ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月23日

ハードディスク上の各パーティションは本棚の棚のようなものです。異なるデータを格納することが異なるカテゴリの本を異なる棚に配置することと同じようです。たとえば、Cドライブにオペレーティングシステムをインストールし、Dドライブにファイル、ビデオ、それに画像を保存します。しかし、一日一日を過ごした後、アプリケーション、キャッシュ、一時ファイルも毎日増加していきます。それで、Windows10に十分な空き容量が不足になるし、次の画像のように、Windowsによって通知されることもあります。

ディスク領域不足

あなたはこのことに会う時に、お使いのコンピュータのパフォーマンスが急激に低減され、作業効率に影響が与えられることになります。また、Windows10は、ディスク領域不足になった場合、あなたはこれ以上プログラムを適用することはできません。

問題に悩まされたら、多くのユーザーは、アプリケーションをアンインストールするか、ファイルを削除するか、ディスククリーンアップを使用してシステムドライブの領域を解放します。しかし、長い時間後、インターネットによってもたらされたキャッシュや一時ファイルも同じ問題が発生します。それは大変なことであるでしょう?

Windows10ディスク容量不足の問題を解決するために、一部のユーザーは、「ディスクの管理」を使用してパーティションを拡張することがあります。もちろん、そのツールは、パーティションを拡張できます。ただし、その「ボリュームの拡張」オプションがあなたが拡張しようとしているパーティションに隣接している未割り当て領域がある場合のみに利用可能です。また、Windows10で「ディスクの管理」を使用してパーティションを移動することはできません。では、あなたが前提条件を満たさないときに、Windows10のディスク領域不足の警告を解消するためにはどうすればいいでしょうか?

幸いなことに、 無料のツール-AOMEI Partition Assistant Standardがあります。このツールを使用して、データを損失することなく、パーティションのサイズを拡張することにより、ディスクス領域不足の問題を解決できます。そして、このソフトウェアを使用すると、これ以上ディスク領域不足によってもたらされたトラブルを心配する必要はありません。

実行する前に:

あなたが拡張しようとしているパーティションには実行中のプログラムがないことを確認してください。ある場合、プログラムはそれらをすべて閉じますか、操作をPreOSモードで処理しますかと注意します。

ステップ1: AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロード してインストールして起動します。そして、左側の 「パーティションの拡張」ウィザードをクリックします。

パーティションの拡張

ステップ2:「システムパーティションを拡張」を選択して「次へ」をクリックします。

システムパーティションを拡張

ステップ3: 空き領域を取得するソースパーティションを選択して「次へ」をクリックします。

ソースパーティション

ステップ4: バーを右方向へ移動して取得するサイズを決定します。その後、「次へ」をクリックします。

サイズ決定

ステップ5: すべての設定を行った後、「続行」をクリックして操作を適用します。

続行

このwindows 10のディスク領域不足を解決する方法はかなり簡単でしょう。この方法の他に、 システムパーティションにパーティションまたは未割り当て領域をマージしてそのディスク領域不足の問題を解決できます。この記事に述べた機能の他、パーティションを完璧に管理できるより多くの有用な機能があります。またAOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードした後、論理へプライマリパーティションの変換、プライマリへ論理パーティションの変換などのより多い機能を取得できます。