By Akira / 最後の更新 2022年11月07日

実例:Windows 11でCドライブを拡大できますか?

 

最近、ノートパソコンの動作が極端に遅くなることに気づきました。ディスクの状態を確認したところ、Cドライブの空き容量が少なくなっていることがわかりました。パソコンのパフォーマンスを向上させるために、Cドライブを拡大したいですが、それを実行する方法がわかりません。何か関連するツールはありますか?

あるユーザーからの質問

Windows 11でパーティションのサイズを変更する理由

Windows 11ユーザーの場合、さまざまな目的でパーティションサイズを変更する必要がある場合があります。

たとえば、Windows 11を初めてインストールするときに、パーティションが1つしかないことに気付く場合があります。インストール後、追加のパーティションを作成するためにドライブのサイズを変更する必要があります。

または、時間の経過とともに、Windows 11のCドライブは、より多くのアプリをダウンロードしてインストールするにつれて小さくなる可能性があります。Cドライブがいっぱいになると、システムクラッシュや黒い画面などの問題が発生する可能性があります。そのとき、Windows11でパーティションのサイズを変更する必要があります。

windows 11

Windows 11でパーティションサイズを変更する方法

次は、Windows11でパーティションサイズを変更する3つの異なる方法について説明します。

方法 1. サードパーティソフトでパーティションサイズを変更

ディスクパーティションのサイズを適切に変更するサードパーティのソフトウェアはたくさんあり、どちらを選択すればよいかわからないために戸惑うこともあります。ここでは、最高なディスク&パーディションマネージャーAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。これは、それらの中で最も優れています。

数回クリックするだけで縮小または拡大することで、パーティションのサイズを変更できます。100%安全なので、データの損失を心配する必要はありません。さらに、パーティションクローン、パーティションスタイル形式の変更など、他の多くの便利な機能が提供されます。

Windows 11でパーティションのサイズを変更するには、この強力なディスクマネージャーを無料でダウンロードして試してみてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

パーティションを縮小

未割り当ての領域を確保するためなど、特定の目的のためにパーティションを縮小する必要がある場合があります。ここでは、最も簡単な方法でそれを行う方法を見てみましょう。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardをインストールし、起動します。ホームインタフェースは、すべてのハードディスクとパーティションの情報を表示します。

ステップ 2. ターゲットパーティションを見つけ、それを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 3. ポップアップウィンドウで、右にドラッグしてパーティションを縮小します。次に、「はい」をクリックします。

パーティションを縮小

ステップ 4. 「適用」をクリックして保留中の操作を表示し、「続行」をクリックします。

続行

パーティションを拡張

AOMEI Partition Assistantは、2つの異なるケースでパーティションを拡大する方法を提供します。

パート1:サイズを変更して拡張する

この方法は、パーティションの両側に未割り当てのスペースがある場合にのみ適用できます。

ステップ 1. 拡張するパーティションを見つけて右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 2. ドラッグして拡大する必要なサイズを入力して「はい」をクリックします。

サイズを入力

注意:パーティションを拡張する場合は、パーティションの左側または右側に未割り当て領域があることを確認してください。

ステップ 3. その後、メインコンソールに戻り、パーティションをプレビューできます。「適用」をクリックして操作を完成します。

適用

パート2:パーティションを結合して拡張する

未割り当て領域と対象パーティションが連続していない場合、それらを結合することでパーティションを拡張することができます。

ステップ 1. 未割り当てのスペースを右クリックして、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、ターゲットパーティションにチェックマークを付け、「はい」をクリックします。

ターゲットパーティション

ステップ 3. 仮想結果を確認します。問題なければ「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

方法 2. Diskpartでパーティションサイズを変更

Diskpartユーティリティを使用してパーティション容量を増減することもできます。詳細な手順は次のとおりです。

ステップ 1. Windows+Rを同時に押し、「diskpart」と入力して「OK」をクリックします。

ステップ 2. 「list disk」と入力してEnterキーを押します。

ステップ 3. 「select disk n」と入力し、Enterキーを押します。(nは、サイズを変更するパーティションを保持する番号です。)

ステップ 4. 「list partition」コマンドを実行します。

ステップ 5. 「select partition m」コマンドを実行します。(mは、拡張または縮小する必要のあるディスクの数を示します。)

cmd

パーティションを拡張するには、「extend size = x」と入力し、Enterキーを押します。(xは、パーティションに追加するMB単位のサイズです。)

パーティションを縮小するには、「shrink desired = x」と入力し、Enterキーを押します。(yは、パーティションを縮小するMB単位のサイズです。)

注意:パーティションを拡張するには、拡張されるパーティションの背後に連続した未割り当て領域が存在することを確認してください。そうしないと、パーティションを拡張できません。

方法 3. ディスクの管理でパーティションサイズを変更

Windows 11でパーティションのサイズを変更するもう1つのWindows組み込みツールは、ディスクの管理です。このユーティリティを使用すると、ディスクのサイズ変更、ディスクのフォーマット、ディスクの削除など、さまざまな操作を実行できます。次の手順でパーティションサイズを変更します。

ステップ 1. Windows+Rを押し、「diskmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押してディスクの管理を開きます。

ステップ 2. ディスクの管理で、拡張または縮小するパーティションを右クリックします。

ステップ 3. ポップアップメニューで、「ボリュームの拡張」または「ボリュームの縮小」を選択し、ウィザードに従って操作を完了します。

ディスクの管理

ヒント:
拡張するパーティションの背後に隣接する未割り当て領域がない場合、拡張ボリュームはグレー表示されます。
空き容量がある場合でも、移動できないファイルからCドライブを縮小できない場合があります。

結論

Windows 11でパーティションのサイズを変更する方法は以上です。上記の投稿では、3つの実用的なツールが推奨されています。DiskPartとディスクの管理はどちらもWindows11の組み込みプログラムユーティリティであり、いくつかの利点があります。ただし、どちらにもいくつかの制限があります。すべてを簡単にしたい場合は、最初の方法を試してみてください。

AOMEI Partition Assistant Standardは、数回クリックするだけで手間をかけずにパーティションのサイズを変更でき、制限もありません。また、このプログラムには、空き領域の割り当てやパーティションの分割など、他にも多くの機能があります。ただし、それらの機能を使用するには、Professional版にアップグレードする必要があります。