By Asher / 最後の更新 2022年01月28日

Windows 11にEFIパーティションがない!

「助け!今朝OSをアップグレードしてから、Windows 11ラップトップが起動しません。原因を探し後、EFIパーティションが誤って削除されたことがわかりました。Windows 11を起動するには、EFIパーティションが必要だとわかっています。しかし、私はコンピュータの初心者なので、解決策を知りません。誰か助けてくれませんか?」

EFIパーティションとは?

EFIはExtensible Firmware Interfaceの略で、OSを起動するために必要なシステムパーティションです。EFIシステムパーティションは最小サイズが100 MBであり、FAT32ファイル形式を使用してフォーマットされている必要があります。

EFIパーティション

EFIパーティションには、次のような重要なファイルとユーティリティが含まれています:

ブートローダー:ブートプロセス、システムユーティリティ、デバイスドライバーを開始し、それらが連携して動作することを確認します。

デバイスドライバー:さまざまなハードウェアコンポーネントとの通信方法をWindowsに指示します。

データファイル:起動プロセスと関連ログに関する情報を保持します。

システムユーティリティ:Windowsの起動と実行に役立つ小さなプログラムです。

BitLockerデータ:BitLockerを使用してドライブを暗号化する場合、シークレットはここに格納され、TPM(信頼できるプラットフォームモジュール)と対話してドライブを暗号化および復号化します。

UEFI BIOSを備えたWindowsデバイスのみがEFIパーティションを持っています。UEFI BIOSを使わないWindowsシステムでは、これらのブート情報がプライマリパーティションに含まれます。

PCを起動すると、OSはすぐには起動しません。BIOSが最初に起動し、ハードウェアとファームウェアをウェイクアップします。次に、BIOSはEFIパーティションを探して、Windowsの起動と操作に関する指示を取得します。

efi

Windows 11のEFIパーティションはどこにあるか?

ファイルエクスプローラーでEFIパーティションを探しても、おそらく見つからないでしょう。EFIパーティションが重要であるため、EFIパーティションはファイルエクスプローラーで非表示になっていることがよくあります。しかし、見つけるのはそれほど難しくありません。

EFIパーティションを表示するには、ディスクの管理を開く必要があります。デスクトップの「コンピュータ」または「PC」を右クリックして「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択します。次に、右側の「状態」の下に、「EFIシステムパーティション」が表示されます。

Windows 11でEFIパーティションを修復する方法

EFIパーティションがないと、Windows 11を起動できなくなることはすでにわかっています。この場合、EFIパーティションを手動で修復する必要があります。

方法1.DiskPartを使用してEFIパーティションを修復

DiskPartは、PCのハードドライブとパーティションを管理するために使用できるコマンドラインユーティリティです。DiskPartを使用すると、コマンドラインを入力して、ディスクのフォーマット、ディスクのパーティション分割、ディスクの削除などさまざまな操作を実行できます。しかし今回は、DiskPartを使用してWindows 11でEFIシステムパーティションを修復する方法を学びます。

手順 1. 「検索」ボックスに「cmd」と入力します。検索結果に表示された「コマンドプロンプト」を右クリックして、表示された一覧から「管理者として実行」をクリックしてコマンドユーティリティを実行します。

手順 2. コマンドプロンプトウィンドウで、「bootrec/fixmbr」と入力して、「ENTER」を押して続行します。

手順 3. 次に、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に「ENTER」を押す必要があります。

▼bootrec/fixboot

▼bootrec/rebuildbcd

手順 4. これで、コンピュータを再起動して、Windows 11でEFIシステムのパーティションが復旧するかどうかを確認できます。

方法2.サードパーティ製のソフトウェアを使用してEFIパーティションを修復

DiskPartを使用するには、複雑なコマンドラインを入力する必要があり、一般の人やコンピュータの初心者にとって困るかもしれません。したがって、EFIパーティションを修復するための別の代替手段を見つけることが不可欠になります。

最も強力なサードパーティ製のディスクマネージャであるAOMEI Partition Assistant Professionalが最良の選択です。これを使用すると、EFIシステムパーティションを含むすべてのパーティションを回復できます。パーティションの回復だけでなく、ベーシックディスクとダイナミックディスク間での変換、MBRの再構築などの機能も含まれています。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。PCを起動できない場合は、別のPCを使用して起動可能なメディアを作成してから、問題のPCでこのソフトウェアを起動する必要があります。

ブータブルCD/USBを作成

手順 2. ソフトウェアのメインインターフェイスで、「パーティションを復元」を選択します。

パーティションの復元

手順 3. 次に、EFIシステムパーティションがないドライブを選択します。そして、「次へ」をクリックして継続します。

対象のディスクを選択

手順 4. ポップアップウィンドウで2つのスキャン方法が表示され、適切なスキャン方法を選択し、「次へ」をクリックします。

スキャン種類

手順 5. 選択したハードディスクをスキャンし、見つからないEFIシステムパーティションを一覧表示し、修復するEFIパーティションを選択し、「続行」をクリックします。

失われたパーティションを選択

続行

Windows 11でEFIパーティションを作成する

EFIパーティションを修復できない場合は、手動でEFIパーティションを作成し、EFIブートローダーをインストールして、オペレーティングシステムを再度起動可能にする必要があります。

手順 1. Windowsのインストールディスクまたは回復ドライブからお使いのパソコンを起動します。「Shift+F10」を同時に押して、コマンドプロンプトに入ります。

手順 2. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。これらのコマンドは、パーティションを縮小して未割り当て領域を確保するために使用されます。

▼ diskpart

▼ list disk

▼ select disk x(xはEFIシステムパーティションを作成したいディスクのディスク番号です。)

▼ list partition

▼ select partition n(nは縮小したいパーティションのパーティション番号です。)

▼ shrink desired=500(パーティションを縮小する数値は500MBです。)

手順 3. これで、以下のコマンドラインを使用して、未割り当て領域でEFIシステムパーティションを作成できます。

▼ create partition efi size=200

▼ format quick fs=fat32 label="system"

▼ create partition msr size =128

手順 4. 2つのパーティションを正常に作成したら、次のコマンドを使用してブートローダーとその他のアプリケーションをインストールします。

▼ bootrec /fixboot

▼ bcdboot c:\Windows /s b: /f all

EFIパーティションを再作成

手順 5. パソコンを再起動して、Windows 11でEFIパーティションが見つからないことが解決されたかどうかを確認します。

結論

OSが起動できないときにWindows11でEFIパーティションを修復または作成するにはどうすればよいですか?この投稿では、修復または作成に役立つ2つの実用的なツール(DiskPartとAOMEI Partition Assistant)を紹介しました。コンピュータの専門家でない場合は、AOMEI Partition Assistantを試すことをお勧めします。さらに、サーバーのユーザーであれば、Server版を試してください。