By Comnena / 最後の更新 2022年07月05日

Windows 10のユーザーは、常に以下の問題に遭うかもしれません:

「空き容量が不足しています」というメッセージが表示されます。
1つのパーティションの空き容量が不足していますが、他のパーティションの空き容量が多すぎます。
異なるデータを保存するためにより多くのパーティションを作成する必要があります。

これらの問題を解決するために、ディスクとパーティションを管理できるWindows 10向けの無料パーティションマジックが必要です。

パーティションを管理

データが日々増加するにつれて、Windows 10でのディスクとパーティションの管理がますます重要になっています。パーティションを管理するには、さまざまな方法があります。次は、一般的な方法を紹介します:

Windowsの組み込みディスク管理ツール-ディスクの管理

ディスクの管理」はWindowsの標準ツールです。それはパーティションを作成/削除/縮小/拡張できます。このツールを使用すると、任意のサードパーティ製のソフトウェアをダウンロードする必要がないので、沢山のユーザーはこのソフトウェアを選んで、パーティションを管理します。しかし、このツールにも制限があります。たとえば、このツールでパーティションを拡張する時、拡張したいパーティションに隣接した未割り当て領域がある場合にのみ使用できます。

下の画像では、Cドライブの横に未割り当て領域がないため、「ボリュームの拡張」がグレー表示されています。この制限は不便をもたらすでしょう。この場合、システムパーティションを拡張する方法は、Cドライブの背後にあるパーティションを削除することです。

ディスクの管理

Windows 10パーティション管理ソフトウェア-AOMEI Partition Assistant

AOMEI Partition Assistant Standardはパーティション管理フリーソフトです。ディスクパーティションを安全に管理できます。このソフトウェアはWindows 11、Windows 10、Windows 8/8.1、7、Vista、XPをサポートします。パーティションスタイル(MBRディスクかGPTディスクか)とディスクサイズ(2TB以上かどうか)にかかわらず、ディスク&パーティションに関する様々な問題を解決できます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Partition Assistant Standard

次は、AOMEI Partition Assistant Standardを使って、パーティションをリサイズ、作成、結合する手順を紹介します。このフリーソフトのより多くの機能紹介は、AOMEI Partition Assistantのヘルプガイドへください。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。メイン画面に全てのディスクの構成情報が表示されます。この例では、Cドライブの後ろに未割り当て領域があるので、拡張したいパーティション(ここではCドライブ)を右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 2. ポップアップウィンドウでは、パーティションの右縁にマウスポインタを置き、右方向に境界線をドラッグしてパーティションを拡張します(パーティションの前後に未割り当て領域がない場合は、境界線をドラッグすることができません)。その後、「はい」をクリックします。

未割り当て領域がない

ステップ 3. そしてメイン画面に戻ります。ここでは、対象のパーティションが拡張された結果が表示されます。操作を実行するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。

適用

新規パーティションを作成

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantの主な画面で未割り当て領域を右クリックしてドロップダウンメニューから「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

ステップ 2. ポップアップウィンドウでパーティションサイズ、ドライブ文字、ファイルシステムを指定できます。更に、「詳細」をクリックして、パーティションラベル、パーティションタイプなども設定できます。そして「はい」をクリックして続行します。

詳細

ステップ 3. これで、作成された新しいパーティションの情報が表示されます。ツールバーの「適用」をクリックして新規パーティションの作成を実行します。

適用

パーティションを結合

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。対象パーティション(ここではE:)を右クリックしてドロップダウンメニューから「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 2. ポップアップウィンドウでEドライブと結合したいパーティション(ここではD:)前のチェックボックスにチェックを入れてください。そして、「はい」をクリックします。※この場合は、DパーティションのすべてのデータがEパーティションへ転送されます。

Eドライブと結合

ステップ 3. 左側の「保留中の操作一覧」から変更をプレビューできます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。

適用

Professional版へアップグレードした後の主な機能:
パーティションを拡張:パーティションのサイズを好きなように増やします。
パーティションを分割:大きなサイズのパーティションを2つのパーティションに分割します。
OSをSSDまたはHDDに移動:SSDまたはHDDにOSだけを移動します。
MBRとGPTの間にディスクを変換:MBRからGPTへ、またはGPTからMBRへ、ディスクのスタイルを変換します。
ブータブルCDの作成:AIK/WAIKをインストールする必要がなくWindows PEブータブルメディアを作成します。
Windows To Go Creator:外付けハードディスクにWindows 8/8.1をインストールします。

まとめ

パーティション管理方法を比較すると、AOMEI Partition Assistant Standardは、ディスクの管理よりもはるかに強力であり、ディスク管理の制限がないため、間違いなくより良い選択です。また、より高度な機能を備えているProfessional版があります。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版をお勧めします。

この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。