By Asher / 最後の更新 2022年01月25日

ディスククローンについて

ディスククローンとは、1つのコンピューターハードドライブから別のディスクに、情報のすべてを完全にコピーすることを意味します。多くの場合、複製元のディスクの内容は中間ステップとしてイメージファイルに書き込まれ、複製先のディスクはそのイメージから作成されます。ハードディスクのクローン作成は、実際にはソースデータのバックアップです。ディスククローンはデータバックアップの他、データ復元にも役に立ちます。

ディスククローン

なぜWindows 11でHDDのクローンを作成する必要があるか?

windows11

Microsoftは2021年10月5日に、Windows 11を正式にリリースし、ますます多くのユーザーがWindows 10からWindows 11にアップグレードしています。アップグレードした後、一部のユーザーはWindows 11でハードドライブのクローンを作成したいです。なぜですか?ここでは、ハードドライブのクローンを作成するいくつかの理由を挙げます。

データをバックアップする:ハードディスクのクローン作成は、実際にはソースデータのバックアップです。データが失われた場合、バックアップされたデータはデータを取り戻すのに役立ち、損失を減らすことができます。

ハードドライブをアップグレードするか、新しいハードドライブと交換する:一部のユーザーは、ディスクが古くて機能が十分でないため、古いディスクを新しいディスクに交換したかったり、または既存のHDDをSSDにアップグレードしたかったり、現在の小容量ディスクを大容量ディスクに交換したかったりする場合があります。でも、元のディスクのデータを残しておきたいので、ディスクのクローン機能を使用して、すべてのデータを新しいディスクにすばやく移行できます。

 ディスク上のデュアルシステム(複数のシステム)を保護する:ディスク上に2つ(複 数)のシステムパーティションがあり、一般的なシステム移行では、必ずしもすべてのシステムが移行されるとは限りません。このような場合、ディスククローンを使用してデュアルシステム(複数のシステム)の保護を実現する必要があります。

不良ディスク上のデータを修復するのに役立つ:ディスク上のパーティションにアクセスできない場合は、この時、パーティションを修復する必要があります。でも、修復プロセス中にデータが失われる可能性があるため、セクターごとにディスクをコピーしてから、手動でディスク上のデータを復元できます。

システムディスクのクローンを作成する:システムディスクのクローンを作成した後、新しくクローンを作成したディスクからコンピューターを直接起動できます。

では、Windows 11でHDDのクローンを作成できますか?答えは「はい」です。Windowsの標準ツール-ディスクの管理を使用してディスクのクローンを作成できます。ただし、このツールには多くの制限があり、使用することはお勧めしません。したがって、サードパーティのディスククローン作成ソフトウェアを使用できます。

Windows 11向けの強力なサードパーティのHDDクローンソフト

ハードドライブのクローンを作成するために最も重要なことは、強力なディスクのクローン作成ユーティリティです。こ こでは、 強力 なクローン ソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このソフトは、次の利点を持ちます。   

MBR/GPTからMBR/GPTへのハードディスクのクローン をサポートできます。

データを失うことなくハー ドディスクのクロー ンを作成できます。

シンプルなグラフィカルユー ザーインターフェイスと簡単な操 作手順は、パソ コン初心者で も簡単に使いこなすことができます。

2つの異なるクローン作成方 法を提供し、 ハードディスクのセクター全体をクローン するか、ハードディスクの使用済み領域をクローンできます。

クローンされたハードディスクから正常に起動できま す。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ヒント:Windows 11 OSだけを新しいハードドライブにクローンする場合、「OSをSSDに移行」機能は十分です。

Windows 11でHDDのクローンを作成す る方法

次に、3つのステップを通してWindows 11でHDDのクローンを作成す る方法を説明します。

ステップ1.ターゲットドライブをWindows 11 PCに 接続する

手順  1. SATA-USB変換ケーブル を用意し、準備したディスクをWindows 11 PCに接続します。USBポートを接続したら、コンピュータはディスク を検出できることを確保してく ださい。

手順 2. 新しいハードディスクを使用し ていな い場合は、ディスクを初期化してください。初期化しないと、ハードディスクを使用できません。

手順 3. 古いハードディスクをクリー ンアップし、不要なファイルを削除し、クロー ン作成時間を短縮できます。 

ステップ2.AOMEI PA ProでHDDのクローンを作成する手順 

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。ターゲットディスクを右クリックし、「ディスククローン」をクリックします。

Windows 10/8/7でディスクをコピー

手順 2. 次のウィンドウでは、2つの異なるディスクコピー方法が提供されています。要件に応じて1つを選択し、「次へ」をクリックします。

メモ

ディスクの高速クローン」:使用済み領域のみを別のディスクにコピーします。

セクタ単位のクローン」:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターを別のディスクにコピーすることです。ターゲットディスクは、ソースディスクより同等または大きくしなければなりません。

二つのディスクコピー方法

手順 3. ここで、ターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクがSSDの場合は、「SSDの性能を最適化」をチェックしてください。次に、「次へ」をクリックして続行します。

ターゲットディスクを選択

手順 4. このウィンドウで、手順2で「ディスクの高速クローン」を選択した場合は、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを編集できます。または、デフォルト値のままにして「次へ」をクリックすることもできます。

ディスクを編集

手順 5. 最後に、メインインターフェイスの「適用」をクリックして、HDDからHDD/SSDへのクローン作成を開始します。

ディスクコピーの操作を実行

次に、古いディスクと新しいディスクを交換する必要があります。

ステップ3.クローンディスクからWindows 11を起動する

ディスクを交換した後、新しいハードドライブからコンピュータを起動する必要があります。

手順 1. コンピュータを再起動し、画面のショートカットキー(常にF2、Del、F8、F12)を押し続けてBIOS設定画面にアクセスします。

手順 2. 矢印キーを使用して、「Boot(ブート)」タブを選択します。システムデバイスが優先順位で表示されます。

手順 3. クローンされたHDDを他のハードドライブよりも優先させるには、HDDを起動順位リストの一番上に移動します。

起動順位を変更する

BIOSセットアップを保存して終了します。コンピュータは、クローンされたハードドライブから正常に起動します。

結論

今、Windows 11でHDDのクローンを作成する方法を知っていますか?ハードドライブのクローンを作成する目的が何であれ、AOMEI Partition Assistant Proを使用して失望することはありません。Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版にアップグレードしてください。