフトをダウロードしてインストールして起動します。そして、左側の「OSをSSDに移動」をクリックして新しいウィンドウを開きます。

OSをSSDに移行

ノート

ステップ 2. 宛先ディスクをクリックして「次へ」をクリックします。

宛先ディスクを選択

ステップ 3. ここで、Win10をインストールしたパーティションのタイプ、ドライブ文字、サイズ変更などを設定することができます。次に、「次へ」をクリックします。

SSDパーティションの設定

ステップ 4. OSブートに関する注意点をよく読んだあと、「完了」をクリックします。

完了をクリック

ステップ 5. 適用」ボタンをクリックするまで、プログラムがディスクを変更しません。そのため、設定を行いたい場合、それをクリックすることを忘れないでください。

OSをSSDに移行することを適用

▼ヒント:

1. 移行プロセスを実行している間、コンピュータで別の仕事をすることもできます。また、AOMEI Partition Assistantは、データを損失することなく、GPTにMBRを変換し、ブータブルメディアを作成し、ディスクをコピーすることができます。

2. 起動順序を変更するか、単に古いHDDを取り外します。 OSの移行は完了した後、起動時に、特定のキー(通常はF2またはデル)を押してBIOSに入ります。その後、新しいSSDにHDDから起動順序を変更します。

結論

ここまでSSDにWindows10をインストールする二つ方法を紹介しました。一つはクリーンインストールすることであり、もう一つは再インストールぜずにOSを移行することです。ご希望の一つを選んでよろしいと思います。ご参考になれば幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]