By Akira / 最後の更新 2021年08月05日

パーティションのリサイズについて

パーティションはHDDの一部です。パーティションのリサイズはパーティションに基づいて、パーティションのサイズを変更できます。自分の要求に応じて、パーティションの拡張、縮小、分割、未割り当て領域の移行、またはディスクパーティションのクローンを行えます。毎日、増加していくデータとともに、パーティションのリサイズはパーティションの管理の一般的な方法になっています。

Windows 10パーティションのサイズを変更する理由

Windows 10パーティションのサイズを変更する理由はディスクを最大限に活用できることです。例えば、毎日増加したデータの原因で、お使いのコンピュータはディスク容量不足になるかもしれません。特にシステムパーティションです。その同時に、この問題はコンピュータの速度に悪い影響を与えます。この場合は、パーティションのサイズを変更した方がいいと思います。

更に、新しいコンピュータを購入する時、HDDではひとつのパーティションしかありません。しかし、ファイル、アプリケーションとシステムを別々に保存するために、2つあるいは3つのパーティションが必要です。この時、パーティションをリサイズして、未割り当て領域を得て、未割り当て領域でパーティションを作成します。また、パーティションを分割して、複数のパーティションを得ることもできます。

ここで、ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。AOMEI Partition Assistant Professionalは簡単で安全なソフトであり、数多くの機能があります。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Partition Assistantでパーティションのサイズを変更する

Windows内蔵ツールの「ディスクの管理」はパーティションのサイズを変更することができますが、制限があります。もし拡張したいパーティションの隣接に未割り当て領域がないなら、ボリュームの拡張ボタンはグレーアウトします。また、ディスクの管理はディスク/パーティションをコピー、パーティションを結合、FATパーティションをリサイズできません。AOMEI Partition Assistant Professionalはこういう問題を簡単に解決できます。

次はAOMEI Partition Assistant Professionalでパーティションの拡張/縮小/分割、空き領域の割り当て、パーティションのクローンの機能を紹介します。

機能1.Windows 10でパーティションを拡張する

準備:✎...
もし、未割り当て領域は拡張したいパーティションに隣接しない場合、まずパーティションを移動して、パーティションの位置を調整します。
もし、未割り当て領域がない場合、まずパーティションを縮小して、それを取得します。
リサイズしたいパーティションの上に実行しているプログラムがないことを確認してください。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして、起動します。

ステップ 2. パーティションCを右クリックして、「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ 3. バーを右側に向いて移動して、未割り当て領域からどれくらいの容量を増加したいか決定します。そして「はい」をクリックします。

調整

ステップ 4. 操作を実行するために、「適用」をクリックします。

適用

機能2.Windows 10でパーティションを縮小する

Windows 10の「ディスクの管理」がボリュームを縮小できます。「PC」→「管理」→「ディスクの管理」をクリックして、このツールに入ります。そして、縮小したいパーティションをクリックして、「ボリュームの縮小」を選択します。

「ディスクの管理」は制限もあります。例えば、パーティションの半分のサイズだけを縮小できます。即ち、パーティションに50GBがある場合、縮小できる最大のサイズは25GBです。

ステップ 1.  AOMEI Partition Assistantを開いて、空き容量のあるパーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ」を選択します。

ステップ 2. バーを左側に向いてドラッグして、未割り当て領域を得るために、そのパーティションのサイズを変更します。そして「はい」をクリックします。

縮小

ステップ 3. 「適用」をクリックして、すべての操作を実行します。

パーティションを縮小している時、操作はPreOSモードの下で進行しています。お使いのコンピュータは次のような状況で再起動します:
縮小したいパーティションはシステムパーティションであります。
縮小するパーティションの上に、ページファイルまたはAOMEI Partition Assistantインストールファイルがあります。縮小するパーティションの上にプログラムを実行しています。
Windows 10でパーティションを縮小した後、HDDの上に未割り当て領域を取得できます。それで、自分のニーズに応じて、拡張の必要があるパーティションにこの未割り当て領域を追加し、新しいパーティションを作成することができます。

機能3.Windows 10でパーティションを分割する

HDDを分割する理由:
一般的なのは、新しいコンピュータを購入した時、一つだけのパーティションがあり、システムファイル、アプリケーションと個人的なデータを一緒に保存することです。もしシステムがクラッシュすると、他のデータは紛失のリスクがあります。そのため、この状況で、HDDを分割して、データをべつべつに保存する必要があります。
一方で、データを保存するために十分なパーティションがありますが、時間が経つに連れて、一時ファイルやキャッシュのせいでシステムドライブは容量不足になります。それはコンピュータの性能を低下する可能性があります。この問題を解決するために、Windows 10でHDDを再分割する必要もあります。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして、起動します。分割したいパーティションを右クリックして、「パーティションを分割」を選択します。

分割

ステップ 2. 分割画面でそのパーティションは二つのパーティションになります。ここでバーを左右に移動して、分割されたパーティションのサイズを決めます。そして、「はい」をクリックします。

調整

ステップ 3. 「適用」をクリックして、すべての操作を実行します。

適用

機能4.Windows 10で空き領域を割り当てる

準備:✎...
空き領域を一つのパーティションから他のパーティションに割り当てることだけができます。また、割り当てるつもりの空き領域のサイズはソースパーティションの空き領域より少なくて、またはそれと同じであるはずです。
操作しようとしているパーティションの上に実行されているアプリケーションがある場合、AOMEI Partition Assistantはこれらのアプリケーションを閉じなければ、この操作がPreOSモードで続いていることを知らせます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして、起動します。空き領域を割り当てたいパーティションを選択して、「空き領域を割り当てる」をクリックします。

割り当てる

ステップ 2. どのくらいの空き領域を移動したいか、どこへ移動したいかを選択して、「はい」をクリックします。

調整

ステップ 3. 操作を実行するために、左上の「適用」をクリックしてください。

適用

機能5.Windows 10でパーティションをクローンする

AOMEI Partition AssistantはWindows 7/8/10、Windows XPおよびWindows Vistaのパーティションクローンをもサポートします。

コンピュータのパフォーマンスを上昇するためにHDDをSSDに換装する場合は多いと思います。しかし、Windows 10にはパーティションをSSDにクローンする内蔵ツールがないので、ここでAOMEI Partition Assistantでクローンを行えます。

準備:✎...
お使いのコンピュータにSSDを接続します。ノートパソコンの場合は、SATA-USB変換ケーブルが必要です。
未割り当て領域だけをターゲットの場所として選択できます。ディスクの上に未割り当て領域がない場合、未使用のパーティションを削除か、またはパーティションをリサイズして未割り当て領域を取得できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして、起動します。

ステップ 2. 左側の「全てのツール」の「パーティションクローンウィザード」をクリックします。

クローンウィザード

ステップ 3. クローンの方法を選びます。

クローン方法

注:✎...
「パーティションの高速クローン」はパーティション上の使用済み領域だけを宛先領域にコピーします。プロセス全体はより速いです。ユーザーはこれを選択するなら、コピーの処理中にパーティションをリサイズ、移動することができます。宛先の容量はソースパーティション上の使用済み領域より大きいか、または等しくなければなりません。
「セクタ単位のクローン」はパーティションの全てのセクターを宛先領域にコピーします。これはタスクを完成させるのによりたくさんの時間がかかります。パーティションのサイズを変更することもできません。ターゲットの容量はソースパーティションより大きいか、または等しくなければなりません。

ステップ 4. クローンしたいソースパーティションを選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 5. ターゲットパーティションを選択して「次へ」をクリックします。(SSDにパーティションをクローンしたい場合、SSDを最適化するために「SSDの性能を最適化」チェックボックスをチェックしてください。これで、よりいいユーザー体験を得ることができます。)

ターゲットディスク

ステップ 6. 次の画面でマウスをドラッグしてパーティションをリサイズ、移動できます。またドライブ文字を変更できます。そして「次へ」をクリックします。

調整

注意点:パーティションにシステムが含まれる場合、「OSをSSDに移行」機能を使用してシステムパーティションをターゲット場所に移行することを推薦するようなメッセージが表示されます。「はい」をクリックします。

ステップ 7. 「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

結語

ここまで、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、パーティションのサイズを変更する方法について紹介しました。AOMEI Partition Assistant Professionalはその他強力な機能も備えています。例えば:OSをクローン、MBRを再構築、MBRディスクとGPTディスクの間で変換、ポータブル版を作成など数多くの便利な機能があります。ぜひ試してみてください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較