By Asher / 最後の更新 2022年03月22日

ユーザーケース

ケース1:Windows 10のシステムパーティションを拡張したいと言って、D:パーティションを縮小して未割り当て領域を取得しました。ただし、この未割り当て領域でシステムパーティションを拡張しようとすると、ディスクの管理で「ボリュームの拡張」オプションがグレー表示されて使用できないことがわかりました。後で、未割り当て領域が拡張する必要のあるパーティションに隣接し、その右側にあるのみ、パーティションを拡張できたことを発見しました。では、どうやって隣接しない未割り当て領域を拡張するパーティションの右側に移動しますか?なんかアドバイスがありますか?ありがとうございました。

ボリュームを拡張する

ケース2:パーティションを移動したいです。下のスクリーンショットに示すように、EFIシステムと回復パーティションをCドライブより左へ、未割り当て領域をCドライブより右へと言った感じに移動したいです。ディスクの管理で移動できませんでした。なにか方法はないでしょうか?Windows 10 proを使用しています。

パティーションを移動

なぜWindows 10でパーティションを移動する必要があるか?

多くの人は、最初にハードディスクをうまくパーティション分割していません。パソコンを使っているうちに、不適切なパーティション分割により、パーティションのスペースが不足することが発生します。したがって、ディスクスペースを適切に割り当てるには、パーティションサイズを調整する必要があります。そうしないと、「ディスク領域不足」という警告が表示され、コンピュータの動作が毎日遅くなります。

ディスク領域不足

この場合、パーティション、特にシステムパーティションを拡張する必要があります。1つのパーティションを拡張するには、十分な未割り当て領域が必要です。これは、別のパーティションを縮小または削除することで取得できます。ディスクの管理またはDiskPart.exeを使用してパーティションを拡張する場合は、未割り当て領域が拡張するパーティションの右側にある必要があります。そうしないと失敗します。

したがって、「ディスクの管理」の「ボリュームの拡張」オプションで、パーティションを拡張するために、使用可能な未割り当て領域を拡張するパーティションの右側に移動する必要があります。

データ損失なしでWindows 10でパーティションを移動する方法

Windows 10でパーティションを移動するには、サードパーティ製のソフトウェアを使用できます。機能と価格を考慮して、サードパーティ製のパーティション管理フリーソフトであるAOMEI Partition Assistant Standardを強くお勧めします。このパーティションソフトウェアは、パーティションを移動できるだけでなく、サイズ変更、フォーマット、作成、削除、クローン作成などもできます。

さあ、ソフトを無料でダウンロードし、以下の手順に従ってWindows 10でパーティションを移動しましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。メインインターフェイスで、パーティションの基本的な情報が表示されます。ここでは、Dパーティションの後ろに未割り当て領域があることがわかります。

手順 2. 未割り当て領域をDパーティションの左側に移動する場合は、Dパーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションを移動

手順 3. 下図のようにDドライブ全体を右側にドラッグして、動かなくなるまで移動し、「はい」をクリックします。

右側にドラッグ

手順 4. メインインターフェイスに戻ると、パーティションDと未割り当て領域の場所が変更されていることがわかります。次に、左上隅の「適用」をクリックして変更を実行します。

適用

Dパーティションを左に移動し、Cドライブが未割り当て領域に隣接した後、ディスクの管理の「拡張ボリューム」で割り当て領域をCドライブに追加できます。または、このソフトの「パーティションをリサイズ/移動」機能も、Cドライブに未割り当て領域を追加できます。更に、このソフトは、NTFS、RAW、およびFAT32パーティションのサイズを変更できますが、ディスクの管理ではNTFSおよびRAWパーティションのサイズを変更することしかできません。

「パーティションをリサイズ/移動」機能でCドライブに未割り当て領域を追加

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。Cドライブを右クリックして、再び「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションのリサイズ

手順 2. 下図のようにCドライブの右境界線を右にドラッグして、未割り当て領域をCドライブに追加・拡張・移動させます。そして「はい」をクリックして、メイン画面に戻ります。

右にドラッグ

手順 3. 最後に、ツールバーの「適用」⇒「続行」をクリックして、すべての操作を実行します。

適用

「パーティションを結合」で隣接していない未割り当て領域をCドライブに直接結合

実際、「パーティションを結合」と呼ばれる機能があり、隣接していない未割り当て領域をCドライブなどの別のパーティションに直接結合できます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。Cドライブを右クリックして、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

手順 2. Cドライブに追加したい未割り当て領域のチェックボックスにチェックを入れて、「はい」をクリックします。

未割り当て領域をCに追加

手順 3. メイン画面に戻り、ツールバーの「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用をクリック

結論

無料のAOMEI Partition Assistant Standardを使用すると、Windows 10でパーティションを簡単に移動して、より多くのディスク容量を必要とする別のパーティションを拡大できます。また、パーティションを別のドライブ(SSDまたはHDD)に移動する場合は、「パーティションクローン」機能を使用できます。

さらに、空き領域をあるドライブから別のドライブにを割り当てて、データを失うことなくMBRをGPTに変換し、アプリケーションを1つの場所から他の場所に移動するなど高級な機能を楽したい場合は、Professional版にアップグレードしてください。