Byゆき / 最後の更新日時 2020年07月08日

起動可能なUSBメモリを持つ理由は?

● Windowsをクリーンインストールする時、ディスクをすぐに消去します。

システムパーティションをフォーマットしたりするなど通常のシステム環境で行えない作業を実行します。

● Windowsが正常に起動できない時、USBドライブから起動して修復します。

● オペレーティングシステムがインストールされていない状態で、コンピュータのハードディスクを再パーティションします。

● その他

Windows 10のブータブルUSBを作成する理由は?

様々な理由があります:

1.起動Windows10USBをどこへも持てます。任意のコンピュータで自分のシステムを使用することはとても便利です。

2.Windows 10をUSBにインストールして、ブータブルUSBを作成する必要があります。

3.破損したオペレーティングシステムを修復します。

4.オペレーティングシステムがインストールされていないPCのディスクを割り当てます。

その他:

  • 例えば、出張が多いビジネスマンは、毎回ノートパソコンを持っているのは面倒で、バッグを軽くするために、事前にWindows 10/8/7のISOファイルをUSBに書き込むことでブータブルUSBを作成することができます。このポータブルドライブがあれば、どこでもいつでも、別のパソコンから自分のシステムを起動できます。

Windows 10のブータブルUSBを作成するツール

Windows 10でブータブルUSBを作成つもりなら、強力なツールを見つけるのは必要です。特に、PC上級者にとって、ブータブルUSBドライブは欠かせないツールです。では、どのようにブータブルUSBドライブを作成しますか?

Windows To Go

本来、Windows PE(Windows Preinstall Environment)というブータブルWindows環境がありますが、この環境の作り方はとても不便ですし、機能も弱いです。実に、最も完備している環境はもちろんWindows To Goに違いないんです。通常のWindowsと全く同じ使い方と機能をもっているWindows To Go環境は一番強力なブータブルWindowsです。持ち歩けてどんな時でもパソコンに接続すると使い込んだ環境を利用できます。ローカルディスクの操作とその上OSの修復も簡単に実行できます。

そして、Windows To GoはWindows 8/8.1 Enterprise、Windows 10 Enterprise、およびWindows Educationに搭載されている機能です。これを利用すると、互換性があるだけでなく、Microsoftによって認証された特定のUSBフラッシュドライブでWindowsを起動して実行することができます。

ただし、Windows To Goは完全なポータブルWindowsシステムとして膨大なサイズがあります。基本のディスク管理機能をのみ利用したい使用者はよりシンプルなブータブルUSBドライブを作成したほうが便利です。

また、Windows 10 EnterpriseまたはWindows Educationを使用していない場合、Windows 10のブータブルUSBをどのように作成しますか?

幸いなことにAOMEI Partition Assistant Professionalとコマンドプロンプトというツールがあります。その「Windows To Go Creator」機能を使用して、Windowsブータブルメディアを簡単かつ高速に作成できます。

コマンドプロンプト

この方法はWindows組み込みユーティリティーの「Diskpart」を利用してUSBドライブに適切なパーティションを作成してからディスクイメージ(ISOファイル)をそこに展開してWindowsインストレーションドライブを作成します。このドライブを利用してWindowsのクリーンインストールと基本的なディスク管理をすぐに行えます。

AOMEI Partition Assistant Pro

AOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindowsの内蔵機能 - Windows To Goと比べて、以下のメリットがあります:

  • Windows 8、10 EnterpriseとWindows 10 Educationだけでなく、Windows 7、8、10を含むすべてのWindowsバージョンに対応します。

  • Microsoft認証USBメモリが必要ではありません。オリジナルUSBメモリ、SSDまたはHDDを使ってブータブルメディアを作成できます。

  • Windows 10およびWindows Server 2016でLegacy、UEFI、またはLegacy + UEFIを作成できます。

  • 現在のシステムでブータブルUSBを作成できます。つまり、Windows ISOファイルまたはインストールディスクなどを必要としません。

※ヒント:ここをクリックしてAOMEI PAの購入ページにアクセスし、大きな割引で他のAOMEI PAの有料版を購入できます。だが、AOMEI PA Proを購入する前に、その体験版を無料でダウンロードし、試してみることができます。こちらから無料体験

ブータブルUSBの作り方

まず、少し複雑なコマンドプロンプトを説明します。その後、実用な管理ソフトを解説します。

コマンドプロンプト(少し複雑)


この方法はWindows組み込みユーティリティーの「Diskpart」を利用してUSBドライブに適切なパーティションを作成してからディスクイメージ(ISOファイル)をそこに展開してWindowsインストレーションドライブを作成します。このドライブを利用してWindowsのクリーンインストールと基本的なディスク管理をすぐに行えます。

ブータブルUSBドライブを作成する前にはまずUSBドライブ上の必要なファイルをバックアップしておくのを忘れないように注意すべきですね。

1. タスクバーの検索ボックスに「cmd」入力します。検索結果に「コマンドプロンプト」を右クリックしてポップアップメニューに「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプトを管理者として実行

2. ポップアップウインドウに「diskpart」と入力し、Enterを押してdiskpartユーティリティーを実行します。 Diskpartウィンドウ内で、次のコマンドを順番に入力し、それぞれのコマンドの後にEnterキーを押します。

lisk disk このコマンドはコンピュータ上のすべてのディスクを表示します。

select disk m mはUSBドライブのディスク番号です。

clean このコマンドはUSBドライブ上のパーティションを削除します。

create partition primary 新しいプライマリパーティションを作成します。

select partition 1 作成したばかりのパーティションを選択します。

format fs=ntfs quick UEFIブータブルUSBを作成する場合は、代わりに「format fs=fat32 quick」と入力してこのパーティションFAT32ファイルシステムにフォーマットしてください。

active パーティションをアクテイブとしてマークします。

exit

diskpartでパーティションを作成します

最後に、ディスクイメージをマウントし、Windowsエクスプローラーで仮想ドライブを開いて中身をUSBドライブに複製します。

AOMEI Partition Assistant Professional(最も実用的)

上述のようにAOMEI Partition Assistant Proは簡単に使えるソフトです。次の手順に従ってWindows 10でブータブルUSBを作成しましょう。


操作を開始する前に、知っておくべきことがあります:
>2つの種類の方法を提供します。インストールディスク/ISOファイルでブータブルUSBを作成するか、またはUSBブートデバイスでブータブルUSBを作成します。インストールディスクまたはISOファイルを持っている場合、1番目の方式を選択します。さもないと、2番目の方式のほうが便利です。
>システムより大きなサイズのUSBメモリを準備してください。SSDやHDDもOKです。それらはUSBメモリよりも速いです。Cドライブを右クリックして「プロパティ」を選択することでシステムのサイズをチェックできます。

PCの玄人にとって、コマンドプロンプトでブータブルUSBドライブを作成するのは難題ではありませんが、初心者ユーザーはやはりサードパーティ製のソフトを利用するのはより良い選択です。すべてのブータブルUSBドライブ作成ソフトの中で、Rufusは確かにとてもいい選択肢ですが、ただUSBドライブから起動してディスクを管理するというニーズだけがある場合は最高のディスク管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを使ってブータブルUSBドライブを作成するのは最も実用的な方法です。

AOMEI Partition Assistant Professionalはディスクイメージを要らなくて、数回のクリックでブータブルUSBドライブを作成できます。このUSBドライブから起動して、直接にAOMEI Partition Assistantのインタフェースに入って、ディスクを管理できます。このブータブル環境でAOMEI Partition Assistant Professionalのほとんどの機能を利用できます(SSD消去機能を除く)。例えば、ディスクの高速分割、ディスクの消去、MBRの再構築、パーティションをリサイズ、パーティションを結合、OSをSSDに移行、パーティションのコピーなどの作業を簡単に実行できます。

√Windows XP/Vista/7/8/8.1/10(32/64ビット)対応
√24時間メールサポート
√90日以内無条件で返金させていただきます

1. USBドライブをPCに接続して、AOMEI Partition Assistant Professionalを起動させます。メインインタフェースに「ブータブルCD/USBを作成」ボタンをクリックします。ポップアップウインドウに「次へ」をクリックします。

ブータブルUSBを作成

2. USBブートデバイス」のドロップダウン・メニューにUSBドライブを選択して「続行」をクリックします。

usbドライブを選択します

3. USBドライブがフォーマットされるという注意が出ます。「はい」をクリックして作業を実行します。

作業を実行

4. 完了するまで待ちます。

完了

このUSBドライブを任意のPCに接続してから電源を入れて、BIOS設定に入ってファームウェア起動順序をUSBに変更して、USBからコンピュータをスタートして、AOMEI Partition Assistant Professionalを利用してディスクを管理しましょう。

BIOSで起動順位を変更

結論

ご覧のように、AOMEI Partition AssistantはWindows標準ツール - Windows To Goより柔軟で、Windows 10でブータブルUSBをうまく作成できます。また、お使いのパソコンが起動しない問題を解決するために「ブータブルCD/USBを作成」機能を使って起動可能なメディアを作成できます。さらに、「Windows To Go Creator」の機能はWindows 7、8、10だけでなく、AOMEI Partition Assistant Server版では、Windows Server 2012、2016にも対応できます。要するに、試す価値はあります。