By Asher / 最後の更新 2022年06月14日

Windows 11でHDDからSSDへのクローンは可能ですか?

 

Windows 11でHDDをSSDにクローンできるか?

Amazonから販売中のSSD購入しました。今、SSDをWindows 11のコンピューターにインストールして、システムディスクとして動作させたいのですが、古いHDDにあるOSやその他の既存のプログラムを再インストールしたくありません。そこで、Windows 11でHDDをSSDにクローンするのに役立つサードパーティのソフトウェアがあるかどうかを尋ねています。

- あるユーザーからの質問

windows 11でHDDをSSDにクローンするのはなぜか?

SSD(Solid-State-Drive)は間違いなく世界中のユーザーから人気を集めています。では、SSDとは何ですか?SSDは、HDDとは異なり、フラッシュメモリを使用してデータを保存およびアクセスする記憶媒体です。つまり、SSDとHDDの最大の違いは、動作・可動部分があるかないかです。

SSDは、以前のHDDと比較して、HDDのように物理的な動作が発生しないため、静かで動作音がなく、振動、衝撃に強く、消費電力が少なくなっています。特にSSDの読み書きの速度が非常に速いです。さらに、SSDは、HDDと比較して信頼性と耐久性も優れています。これらすべての長所により、多くのコンピューター所有者は、パフォーマンスを向上させるためにHDDを新しいSSDにクローンすることを選択します。

ノート:HDDをSSDにアップグレードするのではなく、パフォーマンスを向上させたい場合は、スケジュールデフラグを実行することもできます。

SSDとHDD

データを失うことなくWindows11のHDDをSSDにクローンする方法

前述のように、データの安全性を確保するために、古いHDDを新しいSSDに交換する場合は、Windows 11でHDDをSSDにコピーする必要があります。ただし、Windowsの組み込みツールであるディスクの管理とDiskPartを使用してディスクのクローンを作成することはできません。また、交換した後にオペレーティングシステムとすべてのアプリケーションを新しいSSDに再インストールするには時間がかかります。では、データを失うことなく、Windows 11のHDDをSSDにクローンするにはどうすればよいでしょうか?

手順 1. Windows 11クローンフリーソフトを選択

Windows 11でHDDをSSDにクローンするには、プロのディスククローンソフトであるAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。このソフトは、組み込みの「ディスククローン」機能を使用して、Windows OSを含むデータ全体をあるハードドライブから別のハードドライブにすばやく安全にコピーできます。また、このソフトウェアは、「ディスククローン」機能に加えて、パーティションのフォーマット、不良セクタのチェック、およびパーティションのチェックなど機能も提供します。以下の内容では、Windows 11のシステムディスク(HDD)を新しいSSDに複製する方法を紹介します。

では最高のディスククローンソフトを無料でダウンロードして試してみてください!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

注意:

1.AOMEI Partition Assistant Standardは、データディスクからデータディスクへのクローンまたはMBRからMBRへの起動ディスククローンをサポートします。ただし、GPTからGPTへ、GPTからMBRへまたはMBRからGPTへ起動ディスクをクローンする場合、Professional版にをアップグレードする必要があります。

手順 2. Windows 11に新しいSSDをインストールし、初期化

HDDを中古SSDにクローンする場合、この部分を飛ばして、直接手順3に従ってディスククローン手順を開始することができます。

しかし、新しいSSDを使用する場合、次の手順でSSDをコンピュータに正しくインストールし、初期化することを確認してください。

ステップ 1. ドライバーでパソコンのケースを開けます。

ステップ 2. SSDをコンピュータにインストールします。

SSDをインストール

ステップ 3. 完了したら、コンピュータケースを閉じ、コンピュータを再起動します。

ステップ 4. Windows 11が起動したら、Windows + Rキーを押し、diskgmt.mscと入力し、Enterキーを押して「ディスクの管理」を開きます。

ステップ 5. 新しいSSDを右クリックして、「ディスクの初期化」を選択し、ディスクの種類として「MBR」または「GPT」を選択します。

SSDのディスクタイプは、ソースハードドライブと同じである必要があることに注意してください。ソースハードディスクにWindows 11がインストールされている場合は、種類をGPTに設定します。

ディスクの初期化

手順 3. Windows 11をSSDにクローン

ステップ 1. 新しいSSDをPCに接続し、Windowsによって検出されることを確認してください。そして、AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。メインインターフェイスで古いHDDを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. このウィンドウで、「ディスクの高速クローン」と「セクタ単位のクローン」から一つのクローン方法を選択します。ここでは「ディスクの高速クローン」をお勧めします。

ヒント:

ディスクの高速クローン:ソースディスクの使用済みスペースのみを別のディスクにコピーします。

セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、ソースディスクのすべてのセクターを別のディスクにクローンします。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. SSDディスクターゲットディスクを選択し、「SSDの性能を最適化」をチェックして、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。

ターゲットディスクを選択

ステップ 4. 次に、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを変更します。ここでは、「コピー先に合わせる」をお勧めします。ディスク全体にフィットするようにパーティションのサイズを自動的に調整できるためです(HDDをより小さなSSDに複製する場合、最初のオプション「元のサイズのままコピーする」はグレー表示されます)。

コピー先に合わせるを選択

ステップ 5. クローン作成した後に、ターゲットディスクからOSを起動する方法についてのメモが表示されます。これを覚えて、「完了」をクリックしてください。

ターゲットディスクからOSを起動する方法

ステップ 6. メインインターフェイスに戻り、「適用」、「続行」をクリックしてディスクのクローンを実行します。

適用

最終的に、オペレーティングシステムを含むすべてが新しいSSDに移動されました。

どうやってSSDから起動するか?

HDDをSSDにクローンした後、新しいSSDから起動する方法がわからない場合は、読み続けてください。

ステップ 1. コンピューターを再起動し、ショートカットキー(ESC、F1、F2、F8、F12)を押し続けてBIOS設定画面に入ります。

ステップ 2. BIOS設定画面で、「Boot(ブート)」タブに移動し、矢印キーで新しいSSDをリストの最初の位置に移動します。

起動順位を変更

ステップ 3. F10を押して設定を保存してBIOSを終了します。

これで、Windows 11をHDDからSSDに正常に転送し、SSDから起動できるようにしました。

結論

以上はプロのディスククローンソフトであるAOMEI Partition Assistantを使用して、データを失うことなく、Windows 11でHDDをSSDにクローンする方法です。この無料のクローン作成ソフトウェアは、ハードドライブを別のハードドライブに簡単に複製できます。さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、SSDアラインメントを調整してSSDの最高のパフォーマンスを発揮し、SSDを廃棄する前に安全に消去することもできます。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。