By Comnena / 最後の更新 2021年09月29日

Windows 11の概要

Windows 11

Windows 11は、Microsoftが開発するWindows NT系のオペレーティングシステムです。これは、Windows 10の後継バージョンです。新しいUIデザインに加えて、Windows 11は、今日の混合作業環境をサポートする多くの革新的な機能も提供します。さらに、スタートボタンにやタスクバーに表示する内容などのユーザーインタフェースの改良が施されています。

Windows 10からWindows 11にアップグレードする必要がある場合は、次の点に注意する必要があります。Windows 11はUEFIブートモードの起動を確認する必要があるため、システムディスクはGPTディスクである必要があります。そうでない場合は、MBRをGPTに変換してください。これは、Windows 11と以前のWindows OSの違いの1つでもあります。

MBRをGPTに変換する前に知るべき全てのこと

BIOS VS UEFI

ブートモードは、実際にはコンピュータの起動をガイドするプログラムです。簡単に言うと、OSの起動に備えて、コンピュータの電源を入れた後に最初に起動するプログラムです。OSが起動すると、Windowsデスクトップが表示されます。一般に、2つのブートモードがあります。レガシーBIOSとUEFIです。レガシーBIOSは以前のブートモードですが、UEFIは新世代のBIOSです。対照的に、UEFIは起動速度が速く、セキュリティが高く、大容量のハードドライブをサポートします。また、グラフィカルインターフェイスに表示されるため、ユーザーはより直感的に操作できます。

BIOS VS UEFI

MBR VS GPT

Windowsコンピュータには、MBRとGPTの2種類のディスクがあります。MBRとGPTは、パーティション情報をドライブに保存する2つの異なる方法です。GPTと比較すると、MBRは古いパーティションテーブル形式であり、いくつかの制限があります。

MBRディスクとGPTディスクの違い

GPTディスクは2TBを超えるボリュームをサポートしていますが、MBRディスクはサポートしていません。
GPTディスクパーティションスタイルでは、18EBのボリューム、一つのディスクに最大128個のパーティションをサポートします。一方で、MBRディスクパーティションスタイルでは、最大2TBのボリュームと1個のディスクに最大4つのプライマリパーティションをサポートします。
GPTディスクはパーティションテーブルの複製および巡回冗長検査(CRC)保護により、より高い信頼性を提供します。MBRパーティションディスクとは異なり、プラットフォーム操作に不可欠なデータはパーティションに含まれており、パーティション分割されていないセクターや非表示セクターには含まれていません。
分割されたGPTディスクには、パーティションデータ構造の整合性を向上させるための冗長プライマリテーブルとバックアップパーティションテーブルがあります。

要約すると、Windows 11ではMBRをGPTに変換する必要があります。さらに、ブートモードをBIOSからUEFIに変更する必要があります。

データを失うことなく、MBRをWindows 11用のGPTに変換する方法

Windowsの組み込みツールコマンドプロンプトとディスクの管理でディスクをGPTに変換できることはご存知かもしれませんが、MBRディスクをGPTディスクに変換するには、ターゲットディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。すべてのデータが失われます!また、コマンドプロンプトとディスクの管理ではシステムパーティションの削除が許可されていないため、システムディスクをGPTディスクに変換することはできません。

では、データを失うことなく、WindowsでMBRからGPTに変更するにはどうすればよいですか?幸い、強力なサードパーティソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalを試すことができます。MBRディスクとGPTディスクの間の変換に役立ちます。変換されたディスクは、データを失うことなく正常に起動できます。Windows 11/10/8.1/8/7/VistaまたはWindows XPのどちらを使用していても、互換性があります。

次に、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してMBRをWindows 11用のGPTに変換する方法を詳細な手順で示します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ヒント:WindowsでMBRをGPTに変換する前に、マザーボードがUEFIブートモードをサポートしていることを確認してください。そうしないと、コンピューターは正常に起動しません。マザーボードがUEFIをサポートしていない場合は、Windows 11の起動可能なUSBを作成してWindows11 OSを楽しむことができます。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして実行します。変換したいディスクを右クリックし「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. 「OK」をクリックして操作を確認します。

OKをクリック

手順 3. 「適用」をクリックして、保留中の操作をコミットします。

適用

プロセス中に、MBRをGPTに正常に変換しました。次に、BIOSに入り、レガシーモードからUEFIモードに切り替えることができます。同じ方法を使用して、データを失うことなくGPTをMBRに変換できます。

レガシーBIOSをUEFIに変更する方法

システムディスクをGPTに変更した後、GPTシステムディスクが正常に起動できるように、起動モードをBIOSからUEFIに変更する必要があります。方法は以下の通りです。

ノート:BIOSの設定画面はパソコンメーカーや機種によって異なりますが、基本内容や操作方法はほぼ同じです。

ステップ 1. メーカー指定のキーボード(F2、F9、F12など)を連続して押して、ブート(Boot)画面を表示させます。

ステップ 2. BIOSの「Main」メニュー画面で、「Boot」を選択します。

ステップ 3. 「Boot」画面から、「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択し、Enterを押します。

ステップ 4. すると、「UEFI/BIOS Boot Mode」ダイアログボックスが表示されるので、「UEFI」を選択します。

UEFIを選択

ステップ 5. 変更内容を保存して画面を終了するには、F10を押します。

まとめ

上記の説明から、これはMBRからWindows 11用のGPTへの変換プロセス全体です。ご覧のとおり、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、MBRとGPT間の変換を簡単かつ安全に実現できます。ちなみに、Windows Serverでこれを行う場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してください。