By Asher / 最後の更新 2022年01月27日

ベーシックディスクとダイナミックディスクについて

ハードディスクの扱うには、ベーシックディスクとダイナミックディスクの2種類があります。

ダイナミックディスクとは?

ダイナミックディスクは、Windowsのストレージ管理方式の一つです。Windows 2000で導入されたディスクの管理機能で、領域の分割や統合を柔軟に、動的に行うものです。ダイナミックディスクの導入に伴い、従来の管理方式はベーシックディスクと呼ばれるようになりました。ダイナミックディスクでは装置全体が一つのパーティションで、その中にボリュームと呼ばれる領域を2000個まで作成することができます。

ベーシックディスクとは?

ベーシックディスクは、Windowsのもう一つのストレージ管理方式です。Windowsでダイナミックディスクの登場以前に採用されてきたハードディスク(HDD)管理方式で、単純で固定的な領域管理を行うものです。従来からあるベーシックディスクでは内部を複数の独立した領域に区切るパーティションをMBR方式では4つまで、GPT方式では128個まで作成できます。OSの起動領域として指定できるのはベーシックディスクのみであるため、コンピュータに一つはベーシックディスク設定のストレージが必要となります。

Win11でダイナミックディスクをベーシックに変換する理由

ベーシックディスクと比較すると、ダイナミックディスクにはいくつかの利点があります。ただし、互換性のために、パーソナルPCはほとんどの場合ではベーシックディスクを使用します。一般に、次の状況では、Windows11でダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する必要があります。

デュアルシステムをインストールします。ダイナミックボリュームは、ベーシック・ブート・パーティションまたはシステムパーティションから変換されていない限り、ダイナミックボリュームに直接Windowsをインストールすることはできません。

☞ユーザーが誤ってベーシックディスクをダイナミックディスクに変換し、データを損傷せずにダイナミックディスクをベーシックディスクに戻したいと思っています。

ダイナミックディスクは他の側面には互換性がない場合がありません。例えば、ダイナミックディスクがFATファイルシステムをサポートしていません。

Win11でダイナミックディスクをベーシックに変換する方法

ここでは、Windows11の組み込みツールであるディスクの管理とDiskPart、強力なサードパーティソフトウェアのAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する方法について説明します。

方法1.ディスクの管理でダイナミックディスクをベーシックに変換

ディスクの管理は、Windowsの組み込みツールです。ダイナミックディスクをベーシックディスクに無料で変換するのに役立ちますが、ディスクの管理では空のダイナミックディスクのみをベーシックディスクに変換できます。したがって、ダイナミックディスク上のすべてのデータを削除する必要があります。

注意:ダイナミックディスクに重要なデータがある場合は、削除する前にバックアップしてください。

手順 1. Windows11デスクトップの下部にあるスタートボタンを右クリックして、メニューの中から「ディスクの管理」を選択します。

手順 2. コンピュータの管理インターフェイスで、ダイナミックディスクの各ボリュームを右クリックして「ボリュームの削除」を選択します。

ダイナミックディスクのボリュームを削除

手順 3. プロセスが完了するのを待ってから、ダイナミックディスクを右クリックし、「ベーシックディスクに変換」を選択します。

ベーシックディスクに変換する

方法2.DiskPartでダイナミックディスクをベーシックに変換

手順 1. 「Windows+R」を同時に押し、「diskpart」と入力して、「Enter」をクリックします。

Diskpart

手順 2. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

▶list disk

▶select disk m(mは変換しようとするダイナミックディスクの番号です。)

▶detail disk(ダイナミックディスクの具体的な情報を表示します。)

▶select volume n(nは選択したダイナミックディスク上のボリュームの番号です。)

▶delete volume(複数のボリュームがある場合は、ディスク上のすべてのボリュームを1つずつ削除してください。)

▶convert basic(ベーシックディスクに変換します。)

diskpart

手順 3. 最後に「Exit」を押してを終了します。

コマンドプロンプトを使用してダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することもできますが、空のダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する前に、すべてのボリュームを削除する必要もあります。コンピューターの初心者にとって、間違ったコマンドラインを入力すると、問題はさらに複雑になる可能性があります。幸い、サードパーティのソフトウェアAOMEI Partition Assistantを使用すると、データを消去せずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換できます。

方法3.AOMEI PA Proでダイナミックディスクをベーシックに変換(推奨)

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8/7/Vista/XP用の強力なディスク管理ユーティリティです。組み込みの機能である「ダイナミックディスク変換器」を使用すると、システムディスクやデータディスクに関係なく、ボリュームを削除せずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換できます。最も重要なことは、その操作は非常に簡単で、複雑なコマンドラインは必要なく、プロセス全体は、マウスだけで操作を完了できます。

さらに、ダイナミックディスクマネージャを使用すると、ダイナミックボリュームのサイズ変更/縮小/削除/フォーマットを行うことができます。

ではデモ版をダウンロードして、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換しましょう!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
ヒント:Windows Serverで使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverにアップグレードしてください。Windows Server 2022、2019、2016、2012、2008、2003ユーザー向けに特別に設計されており、多くのディスクパーティションの問題を解決できます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行し、「すべてのツール」をクリックして、「ダイナミックディスク変換器」を選択します。

ダイナミックディスク変換器

手順 2. 新しいポップアップウィンドウで、「次へ」をクリックします。

次へ

手順 3. ここでは、方法1を選択し、「次へ」をクリックします。

方法を選択

手順 4. ベーシックに変換するダイナミックディスクを確認し、「次へ」をクリックします。

次へ

手順 5. 次に、「この操作を実行します」にチェックを入れ、「続行」をクリックして開始します。

続行

手順 6. 変換が完了したら、「OK」をクリックしてコンピューターを再起動します。

完了

結論

上記の3つの方法から、ダイナミックディスクとベーシックディスク間の変換に問題がある場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを選択するのが賢明です。このソフトを使用すると、データを破損することなく、Windows11でダイナミックディスクをベーシックディスクに簡単に変換できます。 さらに、アプリケーションをあるパーティションから別のパーティションに移動したり、OSをMBRディスクからGPTに移行したりする機能があります。