Byゆき / 最後の更新日時 2020年09月08日

パーティションのリサイズについて

パーティションはHDDの一部です。パーティションのリサイズはパーティションに基づいて、パーティションのサイズを変更できます。自分の要求に応じて、パーティションの拡張、縮小、分割、未割り当て領域の移行、またはディスクパーティションのクローンを行えます。毎日、増加していくデータとともに、パーティションのリサイズはパーティションの管理に一般的な方法になっています。

なぜWindows 10パーティションのサイズを変更?

直接の答えはディスクを最大限に活用できることです。例えば、毎日増加したデータのせいで、お使いのコンピューターはディスク容量不足になるかもしれません。特にシステムパーティションです。その同時に、この問題はコンピューターの速度に悪い影響を与えます。こんな場合、パーティションのサイズを変更することがいい解決方法だと思います。

更に、新しいコンピューターを購入する時、HDDの上にひとつの大きいパーティションだけがあります。しかし、ファイル、アプリケーションとシステムを別々に保存するために、ほとんどのユーザーは2つあるいは3つのパーティションが必要です。この時、パーティションをリサイズして、未割り当て領域を得ることができます。そして、未割り当て領域でパーティションを作成します。また、パーティションを分割して、複数のパーティションを取得することもできます。

など……

ここで、読者様にパーティションの拡張/縮小/分割、未割り当て領域の移行、パーティションのクローンについての方法を紹介します。その操作ツールはディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantです。

素晴らしいパーティションコピーツールは次の要求に応えるべきです:

安全かつ頼もしい:優れたクローンソフトとして安全性と信頼性は不可欠な基準です。もしソフトウェアは常に希望するタスクを完成できないなら、それを選択する理由はありません。

簡単に使える:間違いなく、優れたクローンソフトはコンピューターユーザーにとってとても使いやすいものであるべきです。ツールを操作できない場合、それは様々な素晴らしい機能を備えても役立ちません。

包括的:包括的なソフトは各方面をカバーし、コンピューターユーザーによりいい体験を提供します。

AOMEI Partition AssistantでWindows 10パーティションのサイズを変更

ここで、主にAOMEI Partition Assistantでパーティションの管理を実行する方法を解説しております。

[ディスクの管理]もちょっと紹介されます。[ディスクの管理]には制限がありますから。例えば、

もし拡張したいパーティションの隣接に未割り当て領域がないなら、ボリュームの拡張ボタンはグレーアウトします。また、ディスクの管理はディスク/パーティションをコピー、パーティションを結合、FATパーティションをリサイズできません。この状況で、このツールを使用して、パーティションを拡張するのが不可能です。

AOMEI Partition Assistantはパーティション管理の専門ツールであり(一部の機能は無料)、データの安全を保持しながら、パーティションをリサイズ、パーティションを作成、パーティションを移動、SSDにOSを移動、ブータブルCDを作成できます。

「ディスクの管理」と比べて、拡張したいパーティションの隣接に未割り当て領域があるかどうか心配する必要がないで、このソフトウェアはパーティションを拡張できます。また、より強力な機能はパーティションを完全に管理できます。

次の手順はパーティションをリサイズする詳細な方法です。

ケース1:パーティションを拡張

操作する前に:

もし、未割り当て領域は拡張したいパーティションに隣接しない場合、まずパーティションを移動して、パーティションの位置を調整できます。

もし、未割り当て領域がない場合、まずパーティションを縮小して、それを取得できます。

リサイズしたいパーティションの上に実行しているプログラムがないことを確認してください。

システムドライブにディスク容量不足はよく発生します。そのため、次の詳細な手順は、システムパーティションをリサイズする方法です。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant 無料版をダウンロードして、インストールし、起動します。

パーティションCを右クリックして、[パーティションをリサイズ/移行]を選択します。

ステップ 2. バーを右側に向いて移動して、未割り当て領域からどのくらいボリュームを増加したいか決定します。そして[はい]をクリックします。

ステップ 3. ステップ2の後、パーティションCが拡張されます。操作を実行するために、[適用]をクリックします。

ケース2:Windows 10でパーティションを縮小

ほとんどのPCユーザーは、Windows 10の「ディスクの管理」がデータ損失なしでボリュームを縮小できることを知っています。それは信頼性があるツールです。「PC」→「管理」→「ディスクの管理」をクリックして、このツールに入ります。そして、縮小するつもりのパーティションをクリックして、「ボリュームの縮小」を選択します。

この内蔵ツールは良さそうですが、制限もあります。例えば、パーティションの半分のサイズだけを縮小できます。即ち、パーティションに50 GBがある場合、縮小できる最大のサイズは25GBです。これはトラブルをもたらすでしょう。

こんな場合、AOMEI PAを使用して問題を解決します。

ステップ 1. このソフトウェアを開いて、空き容量のあるパーティションを右クリックして、[パーティションをリサイズ/移行]を選択します。

ステップ 2. バーを左側に向いてドラッグして、未割り当て領域を得るために、そのパーティションのサイズを変更します。そして[はい]をクリックします。

ステップ 3. 前よりそのパーティションのサイズは小さくなることを見つけます。それに、そのパーティションの隣接に未割り当て領域が出ます。[適用]をクリックして、すべての操作を実行します。

ノート:

パーティションを縮小している時、操作はPreOSモードの下で進行しています。お使いのコンピューターは次のような状況で再起動します:

縮小したいパーティションはシステムパーティションであります。

縮小するパーティションの上に、ページファイルまたはAOMEI Partition Assistantインストールファイルがあります。縮小するパーティションの上にプログラムを実行しています。

Windows 10でパーティションを縮小した後、HDDの上に未割り当て領域を取得できます。それで、自分のニーズに応じて、拡張の必要があるパーティションにこの未割り当て領域を追加し、新しいパーティションを作成することができます。

ケース3:パーティションを分割

HDDについて

HDDはストレージデバイスであり、それにパーティションを作成した後、アプリケーション、写真または他のデータを保存できます。ほとんどのユーザーは2つ以上のパーティションを持って、異なるデータを別々に保存できること確保します。これはデータ損失のリスクを避けることができます。でも、同時に一部のユーザーはWindows 10のHDDを再分割する必要があります。

なぜHDDを再分割?

Windows 10でHDDを再分割する必要を起こす様々な理由があります。最も一般的なのは、新しいコンピューターを購入した時、一つだけのパーティションがあり、システムファイル、アプリケーションと個人的なデータを一緒に保存することです。ある日、システムがクラッシュすると、他のデータは紛失のリスクがあるので、それはデータにとって危険です。そのため、この状況で、HDDを再分割して、データをべつべつに保存する必要があります。

一方で、データを保存するために十分なパーティションがありますが、時間が経つに連れて、一時ファイルやキャッシュのせいでシステムドライブは容量不足になります。それはコンピューターの性能にとって悪いことです。この問題を解決するために、Windows 10でHDDを再分割する必要もあります。

Windows 10でHDDを再分割!

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。分割したいパーティションを右クリックして、[パーティションを分割]を選択します。

注意:この機能は無料ではありません。ここでその体験版を無料ダウンロードして試用することをお勧めします。

ステップ 2. 分割画面でそのパーティションは二つのパーティションになります。ここでバーを左右に移動して、分割されたパーティションのサイズを決めます。そして、[はい]をクリックします。

ステップ 3. [適用]をクリックして、すべての操作を実行します。

この[パーティションを分割]機能以外、[パーティションの高速分割]、[コマンドラインでの分割]機能を使用して、同じ結果を得ます。

ケース4:未割り当て領域を移行

毎日増加しているデータに伴って、一時ファイル、キャッシュやゴミのせいで、システムドライブは容量不足の状態になる一方で、他のパーティションは十分な空き領域があることを発見しました。この時、Windows 10の空き領域を他のパーティションからシステムドライブへ移動したい人がいるかもしれません。

Windowsで空き領域を移動する方法

操作する前に:

● 空き領域を一つのパーティションから他のパーティションに割り当てることだけができます。また、割り当てるつもりの空き領域のサイズはソースパーティションの空き領域より少なくて、またはそれと同じであるはずです。

● 操作しようとしているパーティションの上に実行されているアプリケーションがある場合、AOMEI Partition Assistantはこれらのアプリケーションを閉じなければ、この操作がPreOSモードで続いていることを知らせます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードして、インストールし、起動します。どのパーティションから空き領域を移動するかを選択して、[空き領域を割り当てる]をクリックします。

ステップ 2. どのくらい空き領域を移動したいか、どこへ移動したいかを選択して、[はい]をクリックします。

ステップ 3. 操作を実行するために、左上の[適用]をクリックしてください。

ノート:

● この操作はデータの元の位置を変更するかもしれません。それで、データの安全性を保証するために、この操作を実行する前に「どのように安全に分割しますか」のチュートリアルを学んだほうがいいです。

● 割り当て操作を実行した後、このプログラムはソースパーティションから一部の空き領域をターゲットパーティションにもたらします。他の言葉で、ソースパーティションは縮小され、ターゲットパーティションは拡張されます。

ケース5:パーティションまたはディスクをクローン

コンピューターユーザーにとってWindows 10のパーティションをクローンするのは普通なことです。

AOMEI Partition AssistantはWindows 7/8/10、Windows XPおよびWindows Vistaのパーティションクローンをもサポートします。

よりいいコンピューターのパフォーマンスを得るためにHDDをSSDに換装するのは賢い選択だとたくさんのユーザから思われます。しかし、Windows 10にはパーティションをSSDにクローンする内蔵ツールがないので、ここでAOMEI Partition Assistantを使用してクローンを行えます。

AOMEI Partition AssistantでSSDにパーティションをクローンする前に、以下のことを知っている必要があります:

● お使いのコンピューターにSSDを接続します。ノートパソコンである場合、SATA-USB変換ケーブルが必要です。

● 未割り当て領域だけをターゲットの場所として選択できます。ディスクの上に未割り当て領域がない場合、未使用のパーティションを削除または消去できるか、またはパーティションをリサイズして未割り当て領域を取得できます。

まず、AOMEI Partition Assistant 無料版を起動してください。

ステップ 1. [パーティションをクローン]をクリックします。次のポップアップウィンドウでパーティションクローンの方法を選択して[次へ]をクリックします。

ノート:

● 「パーティションの高速コピー」はパーティション上の使用済み領域だけを宛先領域にコピーします。プロセス全体はより速いです。ユーザーはこれを選択するなら、コピーの処理中にパーティションをリサイズ、移動することができます。宛先の容量はソースパーティション上の使用済み領域より大きいか、または等しくなければなりません。

● 「セクタ単位のコピー」はパーティションの全てのセクターを宛先領域にコピーします。これはタスクを完成させるのによりたくさんの時間がかかります。パーティションのサイズを変更することもできません。ターゲットの容量はソースパーティションより大きいか、または等しくなければなりません。

ステップ 2. クローンしたいソースパーティションを選択して[次へ]をクリックします。

ステップ 3. ターゲットパーティションを選択して[次へ]をクリックします。

ヒント:SSDにパーティションをクローンしたい場合、SSDを最適化するために[SSDの性能を最適化]チェックボックスをチェックしてください。これで、よりいいユーザー体験を得ることができます。

ステップ 4. 次の画面でマウスをドラッグしてパーティションをリサイズ、移動できます。またドライブ文字を変更できます。そして[次へ]をクリックします。

注意点:パーティションにシステムが含まれる場合、[OSをSSDに移行]機能を使用してシステムパーティションをターゲット場所に移行することを推薦するようなメッセージが表示されます。[はい]をクリックします。

ステップ 5. [適用]をクリックして保留中の操作を実行します。

ヒント:システム、AOMEI Partition Assistantのインストールディレクトリ、ページファイル、または実行しているプログラムを含むパーティションをコピーする必要がある場合、再起動が要求されます。

ここまで、AOMEI Partition Assistantを使用して、パーティションのサイズを変更することを完了しました。パーティションの拡張/縮小/分割、未割り当て領域の移行、パーティションのクローンという五つ操作を紹介します。もしその他のパーティション管理についての問題を解決したいなら、例えば、クラスタサイズを変更、パーティションの復元、回復パーティションの削除、GPTとMBRの変換など、ちらへどうぞ。