By Asher / 最後の更新 2022年06月07日

Windows11に関すること

2021年6月25日に、MicrosoftがWindows11を正式にリリースしたことは既にご存知でしょう。以前のWindowsオペレーティングシステムとは異なり、Windows11には多くの新機能と新しいユーザーインターフェイスがあります。

いくつかの特別な新機能

新機能1.Windows11はAndroidアプリケーションの実行をサポートする

Windows11の発表で、MicrosoftはWindows11がAndroidアプリケーションのネイティブ実行をサポートすることができると明言しました。ユーザーはMicrosoft StoreまたはAmazon AppstoreからAndroidアプリをインストールすることができます。インテルブリッジング(Intel Bridge)テクノロジーにより、Windows11上でAndroidアプリの重要な機能がネイティブに動作します。

新機能2.ゲーム体験を大幅に向上させる

windows11ではDirectX 12 Ultimate、Direct Storage、Auto HDRが導入された。Auto HDRは、標準的なダイナミックレンジであるSDRに対応しているゲームにHDRの効果を与えることができます。その結果、色やコントラストが向上し、ディテールがより鮮明になります。Direct Storageは、今回Windows11にも搭載されることになりました。この技術を使用したゲームは、高性能なSSDを搭載していれば、読み込みが格段に速くなります。DirectX 12 Ultimateには、Raytracing 1.1、Variable Speed Shading、Sampler Feedbackなどの開発者向け機能が搭載されていて、ゲームにおけるシステムリソースの消費を減らすことができます。

新機能3.透過ポップアップ表示されるウィジェット

ウィジェットは、天気やニュース、エンタメなどの最新情報を入手するための機能です。一目でわかる情報を簡単に見つけることができます。カテゴリごとにさまざまな情報を追加することができます。

新機能4.ウィンドウのスナップ

スナップは、今回のWindows11で注目を集めている新機能の1つです。アプリのウィンドウをデスクトップの左右、上下の指定した位置に自動的に配置することができます。この配置をウィンドウ右上から指定可能になりました。さらに、便利なのは、スナップグループで、スナップした状態でタスクバー上のアイコンにマウスカーソルを合わせると、そのアプリ単独、またはスナップしたグループのどちらのウィンドウをアクティブにするかを選択できるようになりました。

これにより、PDFを見ながらExcelに入力するといったように、ひとまとめの作業をスナップグループ化しておくことで、ほかのアプリと切り替えてても、即座にPDF+Excelというスナップされたウィンドウに戻ることができるようになります。

上記の機能に加えて、Windows11には、新しいタッチキーボード、新しいタスクビューなど、他の多くの機能があります。

新しいユーザーインターフェイス

Windows11の新しいユーザーインターフェイスは、生産性、創造性、使いやすさのために再設計されています。ページデザインとユーザー操作を簡素化し、Windows11をよりモダンでクリーン、そして美しくします。「スタート」メニュー、タスクバー、サウンドエフェクト、フォントなどがMacのインターフェイスと同じように変更されました。

クラウドやMicrosoft 365と連携し、AndroidやiOSデバイスを含む他のデバイスでの利用もスタートメニューのファイルの提案に反映されます。ライトモードとダークモードのどちらも統一感があり、角がラウンドしたUI要素、メニューや検索窓のフローティング表示など、シンプルかつモダンなデザインになっています。

これらの新機能とWindows11の新しいユーザーインターフェイスを見ると、多くの人はWindows11を体験したくなるでしょう。ただし、すべての古いオペレーティングシステム(例えば、Windows10)をWindows11に正常にアップグレードするわけではありません。古いオペレーティングシステムをWindows11にアップグレードするには、Windows11の最小システム要件を満たす必要があります。

Windows10からWindows11にファイルを転送する5つの方法

一部の人々は、Windows10をWindows11に正常にアップグレードした後、他のWindows11がインストールされたPCでWindows10 PCのファイルまたはアプリケーションを使用する必要がある場合があります。では、どうすればよいでしょうか?

心配しないでください。このパートでは、この問題を解決するための5つのソリューションを提供します。

方法1.OneDriveを使用する

OneDriveは、Microsoftが提供する無償のオンライン・ストレージのサービスです。これにより、写真、ビデオなどをコンピューターに保存でき、ユーザーは必要なときに、OneDriveからすべてのファイルをダウンロードすることができます。

手順 1. Windows10からWindows11にファイルを転送したいファイルを同期します。OneDrive Webサイトにアクセスしたら、「アップロード」>「ファイル」/「フォルダー」の順に選択し、このクラウドストレージツールに追加するファイル/フォルダーをアップロードします。

アップロード

手順 2. コンピューターがアップグレードされ、Windows11が正常に起動したら、OneDriveアプリまたはWebサイトでアカウントにサインインします。

「サインイン」をクリック

手順 3. 次に、アップロードしたファイルを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックして新しいWindows11 PCにダウンロードできます。

ダウンロード

OneDriveは基本的には無料で利用できますが、5GBという容量制限が設けられています(OneDrive Basic 5GB)。もし転送するファイルのサイズが5GBを超える場合は、OneDrive Standalone 100GBもしくはMicrosoft 365 Personalを購入する必要があります。

方法2.USBなどのリムーバブルデバイスを使用する

OneDriveに加えて、USB、外付けハードドライブ、ポータブルSSDなどのリムーバブルデバイスを使用することは、おそらくWindows10からWindows11にファイルを転送する最も簡単な方法です。

USB

注意:リムーバブルデバイスに、転送するファイル用の十分な空き容量があることを確認してください。

手順 1. USBなどのリムーバブルデバイスをWindows10コンピューターに接続します。

手順 2. 転送したいすべてのファイルをあるフォルダーにコピーし、そして、このフォルダーを右クリックして、「コピー」を選択します。

手順 3. その後、このリムーバブルデバイスをWindows10のコンピューターから安全に取り外し、Windows11のコンピューターに接続します。このリムーバブルデバイスで保存しているフォルダーをコピーして、現在のコンピューターに貼り付けます。

この方法でWindows10からWindows11にファイルを転送するのはとても簡単ですが、もし大きなファイルがあれば、時間がかかり、転送速度がより遅くなります。

方法3.ネットワークケーブルを使用する

このパートでは、ネットワークケーブルを使用してWindows10からWindows11にファイルを移動する方法を示します。そのため、ソースコンピューターをターゲットコンピューターに接続するためのネットワークケーブル(CAT5はいい)を準備する必要があります。転送の中断を避けるために、接続が安定していることを確認してください。

手順 1. 2台のコンピューターをデータケーブルで接続した後、2台のコンピューターで次の手順を実行します。

コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有センター」>「共有の詳細設定の変更

ネットワークと共有センター

共有の詳細設定の変更

手順 2. 次の設定を見つけて、1つずつクリックし、「変更の保存」をクリックし、設定を保存します。

•「ネットワーク探索」の「ネットワーク探索を有効にする

•「ファイルとプリンターの共有」の「ファイルとプリンターの共有を有効にする

•「パブリックフォルダーの共有」の「共有を有効にして、ネットワークアクセスがある場合はパブリックフォルダー内のファイルを読み書きできるようにする

•「パスワード保護共有」の「パスワード保護の共有を無効にする

「ネットワーク探索を有効にする」

「パスワード保護の共有を無効にする」

手順 3. 転送したいフォルダーまたはファイルを選択して右クリックし、「アクセスを許可する」>「特定のユーザー」をクリックします。

「アクセスを許可する」>「特定のユーザー」をクリック

手順 4. 「共有する相手を選んでください」と表示されたら[Ⅴ]をクリックして「Everyoneを選択し、「追加」ボタンをクリックします。「Everyone」の右側「アクセス許可のレベル」で「Ⅴ」をクリックして、「読み取り/書き込みに設定し、「共有」をクリックします。

「読み取り/書き込み」に設定

手順 5. 「ネットワークアクセス」ウィンドウで、「ユーザーのフォルダーは共有されています。」と表示されますので「終了」ボタンをクリックして画面を閉じます。

ユーザーのフォルダーは共有されています

手順 6. ターゲットコンピューターで、ファイルエクスプローラーを開き、左側のメニューの「ネットワークに移動します。ソースコンピューターを2回クリックすると、アクセスする必要のあるフォルダーが表示され、2番目のPCに転送できます。

ネットワークに移動

この方法は、一度に共有できるフォルダーは1つだけです。フォルダーに多数のファイルがある場合は、時間がかかります。

方法4.WIFI経由を使用する

Windows10でWIFIを使用してファイルを転送する方法を示す前に、両方のコンピューターが同じWIFIに接続されていることと、WIFIが安定していることを確認してください。最初の3つの手順は、3番目の方法と同じです。

手順 1. ファイル共有ウィンドウで、このファイルまたはフォルダーのパスをコピーまたは入力して、ターゲットコンピューターに送信する必要があります。

手順 2. ターゲットコンピューターで、「Windows」と「R」を同時に押し、ソースコンピューターのフォルダーまたはファイルのパスを入力または貼り付けて、「OK」をクリックします。

来自源 PC 的文件夹路径

次に、共有フォルダーにアクセスし、ファイルをターゲットコンピューターに転送できます。

フォルダーまたはファイルが大きい場合は、しばらく時間がかかる場合があります。

方法5.「アプリ引っ越し」機能を備えたWindowsファイル転送ツールを使用する

ファイルを転送する方法を探しているだけの場合は、上記の4つの方法すべてを利用できます。ただし、インストールされているプログラムをあるPCから別のPCに転送する必要がある場合は、上記の4つの方法すべてが役に立たない場合があります。

しかし、心配しないでください!AOMEI Partition Assistant ProfessionalはンストールされているプログラムをあるPCから別のPCに転送するのに役立ちます。この「アプリ引っ越し」機能は、プログラムとアプリケーションを移動するだけでなく、プフォルダ(ドキュメント、ダウンロード、娯楽、音楽、写真、ビデオなど)も移行できます。

プログラムとアプリケーションを移動するとき、プログラムに関連するすべてのデータファイルを自動的に検索し、プログラムと一緒に移動することができます。再インストールにかかる時間を節約できます。別のPCで以前と同じように正常に機能します。さらに重要なのは、ユーザーが一度に複数のプログラムを転送できることです。これは非常に便利ですよね?

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

さあ、プログラムとフォルダをあるPCから別のPCに転送する手順を見てみましょう!

アプリを移行する場合:

手順 1. まず、外付けHDDをコンピューターに接続します。AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。メインウィンドウで、左側のメニューの「全てのツール」⇒「アプリ引っ越し」をクリックします。

アプリ引っ越し

手順 2. 新しいウィンドウで、「アプリを移動」を選択します。

2つのオプション

手順 3. 次の画面で、インストールされているプログラムの数と容量を含むパーティションのリストが表示されます。アプリケーションを移動するパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。

パーティションの選択

手順 4. 次のウィンドウで、選択したパーティション上のすべての移行可能なアプリが表示され、移動するアプリケーションと移動先を選択し、「移行」をクリックします。

アプリの選択

手順 5. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックして操作を実行します。

移行警告

フォルダを移行する場合:

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalを開き、左メニューの「すべてのツール」をクリックし、「アプリ引っ越し」を選択します。

アプリ引っ越し

手順 2. 新しいウィンドウで、「フォルダーを移動」を選択します。

フォルダーを移動

手順 3. 次に、移動するフォルダとその新しい場所を選択します。そして「移行」をクリックします。

移行

手順 4. 移動開始時に起動中のアプリケーションを強制的に終了することを確認するポップアップメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると処理が開始されます。

ポップアップメッセージが表示

次に、しばらく待つ必要があります。それが完了すると、すべてのフォルダが新しい場所に移動されます。

ほら!たっだいくつかのステップで、転送/移動プロセス全体を完了することができます。

最後

以上はWindows10からWindows11にファイルを転送する5つの方法に関することです。ご参考になれば幸いです。

その他、AOMEI Partition Assistant Professionalには、ダイナミックディスクからベーシックへの変換、SSDの完全消去、ディスククローン作成など多くの便利な機能もあります。Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この便利なツールを他のデバイスで使用する必要がある場合は、このツールのポータブル版を作成できます(この機能は、AOMEI Partition AssistantのUnlimited版とTechnician版でのみ使用できます)。