ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

なぜWindows 10でGPTパーティションのサイズを変更?

GPT(GUID Partition Tableの略語)は、物理ハードディスクのパーティションテーブルのレイアウトの標準です。2 TBを超えるパーティションをサポートするし、最大128のプライマリパーティションを許可します。MBR(マスターブートレコード)ディスクの多くの制限を破ります。

GPTディスクを使用している場合、Windowsユーザーにとってパーティションの不合理な配分がいつでも発生する可能性があります。たとえば、一つのパーティションの空き領域が多すぎるのに、もう一つのパーティションがいっぱいになりそうです。

さらに、多くのユーザーは、新しいコンピューターを購入したときに、ハードディスクに一つの大きなパーティションしかないことに気付くかもしれません。実際には、システム、ファイル、またはアプリケーションを個別に保存するために2つ以上のパーティションを使用する必要があるユーザーがたくさんいます。これらの場合、私たちの最善の方法は、Windows 10でパーティションのサイズを変更することです。

Windows 10でGPTパーティションのサイズを変更する方法は?

Windows 10でGPTディスクパーティションの容量を変更するには、3つの方法をここで説明します。それらは、それぞれディスクの管理、Diskpart、及びAOMEI Partition Assistant Standardです。知っておいてから、最適なものを選択することをお勧めします。

方法1. 「ディスクの管理」を使用してGPTパーティションのサイズを変更

ボリュームを拡張する場合

ステップ 1. 「スタート」(コンピューターの左下隅)を右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。

ディスクの管理

ステップ 2. 隣接する未割り当て領域のあるパーティションを右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択します。

ボリュームの拡張

ステップ 3. 「ボリュームの拡張ウィザード」ページで「次へ」をクリックします。

ステップ 4. パーティションを増やす数値を指定します。「次へ」をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザード

ステップ 5. 操作を確認し、「完了」をクリックして続行します。

ボリュームを縮小する場合

ステップ 1. 「スタート」を右クリックして、「ディスクの管理」を選択します。

ステップ 2. 縮小するパーティションを右クリックして、「ボリュームの縮小」を選択します。

ボリュームの縮小

ステップ 3. ご希望の数値を入力し、「縮小」をクリックします。

縮小

▼TIPS:

● 拡張するGPTドライブはNTFSまたはFAT 32である必要があり、他の種類のパーティションはサポートされていません。

● パーティションの拡張を実行する場合は、その拡張するパーティションの右側に隣接する未割り当て領域があることを確認してください。それ以外の場合は、「ボリュームの拡張」機能がグレーアウト表示されます

● ディスクの管理を使用する場合、ボリュームをそのサイズの半分以上に縮小できない可能性があります。これは、パーティションにある移動できないファイルがパーティションのリサイズを邪魔するためです。

方法2. Diskpartを使用してGPTパーティションのサイズを変更

パーティションを拡張するには

ステップ 1. Windowsロゴキー+ Rキーを同時に押します。「ファイルを指定して実行」ボックスにdiskpartと入力します。次に「OK」をクリックします。

ステップ 2. コマンドプロンプトに次のコマンドを1つずつ入力し、各コマンドの入力後にEnterキーを押します。

list volume

select volume n(nは拡張するボリュームの番号)

extend size=size(sizeは、現在のパーティションに追加するスペースの数値)

ステップ 3. 拡張後、「Diskpartはボリュームを正常に拡張しました」というプロンプトが表示されます。

Diskpartはボリュームを正常に拡張しました

パーティションを縮小するには

ステップ 1. Windowsロゴキー+Rキーを押して、「ファイルを指定して実行」ボックスを開きます。diskpartと入力し、「OK」をクリックします。

ステップ 2. 以下のコマンドを1つずつ入力し、各コマンドの入力後にEnterキーを押します。

list volume

select volume n

shrink desired=desiredsizeまたはshrink minimum=minimumsize(選択したボリュームを必要に応じて縮小します。または必要なサイズが大きすぎる場合は縮小できる最大サイズに縮小します。つまり、残りサイズは最小サイズです)

ステップ 3. 縮小後、「Diskpartはボリュームを正常に縮小しました」というプロンプトが表示されます。

Diskpartはボリュームを正常に縮小しました

▼TIPS:

● すべての サイズの単位はメガバイト(MB)です。

● パーティションを拡張するには、同じディスクに未割り当て領域があることを確認してください。

● 上記からわかるように、両方の方法にはいくつかの制限があります。ディスクの管理は、パーティションを拡張するときに、隣接する未割り当て領域のあるNTFSまたはFAT 32パーティションのみをサポートします。また、ボリュームを半分のサイズより大きく縮小することさえできない場合があります。

● Diskpartを使用するときは、プロセス中に間違えるとデータが失われる可能性があるため、注意が必要です。すべての操作手順はすぐに実行されるため、取り消すことができません。

● したがって、事前にパーティションのバックアップを行うことをお勧めします。さらに、パーティションの拡大または縮小に失敗し、「指定されたディスクには、ボリュームの拡張/縮小に必要な空き領域がありません。」というエラーメッセージが表示される場合があります。データのセキュリティのために、3番目の方法を強くお勧めします。

方法3. フリーウェアを使用してGPTパーティションのサイズを変更

WindowsでGPTパーティションの容量を簡単かつ安全に変更するには、AOMEI Partition Assistant Standardを使用することができます。このソフトはWindows 10/8.1/ 8/7/Vista/XPでexFAT、NTFS、FAT32またはExt 2/3/4をサポートします。「ディスクの管理」と比較して、このユーティリティを使用すると、拡張するパーティションの隣に未割り当て領域があるかどうかを心配せずにパーティションを拡張できます。

このパーティションのサイズ変更ツールを使用すると、操作中に何か間違えると、前の手順に簡単に戻ることができます。さらに、パーティションの作成、パーティションの結合、パーティションのフォーマットなどのような他の強力な機能は、ディスクパーティションの管理にも役立ちます。とりわけ、このソフトの無料版をダウンロードして使用できます。今こそ、Windows 10でGPTディスクパーティションをリサイズするときです~

ステップ 1. このディスク管理フリーウェアをインストールして起動します。サイズを変更するパーティションを右クリックします。次に、「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ 2. スライダーバーを右に移動するか、特定の数値を入力してパーティションを拡張します。次に「次へ」をクリックします。

特定の数値を入力してパーティションを拡張

ヒント:パーティションを縮小するには、バーを左にドラッグするか、任意のボックスに特定の数値を入力します。

ステップ 3. 「適用」をクリックして、すべての操作を実行します。

パーティションのサイズ変更を行う

▼TIPS:

● パーティションを拡張する場合は、同じディスクに未割り当て領域があることを確認してください。そうでない場合は、パーティションを縮小して取得しておきます。

● 未割り当て領域が拡張するパーティションに隣接していない場合、パーティションを正しい位置に移動できます。

● システムパーティションを縮小すると、操作はPreOSモードで実行され、コンピューターが再起動します。

● 上記の手順は、Windows 8/7のGPTパーティションのサイズ変更にも適用されます。

まとめ

このチュートリアルには、Windows 10でGPTパーティションのサイズを変更する3つの実用的な方法が含まれています。実は、AOMEI Partition Assistant Standardを使用すると、タスクがより簡単かつ安全になります。ところで、このフリーウェアは、WindowsでNTFSパーティションのサイズを変更する場合にも役立ちます。

エディションのアップグレードを行った後、より高度な機能を利用できます。たとえば、1つのパーティションから拡張システムパーティションに空き領域を割り当てること。 しかし、Windows Serverユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant Serverがより良い選択だと思います。