By Asher / 最後の更新 2022年03月30日

ユーザーケース

「以前はWindows10をディスク1(HDD)にインストールしていました。今度はWindows10をディスク2(SSD)に移動する予定です。Googleで調べてみると、ブートマネージャーを見落としがちことがわかりました。そうなると、SSDから起動できなくなります。では、Windows10 Boot ManagerをSSDに移行する方法はありますか?」

Windows Boot Managerについて

Windows Boot Manager(Bootmgr)は、以前のバージョンのWindowsのNTLDRブートマネージャーを置き換えるためにWindowsVistaで最初に導入されたブートシーケンスマネージャーです。Bootmgrは、ブート構成データを読み取り、オペレーティングシステムの選択メニューを表示し、主な作業はブートボリュームを制御することであり、コンピューターがプレインストールされたウィンドウのロードを開始するときに役立ちます。Bootmgrファイルは、ディスクの管理でアクティブパーティションにあります。通常、このパーティションはシステムで予約済みまたはEFIシステムパーティションとしてマークされており、ドライブ文字はありません。もしそのようなパーティションがない場合は、おそらくシステムドライブ(通常はC:ドライブ)にあります。

つまり、Boot Managerは、winload.exeというシステムローダーの実行を支援し、Windows10が正常にロードされるようにします。そのため、これはWindowsの起動プロセスには不可欠な部分です。HDDからSSDにOSを転送する時にブートマネージャーを見落とすと、クローンされたハードディスクから期待通りに起動できなくなります。

Windows10 Boot ManagerをSSDに移動するメリット

周知のように、伝統的なHDDよりSSDの性能がずっと優れています。以下は、Windows10 Boot ManagerがあるドライブをHDDまたはSSDに変更するメリットです。

データの読み込みや書き込み速度が速い

SSDの最大の魅力は処理速度が非常に速いことだと言っても過言ではありません。SSDは、データはディスクに物理的に書き込まれたり、ディスクから読み取ったりするのではなく、半導体を用いて電子回路に電気的なデータの読み書きを行います。ですから、ブートマネージャーで古いハードドライブをSSDに変更すると、パソコンの起動時間が短くなりますし、動作スピードも速くなっています。

耐攻撃性強い

SSDは特性上物理的な衝撃に強いのが強みです。SSDにはHDDのような可動部品がなくパーツ自体が壊れるということがありません。そのため落下や振動による衝撃にもある程度は耐えることができます。

静音性に優れている

SSDは非常に静音性が高いことも特徴の一つです。データの読み書きにおいて、SSDでは物理的な動きがありません。HDDのようにディスクを回転させることもないので、読み書きで稼働中でも無音を保ってます。

消費電力が少ない

SSDはモーターなどが必要ないので、消費電力も少なくて済みます。

したがって、大きなファイルをロードしたり、複数のアプリケーションを同時に実行したりするときにコンピューターの応答が遅い場合は、ブートマネージャーがある古いハードドライブをSSDに変えるのが最善の方法です。

Windows Boot ManagerをSSDに移動するための絶好なソフト

上記から、Windows Boot Managerの重要性とWindows Boot ManagerをSSDに移行するメリットを理解しています。しかし、Windows OSを移動するとき、Windows Boot Managerも新しいドライブに移動することをどのように確認しますか?完全なBootmgrファイルを転送することは簡単ではありません。代わりに、システム/ブートドライブ、システムで予約済み、EFI、回復パーティションなど、オペレーティングシステムに関連するすべてのパーティションを転送できます。そのため、OSの起動に関するものはすべてSSDに移行する必要があります。

そのためには、AOMEI Partition Assistant Professionalを利用できます。これは、Windows11、10、8、7、およびWindows XP、Vista(32ビットおよび64ビット)と互換性があります。その「OSをSSDに移行」機能は、システムドライブ(C:ドライブ)およびその他の必要なパーティションを別のHDD/SSDに移行できます。したがって、Boot Managerも移動され、クローンされたハードドライブからも起動できます(デモ版を無料でダウンロードして体験できます)。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

Windows Boot ManagerをMBRからMBR、MBRからGPT、GPTからGPT、またはGPTからMBRディスクに移動することをサポートします。ただし、ブートマネージャーとオペレーティングシステムをMBRからGPTまたはGPTからMBRに変更する場合は、ブートモードをレガシーからUEFIに、またはUEFIからレガシーに変更する必要があることに注意する必要があります。ブートモードを切り替えたくない場合は、事前にターゲットSSDをソースディスクと同じGPTまたはMBRに変換できます。

もし、ブートモードをレガシーからUEFIに変更する場合、またはディスクをMBRからGPTに変更する場合は以下の二つの記事を参照してください。

データを失うことなく、Windows10をレガシーBIOSからUEFIに変更する

【Windows 11/10/8/7】コマンドプロンプトでMBRをGPTに変換する方法

Windows10 Boot ManagerをSSDに移動する詳細なガイド

Windows10 Boot ManagerをSSDに移動するには、3つのステップが必要です。下記の詳細なステップに従って、初心者でも操作できます。

準備すること

Ⅰ:OSを移行するプロセスにすべてのデータが消去されるため、SSDドライブに必要なものをバックアップします。

Ⅱ:ターゲットSSDの未割り当て領域がOSパーティションの使用領域以上であることを確認してください。SSDが十分に大きくない場合は、不要なデータを削除したりしてCドライブを縮小し、SSDに合うようにできるだけ小さくしてください。

Ⅲ:SSD接続ケーブル

Ⅳ:ドライバー

ステップ1.SSDをコンピューターに取り付ける

上記の内容から、Windows Boot ManagerをSSDに移動するには、オペレーティングシステムの起動に関連するすべてのものをSSDに移行する必要があることがわかります。したがって、Windows10 OSをSSDに移行する前に、SSDをコンピューターにインストールし、コンピューターがSSDを認識できるようにする必要があります。

手順 1. まず、ネジを外してデスクトップのケースカバーを外します。次に、SATAケーブルをSSDに接続し、SSDをSSDドライブベイに設置します。

手順 2. SATAケーブルのもう一端をマザーボードの予備のSATAポートに接続します。

手順 3. SSDを固定し、デスクトップのケースカバーを取り付けます。

SSDをコンピューターに取り付ける

ステップ2.AOMEI PA ProでWindows10 OSをSSDに移動する

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。左側の「ウィザード」で「OSをSSDに移行」をクリックし、「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

手順 2. ターゲットSSDドライブ上の未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします(注意:ターゲットSSDで未割り当て領域がない場合、「ディスクのすべてのパーティションを削除して、システムをこのディスクに移行する」にチェックを入れます)。

次へ

手順 3. このウィンドウでターゲットSSDドライブに作成されたパーティションのサイズを調整でき、「次へ」をクリックします。

パーティションのサイズを調整

手順 4. その後、起動方法が表示されます。必要に応じて、それを注意深く読み、「完了」をクリックします。

注意事項を読む

手順 5. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックし、保留中の操作を実行します。

適用

ステップ3.Windows10でブートドライブをSSDに変更として設定する

完了すると、オペレーティングシステムとブートマネージャーが新しいSSDドライブに移動しました。コンピューターを再起動してBIOSに入り、起動ドライブをHDDからSSDに変更して、新しいSSDドライブから起動できます。

手順 1. コンピューターを再起動します。その後、ショートカットキー(F2/F8/F9/F11/F12/ Del/Tab/Esc)を押し続けて、BIOSセットアップ画面に入ります。

手順 2. 「Boot」タブで、新しいSSDを一番の起動デバイスとして設定します。

手順 3. F10を押して変更を保存し、BIOSを終了します。

起動順位を変更

その後、Windows10 コンピューターが新しいSSDから起動できるはずです。

ノート:新しいSSDから起動できない場合は、この記事で解決策を見つけることができます。

修正:クローンしたHDDやSSDが起動しない

結論

これはWindows10 Boot ManagerをSSDに移動し、そこから正常に起動するに関する方法です。AOMEI Partition Assistantは「OSをSSDに移行」機能に加えて、アプリを2つのパーティション間で移行し、空き領域をあるドライブから別のドライブに割り当てて、再起動せずにシステムドライブを拡張し、シリアル番号を変更し、ハードドライブのクローンを作成するなどもサポートします。

Windows Serverでサーバーブートマネージャーを移動したい場合は、AOMEI Partition Assistant Serverをお試しください。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!