By Akira / 最後の更新 2021年12月03日

レガシーPCからWindows11にアップグレードできますか?

まず、Windows 11はレガシBIOSをサポートしておらず、レガシーBIOS PCにWindows 11をインストールした場合でも、将来的に新しいバージョンに更新することはできません。さらに、この選択により、インストールファイルの一部の設定を変更して、システムクラッシュのリスクが高まります。

1. レガシーBIOSとUEFIについて

BIOSは、BIOSチップに格納され、コンピューターハードウェアのセルフチェック、CMOS設定、オペレーティングシステムの起動、ハードウェアI/Oの提供、ハードウェア割り込みなどに使用されるプログラムです。

BIOSはPCの起動に不可欠な部分ですが、実行の概念と方法は登場以来まったく変わっていません。BIOSにはUSBデバイスのサポート、PnPプラグアンドプレイのサポートなどがありますが、これによってBIOSの本質が根本的に変わることはありません。これらの古いテクノロジーに対応するために、Intelは何世代にもわたるプロセッサで16ビットのリアルモードを維持する必要があります。

レガシー

UEFIは、最新PC用の標準ファームウェアインターフェイスです。2007年以来、レガシーBIOSの代わり、UEFIを選んだ人のほうがずっと多いです。特にここ数年間、新しく発売されたPCは大半UEFIモードを採用しています。これにより、UEFIは従来のBIOSと比べて、もっと進んでいるのファームウェアモードと言えることが可能だと思われています。

UEFIを採用しているPCは、とても直感的なインターフェイスを提供しています。ユーザーはマウスで操作可能なので、簡単に設定の変更などの操作を実行できるようになりました。また、GUIDパーティションテーブル(GPT)のメリットのおかげで、大容量のディスクでも問題なく検出、読み込むことができます。その同時に、UEFIは32ビットと64ビット動作モードで実行し、BIOSもっと大きなメモリ空間にアクセス可能なので、ブートのスピードも大幅に速くなります。

レガシーBIOSとUEFIの違い

2. GPTパーティションテーブルについて

UEFIはシステムハードウェアの情報を識別して初期化を完了するためにEFIドライバーを必要とし、EFIドライブはGPTパーティションスタイルのディスクにのみ表示されるため、UEFIはMBRディスクをシステムディスクとして使用できません。さらに、GPTパーティションスタイルには、実行可能容量(2TBを超える)やパーティション番号(128パーティション)など、MBRよりも多くの利点があります。また、Windows 11は、MBRではなくGPTパーティションテーブルを選択するように多くのユーザーに促しています。

レガシーPCからWindows11にアップグレードする方法

したがって、BIOSコンピューターにWindows 11をインストールする場合は、デバイスがUEFIモードをサポートしているかどうかを確認してから、GPTディスクをシステムディスクとして使用する必要があります。デバイスでレガシーBIOSをUEFIモードに変更できる場合は、サードパーティのソフトウェアを使用して、データを失うことなくパーティションスタイルを変換できます。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、強力なディスクおよびパーティションマネージャーです。Windows 11/10/8/8.1/7/XP/Vistaなどのすべてのシステムをサポートします。

ここで、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードして、ディスクに保存されているデータを失うことなく、MBRディスクを変換しましょう~

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. MBRをGPTに変換する

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動した後、変更するMBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして続行します。

注意事項

手順 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。すると、ディスクはGPTパーティションスタイルに変更されます。

適用

ディスクをGPTに正常に変換したら、次のセクションに進みましょう~

2. レガシーをUEFIに変更する

MBRディスクをGPTディスクに変換した後、ブートモードをLegacy BIOSからUEFIに設定して、Windows OSを正常にGPTディスクから起動することができます。

(●'◡'●)BIOSの設定画面はパソコンメーカーや機種によって異なりますが、基本内容や操作方法はほぼ同じです。

手順 1. メーカー指定のキーボード(F2、F9、F12など)を連続して押して、ブート(Boot)画面を表示させます。

手順 2. BIOSの「Main」メニュー画面で、「Boot」を選択します。

手順 3. 「Boot」画面から、「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択し、Enterを押します。

手順 4. すると、「UEFI/BIOS Boot Mode」ダイアログボックスが表示されるので、「UEFI」を選択します。

BIOS

手順 5. 「F10」を押して設定を保存し、BIOSを終了します。

結論

Windows 11はレガシーBIOSをサポートしていますか?いいえ。レガシーPCでWindows 10からWindows 11にアップグレードできますか?いいえ。しかし、この記事を読んだ後、問題を解決する方法を知っていますか?

また、AOMEI Partition Assistantは、パーティションスタイルの変換を行うだけでなく、OSの移行、プログラムの転送、ディスクのクローン作成、およびパーティションの作成も実行することができます。今すぐダウンロードしてお試しください~