By Asher / 最後の更新 2021年12月01日

Windows11をインストールするにはどうすればいいか?

「Windows7でパソコンの動作が非常に遅くなりました。少し前に、Windowsの最新版Windows11がリリースされましたので、Windows11をインストールすることにしました。それを完了するには、USBフラッシュドライブを準備する必要があることを学びました。それでは、データを失うことなくUSBからWindows11をインストールするにはどうすればよいですか?私はコンピューター初心者で、システムインストールの経験がありません。誰か助けてもらえますか?」

windows-11

USBからWindows11をインストールする方法

Windows11は非常に優れているため、多くのユーザーがインストールしたいと思っていますが、インストール方法がわかりません。「Windows11のインストール方法」という質問に答える必要があります。実際、最も一般的な方法は、USBフラッシュドライブからWindows11をインストールすることです。これにより、データの損失を防ぐことができます。チュートリアルを読み始める前に、いくつかの準備を行う必要があります。

1)安定したネットワーク状態が必要です。

2)Windowsのインストールに十分な空きストレージスペースが必要です。

3)少なくとも8GBの空き容量があるUSBフラッシュドライブが必要です。USBフラッシュドライブに重要なファイルがある場合は、事前にバックアップを作成することをお勧めします。

第一歩:Windows11 USBインストールメディアを作成する

インストールメディアを作成するには、まずMicrosoftの公式Webサイトにアクセスして、メディア作成ツールをダウンロードする必要があります。

手順 1. USBフラッシュドライブをPCに接続し、オペレーティングシステムがそれを検出するのを待ちます。

メディア作成ツールをダウンロード

手順 2. ダウンロードが完了したら、exeファイルを開きます。

手順 3. Windows11のセットアップウィンドウで、適用される通知とライセンス条項が表示され、「同意する」をクリックします。

適用される通知とライセンス条項に同意

手順 4. 「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し、「次へ」をクリックします。

別の PC のインストール メディアを作成するを選択

手順 5. 言語やエディションを選択し、「次へ」をクリックします。

.言語やエディションを選択

手順 6. 使用するメディアを選択します。ここでは、「USBフラッシュドライブ」を選択します。「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブを選択

手順 7. 「リムーバブルドライブ」でUSBドライブを選択し、「次へ」をクリックします。Windows11のメディアの作成を開始します。

リムーバブルドライブでUSBドライブを選択

ダウンロードプロセスを開始

数分後、Windows11インストールUSBが正常に作成されます。

第二步:USBインストールメディアからWindows11をインストールする

Windows11インストールメディアを作成したら、そこから起動し、画面上のガイドに従って残りの手順を完了します。

手順 1. インストールUSBをPCに挿入し、再起動します。BIOSに入り、矢印キーを使用してUSBフラッシュドライブを最初のブートデバイスとして設定します。F10を押して設定を保存して、BIOSを終了します。

手順 2. コンピュータの電源を再度入れます。今度は、USBフラッシュドライブから起動します。

手順 3. しばらくすると、Windows11のセットアップウィンドウが表示されます。ここで、言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択する必要があります。終了したら、「次へ」をクリックして続行します。

言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択

手順 4. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

手順 5. プロダクトキーを入力します。プロダクトキーをお持ちでない場合は、「プロダクトキーがありません」をクリックしてください(★注意:プロダクトキーがない場合、Windows11の一部の機能が制限されます)。

プロダクトキーを入力

手順 6. インストールする予定のエディションを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 7. 「適用される通知とライセンス条項」で「Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

手順 8. 「アップグレード:Windowsをインストールし、ファイル、設定、アプリを引き継ぐ」を選択します。このオプションを選択すると、ほとんどのファイルとアプリを保持できるため、Windows11のインストール後にそれらを再ダウンロードまたは再インストールする必要がありません。

アップグレード:Windowsをインストールし、ファイル、設定、アプリを引き継ぐを選択

手順 9. Windows11のインストール場所を選択し、「次へ」をクリックします。これで、Windows11のインストールが開始されます。

Windows 11のインストール場所を選択

インストールが完了するまでに数分から数時間かかるので、我慢してください。終了したら、コンピュータが再起動します。

USBなしでWindows11をインストールするにはどうすればいいですか?Windows8またはそれ以前のバージョンではなく、現在Windows10を実行している場合は、データを失うことなく、Windows10をWindows11に直接アップグレードできます。「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」>「Windows11へのアップグレードの準備ができました」の順に選択してください。

Windows 11へのアップグレードの準備ができました

Windows11のポータブルUSBドライブを作成する方法

「Windows11のインストールに失敗しました」というエラーが発生する場合があります。または、Windows11のインストールが複雑すぎると思う場合もあります。そのため、USBフラッシュドライブからWindows11をインストールしたくない場合は、Windows11 To Go USBを試してみてください。

ここでは、強力なディスクの管理ソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このツールの「Windows To Go Creator」機能を使用して、簡単にポータブルUSBドライブを作成できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
事前準備:

13GB以上のUSBドライブを用意する必要があります。

Windows11 ISOファイルをダウンロードする必要があります。

USB上のすべてのデータが消去されるため、事前にバックアップを作成してください。

AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてください。

手順 1. USBをPCに接続し、AOMEI Partition Assistant Professionalを起動します。

手順 2. メインウィンドウで、「全のツール」をクリックして「Windows To Go Creator」を選択します。

Windows To Go Creator

手順 3. この画面で、「パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成」を選択して、「次へ」をクリックします。

パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成

手順 4. そして、「インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成」を選択して、フォルダーアイコンをクリックしてISOファイルを選択します。その後、「次へ」をクリックして続行します。

ISOファイルの指定

手順 5. USBフラッシュドライブを選択し、「続行」をクリックして作成を開始します(※詳細処理をクリックすると、作成したシステムの種類や起動モードを設定できます)。

続行

手順 6. データが消去される警告が出て、確認した後「はい」をクリックします。

完了

結論

データを失うことなくUSBフラッシュドライブからWindows11をインストールするにはどうすればよいですか?プロセスは複雑ですが、このチュートリアルでは最も明確な言葉で説明しました。同時に、Windows11のポータブルUSBドライブを作成する方法も説明しました。

実は、AOMEI Partition Assistant Professionalはほかの機能があります。例えば、OSの移行、SSDの安全消去、ブータブルCD/USBの作成など。Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。