By Jun / 最後の更新 2021年08月13日

Windows 10で「Invalid partition table」エラーについて

「Invalid partition table」というエラーが表示されることは珍しいことではありません。SSDにWindows 10を最初からインストールしたり、カスタムイメージを使用したりすると、そのエラーが表示されることがあります。オペレーティングシステム(OS)が正常に動作していても、パソコンを起動すると、そのエラーが突然表示されることさえあります。では、エラーを修正してパソコンを正常に起動する方法は何ですか?

Windows 10の起動時またはインストール時、「Invalid partition table」というエラーが表示された主な原因は以下になります。

起動順序が間違っています。
BIOSの期限が切れています。
HDD上のアクティブパーティションは1つ以上になっています。
MBR(マスタブートレコード)が壊れています。

Windows 10で「Invalid partition table」を修復する方法

方法1.起動順序を変更する

1つ以上の外付けHDDをパソコンに接続している場合は、誤った起動順序で「Invalid partition table」エラーを発生します。こういう場合では、パソコンを再起動して、起動時にBIOSに入り、オペレーティングシステム(OS)のディスクが優先起動するように設定します。最後に、コンピュータを再起動して、Windowsシステムが正常に起動できるかどうかを確認します。

方法2.BIOSのバージョンをアップグレードする

Windows 10をSSDにインストールし、BIOSの有効期限が切れている場合、「Invalid partition table」エラーが発生する可能性があります。この場合、BIOSを最新バージョンにアップグレードする必要があります。最新のBIOSをパソコンで製造元のWebサイトから起動可能なデバイスにダウンロードし、起動可能なデバイスからBIOSをインストールします。アップグレード後、パソコンを再起動します。

方法3.Windows 10のDiskpartでパーティションを非アクティブにする

過剰なアクティブパーティションの原因でエラーが発生する可能性があります。起動するアクティブパーティションは1つに設定します。1つ以上でしたら、システムはブートするパーティションを自動的に選択できません。この場合は、パーティションの状態を確認し変更する必要があります。パーティションを非アクティブにする手順は次のとおりです。

1. Windowsインストールディスクを挿入し、そこからパソコンを起動します。

2. 適切な言語、時間およびキーボード入力を選択します。また、「コンピューターを修復する」を選択します。

コンピューターを修復する

3. Windows 10がインストールされているドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

4. 「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」を選択します。

コマンドプロンプト

5. 「list volume」を入力し、Enterキーを押し、アクティブパーティションを表示します。「select volume n」を入力し、Enterキーを押し、「inactive」を入力し、Enterキーを押します。

ヒント:アクティブなボリュームの名前の横に「*」が表示されます。「n」は、非アクティブにしたいドライブの番号です。

6. システムを再起動して、問題が解決されたかどうかを確認します。

方法4.Windows 10でMBRを再構築する

エラーが突然表示される場合は、破損したMBRが原因である可能性があります。この場合は、Windows 10でMBRを再構築することで「Invalid partition table」を修復できます。次はWindows 10でMBRを修復する2つの方法です。

一、コマンドプロンプトを使用してWindows 10でMBRを再構築する

1. 方法3の1~4の手順と同じで、「コマンドプロンプト」に入ります。

2. 「bootrec.exe」を入力してEnterキーを押します。

3. Windows 10で「/FixMbr」を入力します。

二、AOMEI Partition Assistant ProfessionalでWindows 10のMBRを修復する

回復コンソールにアクセスできない場合は一番目(コマンドプロンプトを使用してWindows 10でMBRを再構築する)の方法では通用しません。その場合は、MBRを修復するためにサードパーティ製のソフトウェア(AOMEI Partition Assistant Professional)を使用する必要があります。ここでは、Windows 10でMBRを再構築(修復)する手順を紹介します。

Proのデモ版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
必要な準備:✎...
必要なAOMEI Partition Assistant Professionalをインストールし、実行します。
AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してWindows PEのブータブルCDまたはUSBを作成します。
起動可能なデバイスをお使いのパソコンに挿入し、BIOS設定画面に入り、そのデバイスからパソコンを起動します。

起動可能なデバイスからパソコンを起動

次に、AOMEI Partition AssistantのWindows PEインターフェイスに入ります。

1. 破損したMBRを含むディスクを右クリックし、メインインターフェイスで「MBRを再構築(リビルド)」を選択します。

MBRの再構築

2. お使いのオペレーティングシステム(ここではWindows 10)のMBR種類を選択してください。「はい」をクリックし、次へ進みます。

MBR種類を選択

3. メインインターフェイスに戻り、操作を確認し、「適用」>「続行」>「はい」をクリックして操作を実行します。

操作を実行

MBRを再構築(修復)した後、起動可能なデバイスを取り抜き、コンピュータを再起動し、BIOS設定画面に入り、修復されたディスクからパソコンを起動して、エラーが修正されたかどうかを確認します。

ヒント:✎...
「MBRを再構築」は、データ損失を引き起こしません。破損したMBRによって引き起こされる問題を修復できますが、起動可能なファイルやシステムファイルをロストする問題を修復できません。
Windows 10でMBRを再構築する以外に、AOMEI Partition Assistantを使ってSSDでMBRを修復することもできます。

結語

Windows 10では、「Invalid partition table」というエラーが発生した場合は、原因に基づいて対策を講じて、問題を簡単かつ効果的に解決できます。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較