By Asher / 最後の更新 2021年12月02日

MBRとは?

MBR(マスターブートレコード)は、HDD/SSDにデータを保存するために使用される古いディスクパーティションスタイルです。ディスクの初期化時にMBRパーティションスタイルを選択した場合、ハードディスクの最大サイズはMBRパーティションスタイルによって決定されます。

MBRディスクは、4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティション+1つの拡張パーティションにのみ分割できます。MBRの最大ディスクサイズは2TBです。ハードディスクが2TBを超えると、ディスクの管理で余分な部分が「未割り当て」として表示されます。また、ファイルエクスプローラーで表示およびアクセスすることはできません。

mbrの基本構造

なぜMBRディスクが2TBに制限されているのか?

ハードディスクで使用されている現在のサイズの標準は512バイトです。したがって、ここでは、512バイトのセクタを例としてMBRの最大サイズを計算します。

MBRでは、ディスクのサイズ制限はアドレス指定ビット数に関連しており、MBRのストレージアドレス指定は32ビットです。したがって、ハードディスクのアドレス範囲は2^32=4Gに等しくなります。ストレージデバイスの容量を決定するには、デバイス内の論理セクターの数に、各論理セクターのサイズを乗算します。したがって、MBRディスクの容量は4G*512バイト=2TBです。

32ビットを使用して表現できる最大最大アドレス範囲は4,294,967,295(約4G)で、512バイトのセクター(約2.2TB)を使用すると、容量は2.199TBに変換されます。したがって、2TBのバリアは、この32ビットの制限の結果であることがわかります。

どうやってMBRディスクのサイズ制限を破るか?

前の部分の内容から見ると、MBRの最大ディスクサイズの結論に達しました。「MBRディスクには2TBのサイズ制限があるので、2TBより大きいハードディスクを使用する方法はありますか?」と思われるかもしれません。心配しないでください。別のパーティションスタイルを紹介します。

GPT(GUIDパーティションテーブル)は、新しいパーティションスタイルです。サイズ制限がないだけでなく、理論上無制限にパーティション分割することができます。MBRとGPTの主な違いは次のとおりです。

☞MBRディスクは、4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティション+1つの拡張パーティションにのみ分割できます。MBRの最大ディスクサイズは2TBです。GPTには、パーティションとハードディスク容量に関する制限はありません(Windowsは最大128のパーティションをサポートします)。
☞GPTと比較して、MBRハードディスクはWindowsシステムとの互換性が優れています。
☞MBRディスクはBIOSによって起動され、GPTはUEFIによって起動されます。
☞GPTディスクには、パーティションデータ構造の整合性を向上させるための冗長プライマリバックアップパーティションテーブルがあります。

GPTにはサイズ制限がないため、より多くのスペースを確保するために、MBRパーティションスタイルをGPTに変換する必要があります。GPTパーティションスタイルは、徐々に主流になります。Microsoftの新しくリリースされたWindows11は、Windows11にアップグレードする場合、Windows11はUEFIから起動する必要があることを明確に示しています。これには、システムディスクがGPTディスクである必要があります。

GPTに変換してMBRディスクのサイズ制限を破る方法

MBRをGPTに変換するには、信頼できるソフトウェアが必要です。AOMEI Partition Assistant Professionalを使用することをお勧めします。データを失うことなくディスクをMBRからGPTに変換でき、変換されたディスクは正常に使用できます。さらに重要なのは、操作が非常に簡単で、変換を成功させるには、3つの簡単な手順しか必要ないため、強くお勧めします。

さらに、ハードディスクのファイルシステムをNTFSからFAT32に変換したり、プライマリパーティションを論理ドライブに変換したりする場合は、それを解決することもできます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
注意:システムディスクをMBRからGPTに変換する場合は、マザーボードがUEFIブートモードをサポートしていることを確認してください。サポートされていない場合、コンピューターは正常に起動しません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして実行します。MBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 「はい」をクリックし、操作を確認します。

GPTディスクへの変換を確認

ステップ 3. 「適用」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクへの変換を適用

これで、MBRがGPTに正常に変換されました。変換するディスクはデータディスクである場合、そのままご利用いただけます。変換するディスクはシステムディスクである場合、変換後にBIOSをUEFIに変更する必要があります。

要約

これは、MBRの最大ディスクサイズを破るプロセス全体です。AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、すべてが簡単になります。Windows Serverで使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverにアップグレードしてください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。