By Asher / 最後の更新 2022年08月09日

Windows 11のインストール要件

Windows 11が10月5日に正式にリリースされました。一部の人はすでにアップグレードしており、一部の人はまだ待っています。これは、Windows11のハードウェア要件が一部の古いデバイスに対応するのが容易ではないためです。

要件

なぜSSDにWindows 11をインストールするか?

既存の情報と多くの側面を組み合わせると、Windows 11には厳しいシステム要件があります。SSDはHDDと比較して、SSDはより良いエクスペリエンスを得て、Windows 11システムディスクとして設定するのにも適しています。

SSDをシステムディスクとして設定する利点

より良い書き込み速度:HDDとは作業方法が異なるため、SSDはシステムの起動速度とデータの読み取りおよび書き込み速度を高速化します。これにより、起動時間とロード時間が短くなります。SSDの読み取り速度はHDDの最大10倍、書き込み速度はHDDの最大20倍です。

優れたパフォーマンス:SSDは、コンポーネント、容量などの物理的条件から、熱や消費電力、騒音、書き込み速度などの動作性能まで、HDDより優れた性能を持っています。

Windows 11をインストールするための新しいSSDを準備する

これまで、ブートディスクとしてのM.2NVMeは、多くのユーザーにとってお気に入りの選択肢かもしれません。これは、M.2NVMeの帯域幅が10GB/Sに達する可能性があり、そのに対し、M.2 SATA SSDは600MB/Sにしか到達できないからです。デバイスの状況に応じて適切なSSDを選択できます。

Windows 11のシステム要件により、OSはUEFIとセキュアブートのみをサポートします。ユーザーはSSDをGPTパーティションテーブルに初期化する必要があります。

ステップ 1. PCケースを開き、新しいSSDをSSDスロットに挿入します。

ステップ 2. コンピューターを起動し、「Windows」+「R」を押し、「diskmgmt.msc」と入力してディスクの管理を開きます。

ステップ 3. SSDを右クリックし、「ディスクの初期化」を選択し、「GPT(GUIDパーティションテーブル)」を選択し、「OK」をクリックして選択内容を保存します。

初期化

ヒント:ほかのMBRパーティションスタイルのSSDがあり、それを使用したい場合は、インストールする前にGPTテーブルに変換する必要があります。

Windows 11をSSDにインストールするにはどうすればいいか?

SSDを初期化したら、新しいSSDにWindows 11をインストールする方法を見てみましょう!ここでは、2つの方法を紹介します。

方法1.Windows 11をSSDに移行する

これは、Windows 11を別のデバイスにインストールしていて、SSDに移動したいユーザー向け方法です。たとえば、Windows 11をHDDまたは小さなSSDにインストールしたが、OSを新しい/より大きなSSDに移行して、Windows 11を正常に起動可能にします。

OSを移行し、正常に起動できるようにすることは、多くの人にとって簡単なことではありません。注意が必要なことがたくさんあります。したがって、プロのサードパーティツールを選択することをお勧めします。AOMEI Partition Assistant Professionalは素晴らしいツールです。その「OSをSSDに移行」機能は、すべてのOSファイルをターゲットディスクに移動するだけであり、再インストールを心配することなく、スムーズに起動できるようにします。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。左側のメニューの「OSをSSDに移行」をクリックします。ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. ターゲットディスクとしてSSDを選択します。

移行先のSSD

ステップ 3. 両方向矢印をドラッグするか、ボックスに具体的なサイズを入力して、新しいドライブでシステムパーティションをリサイズできます。ドライブ文字を変更することもできます。

システムパーティションを編集

ステップ 4. SSDからOSを起動する方法についての説明が表示され、注意が必要です。

注意点

ステップ 5. 「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

適用

その後、コンピュータをシャットダウンし、再起動してBIOSに入り、スタートアップ設定を変更できます。

方法2.USBドライブからWindows 11をSSDにインストールする

事前準備:

◗1.13GB以上の容量のUSBを準備し、USBが空であること、またはファイルのバックアップを作成したことを確認してください。

◗2.クリーンインストールが必要な場合は、Windows 11 ISOファイルをダウンロードします。

◗3.起動可能なWindows 11インストールUSBメディアを作成します。

ステップ 1. インストールUSBメディアをPCに挿入し、コンピュータを起動し、BIOSに入り、このUSBを最初のブートドライブとして設定します。F10を押して設定を保存して、BIOSを終了します。

ステップ 2. コンピュータの電源を再度入れます。今度は、USBフラッシュドライブから起動します。

ステップ 3. しばらくすると、Windows 11のセットアップウィンドウが表示されます。ここで、言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択する必要があります。終了したら、「次へ」をクリックして続行します。

言語、時間と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を選択

ステップ 4. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

ステップ 5. プロダクトキーを入力します。プロダクトキーをお持ちでない場合は、「プロダクトキーがありません」をクリックしてください(★注意:プロダクトキーがない場合、Windows11の一部の機能が制限されます)。

プロダクトキーを入力

ステップ 6. インストールする予定のエディションを選択し、「次へ」をクリックします。

オペレーティングシステム

ステップ 7. 「適用される通知とライセンス条項」で「Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

ステップ 8. 「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択します。

クリーンインストール

ステップ 9. システムディスクとしてSSDを選択し、「次へ」をクリックします。これで、Windows11のインストールが開始されます。

Windows 11のインストール場所を選択

インストールが完了するまでに数分から数時間かかるので、我慢してください。終了したら、コンピュータが再起動します。

ステップ 10. BIOSに入り、SSDをブートドライブとして設定します。

「ブート」をクリックして、「UEFIハードディスク」をクリックしてブートドライブとして設定します。

UEFI 起動順位

起動画面

変更を保存して終了すると、PCはWindows 11で再起動します。

最後

この詳細な完全ガイドで、Windows 11をSSDに正常にインストールし、新しいOSを楽しむことができることを願っています。

AOMEI Partition Assistantは、OSを移行して起動可能なメディアを作成できるだけでなく、強力な多機能ディスクマネージャーとして、MBRシステムディスクをGPTに変換し、ディスクをクローンし、インストールされたプログラムを別のドライブ/ディスクに移動して空き領域を解放することもできます。2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。