By Asher / 最後の更新 2022年07月12日

どうやってWindows 11をダウンロードしインストールするか?

ご存じのように、Microsoftの最新のOS Windows 11が間もなく登場します。最適化されたUIなど、これらの新機能に非常に興奮しています。ただし、OSのアップグレードプロセスを行ったことがないため、どこでWindows 11をダウンロードしますか?または、Windows 11をインストールするにはどうすればよいですか?誰かが簡単に紹介してくれませんか?

- あるユーザーからの質問

Windows 11の新機能

Windows 11は10月5日にリリースされる予定です。Windows 11には、多くの新機能が含まれています。したがって、次の内容で、Windows 11のインストール後に使用できるすべての機能をリストしました。

新しいMacに似たインターフェース。
統合されたAndroidアプリケーション。
統合されたMicrosoft Teams。
より良いゲーム体験のための4.Xbox技術。
より良いビジュアルデスクトップサポート。
容易にモニターからラップトップへの移行、より良いマルチタスク処理。
ウィジェット。

/windows-11

これで、Windows 10と比較して、Windows 11の機能がより強力でユーザーフレンドリーであることがわかります。Windows 11をダウンロードしてインストールして試してみましょう。しかし、どうすればよいでしょうか?ご心配なく、次の投稿では、Windows 11をダウンロードしてインストールするための2つの方法とステップバイステップガイドが提供されます。

Windows 11を前もってダウンロードしてインストールする方法

Windows 11は非常に魅力的ですが、標準バージョンを満たすには10月5日まで待つ必要があります。ただし、その時待ていない場合は、すぐにWindows 10のRelease Previewに切り替えて、できるだけ早く無料のWindows 11アップグレードを入手できます。

ここでは、Windows 11アップグレードをできるだけ早くダウンロードしてインストールする方法を学習しましょう。

手順 1. Microsoftの「PC正常性チェックアプリ」を使用して、PCがWindows 11と互換性があるかどうかを確認します。

手順 2. PCがWindows 11をサポートしている場合、Windows 11をできるだけ早くアップグレードするには、MicrosoftのサイトでWindows Insiderとして登録する必要があります。

手順 3. 現在のWindows 10 PCで、「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Insider Program」に従います。

手順 4. 「開始する」ボタンをクリックして、Windows Insiderとして登録するために使用したMicrosoftアカウントにリンクします。

開始

手順 5. 内部スタッフ設定を選択するように求められたら、「Release Preview」を選択します。

手順 6. 「Microsoftの使用条件」を確認して同意した後、コンピューターを再起動します。

手順 7. 「設定」>「アップデートとセキュリティ」に戻ると、Windows 11のオプションアップデートが含まれた新しいバナーが表示されるはずです。

手順 8. 「今すぐダウンロードしてインストールする」ボタンをクリックし、画面の指示に従って、できるだけ早くWindows 11を入手しましょう。

Windows 11をダウンロードしてクリーンインストールする方法

一般的に、Windowsのクリーンインストールには多くの利点があります。たとえば、スパイウェアとレジストリファイルが効率的にクリアされ、起動プログラムとアプリケーションが不足しているため、起動が速くなります。したがって、ここでは、最も簡単な方法でWindows 11をダウンロードしてクリーンインストールする方法を学習します。

第一部分:Windows 11 ISOをダウンロードする

手順 1. Windows 11 Insider Preview ISOダウンロードページに移動します。

手順 2. ページの下部にある「バージョンの選択」セクションまで下にスクロールします。

手順 3. ドロップダウンメニューからインストールするWindows 11のバージョンを選択します。

手順 4. 希望の言語を選択し、「ダウンロード」をクリックします。

第二部分:Windows 11 ISOを起動可能なUSBスティックに書き込む

ISOのダウンロードが完了したら、インストール用に起動可能なWindows 11 USBフラッシュを作成する必要があります。さまざまなツールを選択して起動可能なISOを作成できますが、この例では、Rufusを取り上げます。

また、8GB以上の空き容量のあるUSBフラッシュドライブも必要です。USBは書き込みプロセス中に消去されるので、実行する前にバックアップを取ることをお勧めします。

手順 1. USBフラッシュドライブを挿入します。

手順 2. Rufusを起動します。

手順 3. 「選択」ボタンをクリックし、Windows 11 ISOファイルの場所に移動して選択します。

手順 4. Rufusは、ドライブと書き込みのプロパティを自動的に更新します。続行する準備ができたら、「スタート」をクリックします。

rufus

ISO書き込みプロセスには数分かかる場合がありますので、しばらくお待ちください。

第三部分:起動可能なUSBを使用してWindows 11をインストールする

この部分になると、画面上のガイドに従うだけですべてが簡単になります。

手順 1. ここで、Windows 11をインストールするコンピューターの電源がオフになっていることを確認します。Windows 11インストールメディアを挿入します。

手順 2. PCを起動し、BIOS/UEFIを呼び出しキーを押してBIOSに入ります。

起動順位を変更

手順 3. BIOS/UEFI設定で、USBスティックを最初の起動デバイスとして設定します。

手順 4. BIOS/UEFIを保存して終了します。PCが再起動します。

手順 5. オペレーティングシステムのインストールが開始されたら、「今すぐインストール」を選択します。「インストールタイプの選択」画面で「カスタムインストール」を選択して続行します。また、Windowsのプロダクトキーの入力を求められます。持っていない場合は、後で入力できます。

今すぐインストール

手順 6. 次に、Windows 11がインストールされているドライブをプリセットする必要があります。 その後、「次へ」をクリックします。

手順 7. Windows 11のインストールが開始されます。

Windows 11でハードドライブをパーティション分割する方法

Windows 11を正常にインストールしてオペレーティングシステムを起動すると、ディスクに1つしかない場合があります。つまり、ディスクCは、PCのシステムディスクです。この場合、何も変更しないと、すべてがCドライブにインストールされます。時間の経過とともに、Cドライブがいっぱいになるという問題が発生し、システムのクラッシュや速度の低下など、多くの問題が発生します。

では、どうやってコンピューター用の多くのパーティションを作成しますか?もちろん、Windowsの組み込みツール「ディスクの管理」を利用しできます。まずCドライブを縮小し、作成された未割り当て領域を使用して別のボリュームを作成できます。複数のパーティションを作成する場合、このツールはこの手順を繰り返しますが、これは非常に面倒で複雑だと思います。幸い、今回もっと簡単なソフトウェアユーティリティAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。この強力なソフトウェアを使用すると、パーティションを1つずつ作成する代わりに、「高速分割」機能を使用して、一度に複数のパーティションを作成できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。

手順 2. 多くのパーティションを作成するディスクを選択し、右クリックします。「高速分割」を選択します。

手順 3. ポップアップウィンドウで作成したいパーティションの数、各パーティションのファイルシステムとドライブラベルを事前に設定できます。

プリセット

手順 4. 終了したら、「分割を開始」をクリックし、パーティションの分割を開始します。

分割開始

ヒント: このプロセスはまもなく完了します。一度に1つのパーティションのみを作成する場合は、「パーティションを分割」を試すことができます。

結論

Windows 11をダウンロードしてインストールするための最良の方法は何ですか?チュートリアル全体を読んだ後、答えが見つかることを願っています。今回は2つの実用的な方法が提供されており、必要に応じて適切な方法を選択してください。同時に、記事の最後の部分では、Windows 11のインストール後にハードドライブのパーティションを分割するサードパーティ製のソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalが紹介されています。さらに、AOMEI Partition Assistant ProfessionalはフォーマットせずにNTFSとFAT32の間で変換を行う、パーティションを削除せずにGPTをMBRに、またはMBRをGPTに変換する、ハードディスクを消去するなど、他の多くの便利な機能を備えています。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。