By Asher / 最後の更新 2021年12月16日

GPTとWindows 11のアップグレード

Windows 11はWindowsファミリーの最新OSであり、以前のシステムからのアップグレードを希望するユーザーはUEFIブートモードが必要であることを既にご存知だと思います。GPTはMBRとは異なるパーティションスタイルです。GPTディスクの場合は、ユーザーは2TBより大きいストレージスペースのディスクを十分に利用でき、MBRよりも多くのプライマリパーティションをサポートします。さらに、Windows 11にアップグレードする場合は、UEFIブートモードと一致するように、GPTディスクをシステムディスクとして設定する必要があります。

windows-11

MBRシステムディスクをGPTディスクに変換するために、Windowsには「MBR2GPT」と呼ばれる組み込みツールがあります。一部のユーザーにとっては、少し馴染みがないかもしれません。このツールについては、次のパートで詳しく説明します。

MBR2GPTについて

以下の内容はMBR2GPTツールの概念、機能と使用するときの注意事項を紹介します。

MBR2GPT.EXE

▶1.MBR2GPTツールとは?

MBR2GPT.EXEは、ディスク上のデータを変更または削除せずに、ディスクをマスターブートレコード(MBR)からGUIDパーティションテーブル(GPT)パーティションスタイルに変換します。このツールは、Windowsプレインストール環境(Windows PE)のコマンドプロンプトから実行できるように設計されていますが、/allowFullOSオプションを使用することで、完全なWindows 10オペレーティングシステム(OS)から実行することもできます。

MBR2GPT.EXEは、Windows 10 Version 1703(Creators Updateとも呼ばれる)以降を実行しているWindows 10コンピューターのWindows\System32ディレクトリにあります。

▶2.MBR2GPTツールの機能

✪データを失うことなく、システムディスクをMBRからGPTに変換できます。

✪BitLocker暗号化ボリュームのMBRディスクを変換できます。

✪以前のバージョンのWindows10(バージョン1507、1511、および1607)がインストールされたオペレーティングシステムディスクを変換できます。

✪EFIシステムパーティションを作成できます。

▶3.いくつかの注意事項

⑴MBR2GPT.EXEはシステムディスクのみを変換できます。非システムディスクをMBRからGPTに変換することはできません。

⑵ターゲットMBRには3つのパーティションしかありません。

⑶BitLockerで暗号化されたボリュームディスクの場合、保護が一時停止された後、変換を実行できます。変換した後にBitLockerを再開するには、既存の保護機能を削除して再作成する必要があります。

⑷Windows 10のバージョン1507、1511、1607などの以前のバージョンがインストールされている場合、バージョン1703以降のWindows 10を起動してツールを実行し、オフライン変換を実行する必要があります。

MBR2GPTツールはWindows 10バージョン1703以降でのみ使用され、Windows 7、8、または 8.1などWindowsの以前のバージョンがインストールされたシステムディスクのオフライン変換は、正式にはサポートされていません。それらのディスクの推奨される変換方法は、まずオペレーティングシステムをWindows 10にアップグレードして、次にMBRからGPTへの変換を行うことです。

MBR2GPTでGPTディスクに変換する方法

MBR2GPTを使用してGPTディスクに変換し、Windows11をアップグレードするためのシステム要件を準備します。次は、ディスクがこの便利なツールのすべての要件を満たしている場合は、その使用方法を見てみましょう。

ヒント:始める前に、お使いのデバイスがUEFIモードに対応していることを確認してください。

MBRからGPTへのディスク変換プログラムはWindows PE完全なOS環境の両方で使用できますが、コマンドラインは異なります。

Windows PEでは、「mbr2gpt /convert /disk:n」を入力する必要があります(nはシステムディスクの番号です)。

完全なOS環境では、「mbr2gpt /convert /disk:n /allowfullOS」を入力する必要があります。

使用 MBR2GPT

変換した後、PCを再起動して、ブートモードをレガシーBIOSからUEFIに変更します。

ただし、MBR2GPTを使用するとき、ユーザーは以下のエラーに遭遇する可能性があります。

エラー1:「MBR2GPT validation failed(MBR2GPT.exeの認証に失敗しました)」

MBR2GPT.exeの認証に失敗しました

エラー2:「MBR2GPT.EXE has stopped working(MBR2GPT.EXEは動作を停止しました)」

MBR2GPT.EXEは動作を停止しました

エラー3:「Cannot Find OS Partition(ディスク0のOSパーティションが見つからない)」

MBR2GPT.exeはOSパーティションを見つけることができません

MBR2GPTツールを使用しようとするときに、これらのエラーを解決するにはどうすればいいでしょうか?心配しないでください。ここでは、MBR2GPTツールの最良の代替を紹介します。このソフトウェアは前述のエラーを完全に解決できます。

MBR2GPTツールの最良の代替でGPTディスクに変換する方法

AOMEI Partition Assistant Professionalは、信頼性が高く強力なパーティション管理ソフトであり、「GPTディスクに変換」機能を備えています。以下はMBR2GPTの代わりにこのツールを使用する理由です。

すべてのWindowsシステムをサポート:32ビットおよび64ビットのWindows 11/10/8/8.1/7/XP/Vistaに対応できます。Windows Serverユーザーは、AOMEI Partition Assistant Serverバージョンを選択できます。

データを失うことなくシステムディスクとデータディスクをMBRからGPTに変換できます。

◤変換を完了するのにわずか3ステップが必要です。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。システムディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. 次のウィンドウで、「はい」をクリックして操作を確認します。

MBRからGPTへの変換を確認する

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

その後、コンピュータを再起動してブートモードを変更します。

选择启动模式

最後

ディスクがMBR2GPTのすべての要件を満たしている場合、MBR2GPTは優れたツールです。ただし、システムディスクと非システムディスク間の変換を計画していて、Windowsのバージョンやパーティションの数による制限を受けたくなく、およびデータを失いたくない場合は、AOMEI Partition Assistantを選択することをお勧めします。

さらに、再インストールせずにOSを移行し、ディスクのクローンを作成し、Windows to Go USBを作成するなど、ディスクの管理に役立つその他の便利な機能があります。