ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月02日

WinPEブータブルディスクとは何ですか?

WinPE(Windows Preinstallation Environment、Windowsプレインストール環境およびWindows PEとも呼ばれます)は、Windowsのミニチュアバージョンであり、PC、ワークステーション、サーバーの展開や、オフラインでのオペレーティングシステムのトラブルシューティングに使用できます。

こうしてパソコンがUSBフラッシュドライブ、ハードディスクなどから起動できます。Dell、HP、Asus、Acer、Lenovoなどの大企業やOEMは、WinPEを使用して、製造時にPCにオペレーティングシステムをプレインストールします。従って、購入後のパソコンにはWindows 10/8/7がインストールされていました。

通常、WinPEには次の機能があります:

● Windowsオペレーティングシステムをインストールします。

● Windows 10/8/7をインストールする前に、ハードディスクをセットアップします。

● Windowsイメージを作成して適用します。

● Windows RE(Windows回復環境)などのような回復ツールを実行して、システムファイルを回復します。

● システムの起動問題をトラブルシューティングします。

● Windows環境で操作を実行できないディスクパーティション(Cドライブのフォーマットなどの場合)を管理します。

● サードパーティ製のディスククローンソフトウェアを実行するためのプラットフォームを提供します。

Windows 10でWinPEブータブルディスクの作成方法はこちらへどうぞ( ^ω^)

ここでは、Windows 10用のWinPE起動ディスクを作成する2つの方法を示します。1つはWindows ADKツール(Windowsアセスメント&デプロイメントキット)を使用してWinPEブータブルディスクを作成すること、もう1つはプロフェッショナルツールを使用することです。

▼方法1. Windows 10用のWinPEブータブルディスクを手動で作成

この方法の手順は複雑ですので、プロのユーザーにはより適切だと思われます。

ステップ 1. Windows 10用のWindows ADKをダウンロードします。これには、CopyPEおよびMakeWinPEMediaコマンドラインユーティリティが含まれています。

ステップ 2. このADKツールを起動し、「このコンピューターにWindowsアセスメント&デプロイメントキットfor Windows 10をインストールします」を選択して、「次へ」をクリックします。

ステップ 3. 次のページで、「次へ」をクリックしてから「同意する」をチェックします。

ステップ 4. 「Deployment Tools」と「Windows Preinstallation Environment(Windows PE)」オプションにチェックを入れ、「インストール」をクリックします。

インストール機能を選択

ステップ 5. インストールプロセスが完了したら、「閉じる」をクリックします。

ステップ 6. 「スタート」メニューをクリックして開き、「Windows Kits」に移動します。「Deployment and Imaging Tools Environment」を右クリックして、「詳細」>「管理者として実行」を選択します。

ステップ 7. 実行したら、次のコマンドを実行します:copype amd64 G:\WinPEx64 (G:\をドライブ文字に置き換えます)。

    注意:32ビットのWindows 10を使用している場合は、代わりにコマンド「copype x86 G:\WinPEx86」を実行してください。


ステップ 8.
MakeWinPEMedia /ISO G:\WinPEx64 G:\WinPEx64\WPE64.iso」コマンドを実行します。「進捗状況:100%完了」と「成功」が表示されたら、WinPEファイルが正常に作成されたことを意味します。

ステップ 9. これで、WinPEファイルを作成したGドライブに移動できます。そこで、WinPE ISOファイルが表示されます。

次に、ターゲットディスクをお使いのンピューターに接続し、ISOファイルをそこへ書き込み、ブータブルディスクになります。このタスクでは、Windows To Go(Windows 10 Education/Enterprise/ProおよびWindows 8/8.1 Enterpriseでのみ利用可能な機能)を使用できます。

ステップ 10. 検索ボックスに「Windows To Go」と入力して、このツールを起動します。

ステップ 11. 挿入されたすべてのUSBドライブが自動的に検索されます。保存先のUSBドライブを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ステップ 12. 「検索場所の追加」をクリックしてWindowsインストールISOファイルを検索し、マウントされたISOファイルを選択します。

ステップ 13. 次のウィンドウで、BitLockerパスワードを設定して、Windows To Goワークプレースを暗号化することができます。

追加:パスワード要らずでBitlockerで暗号化されたHDDを解除/フォーマット

最後に、Windows 10用のWinPEブータブルディスクを作成しました。つまり、読者様は、ブートメディアを持っています。

方法2. WinPEブータブルディスクを自動的に作成

明らかに、方法1は約13ステップを含み、非常に複雑です。Windows PE起動ディスクを作成する簡単なソリューションを探している場合は、ディスク管理ソフトAOMEI Partition Assistant Pro版に切り替えることができます。Windows 10/8/7およびWindows XP/Vistaのすべてのエディションと互換性があります。

「ブータブルCD/USBの作成」機能を使用すると、システムのブートエラーを修復できるWindows 10/8/7 PE起動可能なUSBドライブの作成は実現可能です。次の詳細な手順をご覧ください:

ステップ 1. 13GB以上のUSBフラッシュドライブを用意してください。

    注意:この操作によりUSBドライブ上のすべてのデータが削除されるため、本当の操作前にUSB上の重要なファイルをバックアップしてください。


ステップ 2.
AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。USBをお使いのWindows 10パソコンに接続してください。

ステップ 3. 左側のパネルから「ブータブルCD/USBを作成」を選択します。

ブータブルCD/USBを作成

ステップ 4. 次の画面で「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 5. USB ブートデバイスを選択し、「続行」をクリックしてWindows 10用のWinPEブータブルディスクを作成します。

WinPEブータブルディスクを作成

しばらくすると、Windows 10でWinPEブータブルディスクを取得します。次に、作成されたWindows PE起動ディスクを使用して、「operating system not found」、「Missing operating system」、「Windows failed to start file boot bcd」や「BOOTMGR is missing」などのせいで発生したシステム障害のトラブルシューティングを行えます。通常、Windowsの起動に関する問題は次のとおりです:

    MBRの再構築3ステップ以内でマスターブートレコードを再構築します。

    パーティションのチェックシステムパーティションのエラーまたは不良セクターのエラーをチェックし、必要に応じて修正します。

結語

ここまで、Windows 10でWinPEブータブルディスクを作成する二つの方法を紹介します。確かに、AOMEI Partition Assistantでの操作はより簡単ですね。実は、上記の機能以外、AOMEI Partition Assistant Proの完全版にアップグレードすると、コマンドラインでの分割、高速分割、空き領域の割り当て(通常、システムパーティションを増やすために使用されます)、OSをSSDに移行など、その他の高度な機能を楽しめます。勿論、OSをMBRディスクからGPT/MBRのSSD/HDDに移行、ダイナミックディスク管理、失うことなくMBRをGPTに変換なども実行できます。

サーバパソコンをお持ちの場合、AOMEI Partition Assistant Server版またはUnlimited版を体験して、不当なパーティション構造を最適化したり、システムの問題をトラブルシューティングしたりすることができます。

USBなどについての他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!