By Asher / 最後の更新 2022年05月09日

Windows 11のシステム要件

Microsoftは2021年の6月に、Windows 11の発売を正式に発表しました。ユーザーが自分のコンピュータでWindows 11をアップグレードするために必要な準備を理解できるように、「PC正常性チェック」と呼ばれるプログラムが特別にリリースされました。また、これはWindows 11に特定の要求があることも示しています。

windows-11

多数のテストフィードバックを収集した後、Microsoftはコンピュータハードウェアの制限を適切に緩和し、最小システム要件を満たしていないコンピュータがInsider ProgramでWindows 11を実行できるようにしました。でも、Windows 11が正式にリリースされた後、Windows 11をアップグレードしたい場合は、CPU、メモリ、ストレージ、システムファームウェア、TPM、グラフィックカード、モニター、インターネット接続、MSAなどの最小システム要求を満たす必要があります。

CPU:1GHz以上で2コア以上の互換性のある64ビットプロセッサーまたはシステムオンチップが必要です(Intelプラットフォームの場合は、第8世代インテルCoreプロセッサー以上が必要ですが、一部のハイエンドの第7世代インテルCore プロセッサーもサポートしています。AMDプラットフォームの場合は、Ryzen 2以上が必要です。Qualcommプラットフォームの場合、Snapdragon 7c以上が必要です)。

メモリ:4GBのRAM

ストレージ:64GB以上のストレージデバイス

システムファームウェア:セキュアブートをサポートするUEFI

TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM2.0)

グラフィックカード:DirectX12以上のバージョンあるいは上位バージョンのWDDM2.0ドライバーに支持

ディスプレイ:画面解像度720P、9インチ以上の対角線のサイズ、8ビット以上の各カラーチャネル

インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows 11 HomeのセットアップにはMicrosoftアカウントとインターネット接続が必要です(Windows 11のすべてのバージョンの更新、ダウンロード、および特定の機能の使用には、インターネットへのアクセスが必要です。さらに、Windows 11の特定の機能を使用するには、Microsoftアカウントも必要です)。

Win11を更新するときに、Microsoftがシステム要件の緩和は主にCPU側にあることがわかります。正確に言えば、Intel Core XシリーズとZhiqiangWシリーズのサポートが緩和されました。同時に、自社のSurface Studio 2で使用されているIntel Core7820HQ Studio 2もサポートリストに入っています。唯一の後悔は、第1世代AMD RyzenがWindows 11のCPUサポートリストに載っていないことかもしれません。

Windows 11の最小要件を満たす必要があるのはなぜか?

実際に、最小システム要件を満たしていないコンピュータにWindows 11をインストールする方法はいくつかありますが、これによりWindows 11の動作に問題が発生する可能性があります。これは、Windows 11のアップグレードが最小システム要件を満たす必要がある理由も説明しています。最小システム要件が満たされていない場合、安定性に影響するだけでなく、セキュリティと互換性にも影響します。

安定性

Microsoftが収集したテストデータによると、最小システム要件を満たさずにWindows 11を強制的にアップグレードすると、アップグレードされたデバイスのカーネルモードクラッシュの回数が52%増加します。また、最小システム要件を満たすデバイスでWindows 11を実行すると、99.8%のクラッシュのないエクスペリエンスを実現できます。

セキュリティ

Windows 11がハードウェア要件を大幅に調整した理由も、セキュリティ上の考慮事項によるものです。近年、世界でサイバー攻撃は徐々に増加しています。Microsoftは、世界で8兆2000億のmicrosoft脅威インテリジェンスを収集し、英国のサイバーセキュリティセンターやカナダのサイバーセキュリティセンターなどの専門家の意見を総合した上で、Windows 11のセキュリティデフォルト構成を改善し、Windowsセキュリティのベースラインをさらに向上して、増え続ける情報セキュリティリスクに対処します。

互換性

近年、コンピュータでビデオ会議およびゲームを使用する人が増えています。Windows 11のデバイスがこれらのニーズを確実に満たすことができるように、Microsoftはハードウェアの互換性を向上させるための最小システム要件を設定しています。つまり、Microsoftは、最小システム要件を満たしていれば、ビデオ会議とゲーム関連のアプリケーションを快適に使えるようにするための新しいベンチマークを確立しました。

コンピュータでWindows 11を正常に実行されていることを確認するには、最小システム要件を満たしている必要があります。では、要件を満たしていないコンピュータはどのようにアップグレードすればいいですか?これは、多くの人が聞きたい質問です。次に、Windows 11の最小システム要件を満たす方法を説明します。

Win 11の最小システム要件を満たすにはどうすればいいか?

Windows 11の最小システム要件には、CPU、メモリ、ストレージ、システムファームウェア、TPM、グラフィックカード、モニター、インターネット接続/Microsoftアカウントの8つの側面が含まれます。その中でCPUアーキテクチャCPU互換性CPUのコア数CPUのクロック周期数DirectX+WDDM2メモリおよび使用可能なディスク容量が重要な内容です。次に、各内容を個別に紹介し、各内容の更新方法を理解して、Windows 11の最小システム要件を確実に満たすことができるようにします。

Windows11の最小システム要件

1.CPUの更新

CPUはコンピュータの最も核心的な構成要素、Windows 11をアップグレードするための必須要件でもあります。お使いのコンピュータがIntel Core第6世代以下、または第1世代AMD Ryzenの場合は、Windows 11の最小システム要件を満たすようにCPUを更新する必要があります。次に、CPUアーキテクチャ、互換性、コア数、およびクロック周期数を個別に紹介して、正しい方法でCPUをアップグレードします。

CPUアップデート

アーキテクチャ(CPU+OS)

64ビットアーキテクチャは、CPUとオペレーティングシステムが一度に64ビットのデータを扱えることを意味します。

詳細には、64ビットアーキテクチャのCPUとは、64ビット処理テクノロジを使用するCPUを指します。つまり、CPU GPRs(General-Purpose Registers)のデータ幅は64ビットであり、理論的には1,700万TBの処理量に実現し、優れた性能を提供します。64ビットオペレーティングシステムは64ビットプロセッサに基づいており、その性能の優位性を最大限に活用して、最高のマルチメディアコンテンツ処理パフォーマンスを実現します。

Windows 11の最小システム要件の中で、64ビットアーキテクチャは厳しい条件です。つまり、コンピュータのオペレーティングシステムが32ビットの場合は、Windows 11をインストールする前にハードドライブをフォーマットする必要があります。コンピュータのCPUが32ビットの場合は、CPUを交換する必要があります。コンピューターのCPUとOSの両方が64ビットアーキテクチャになってから、Windows11をアップグレードするための最小システム要件を満たすことができます。

CPUの互換性

コンピュータにインストールされているCPUの型番を指します。数か月前、MicrosoftはCPU互換性リストを含む詳細なWindows 11の最小システム要件を発表しましたが、一連のテストの後、Microsoftは互換性リストにいくつかの調整を行いました。主なターゲットはIntelプラットフォームです。以下ではWindows 11のCPU互換リストを簡単に紹介します。

✎...:コンピュータのCPUがIntelプラットフォームの場合、Windows 11の互換モデルは以下の通りです。
Intel Core Xシリーズ、Intel Core 7820HQを含むZhiqiangWシリーズ
Intel 第8世代デスクトップおよびモバイルプロセッサー(Coffee Lake、Whisky Lake、Amber Lake)
Intel第9世代デスクトッププロセッサ(Coffee Lake Refresh)
Intel第10世代デスクトップおよびモバイルプロセッサ(Comet Lake、Ice Lake、Amber Lake)(Coffee Lake Refresh)
Intel第11世代デスクトップおよびモバイルプロセッサ(Tiger Lake)
✎...:コンピュータのCPUがAMDプラットフォームの場合、Windows 11の互換モデルは以下の通りです。
AMD Ryzen 2000シリーズデスクトッププロセッサ(Zen+、Zen)
AMD Ryzen 3000シリーズデスクトップおよびモバイルプロセッサ(Zen 2、Zen+)
AMD Ryzen 4000シリーズデスクトップおよびモバイルプロセッサ(Zen 2)
AMD Ryzen 5000シリーズデスクトップおよびモバイルプロセッサ(Zen 3)
Intel第11世代デスクトップおよびモバイルプロセッサ(Tiger Lake)

IntelおよびAMDで使用されているx86/x64アーキテクチャとは異なり、QualcommプロセッサはARMアーキテクチャを使用しています。Windows 11の互換モデルは以下の通りです。

Snapdragon 850(キンギョソウ 850)
Snapdragon 7c(キンギョソウ 7c)
Snapdragon 8c(キンギョソウ 8c)
Snapdragon 8cx(キンギョソウ 8cx)(第2世代)
Microsoft SQ1
Microsoft SQ2

Windows 11の互換性も厳しい要件です。スムーズにアップグレードするには、コンピュータのCPUが互換性リストに含まれている必要があります。そうでない場合は、互換性リストに従ってCPUを更新してください。

CPUのコア数

簡単に言えば、「コア数」はCPUの殻の中に入っている中央処理ユニット(CPU、頭脳)の数です。CPU上でデータを処理するチップの数は固定されています。物理コアの数はカーネルとも呼ばれます。シングルコアはCPUに1つのコアしかないことを意味し、デュアルコアはCPUに2つのコアがあることを意味します。

Windows 11の最小システム要件の中で、Windows 11を正常にアップグレードするには、2つのコア以上の要件を満たす必要があります。しかし、心配しないでください。現在、市場にはシングルコアCPUはほとんどありません。お使いのコンピュータのCPUが互換性リストに含まれている場合は、コンピュータのCPUがデュアルコア以上であることを意味します。コンピュータのCPUがデュアルコア以上の要件を満たせない場合は、CPUを直接交換することをお勧めします。

CPUのクロック数(クロック周波数)

クロック数はクロック周波数とも呼ばれ、CPUが処理を行う際に発する信号を扱う速さで、「Hz(ヘルツ)」という単位で表されます。この数値が高いと、同じ時間内により多くの処理を行うことができる、ということになります。つまり、クロック周波数の高低は、CPUの速度の速さを大きく反映しています。

Windows 11の最小システム要件の中で、Windows 11をスムーズにアップグレードするには、1GHzを超えるクロック周波数の要件を満たす必要があります。しかし、心配しないでください。現在、市場にはクロック周波数が1GHz以下のCPUは既に存在しません。お使いのコンピュータのCPUが互換性のあるリストに含まれている場合は、コンピュータのクロック周波数が1GHz以上である必要があることを意味します。コンピュータのCPUが1GHz以上のクロック周波数を満たすことができない場合は、CPUを直接交換することをお勧めします。

2.メモリの更新

メモリは、コンピュータの重要なコンポーネントの1つであり、「内部メモリ」およびメインメモリとも呼ばれます。主にCPUの演算データを一時的に保存し、ハードディスクなどの外部メモリとデータを交換するために使用されます。CPUと外部ストレージとの橋渡しとして、メモリはコンピュータ全体的動作速度に影響を与えます。

メモリの更新

現在、市場に出回っている主流のメモリサイズはDDR4 8GBですが、Windows 11の最小システム要件は4GB以上であり、ほとんどコンピュータはメモリのボトルネックに遭遇しないと言えます。コンピュータが古く、メモリ要件を満たしていない場合は、マザーボードのメモリが容量を拡張できることを確認した後、4GBまたは8GBのメモリースティックを直接購入し、インストールして、最小要件を満たすことができます。

3.ストレージの更新

Windows 11に必要な最小使用可能なディスク容量は64GB以上であり、通常の状況で満たすことができますが、Windows 10からWindows 11に直接アップグレードする場合、Cドライブの空き領域は30GB以上であることを確保する必要があることに注意してください。

「Windows+E」キーのを押して、「コンピュータ」を開くと、Cドライブの合計サイズと使用可能な領域を確認できます。

コンピュータのCドライブに十分な容量がない場合はどうすればよいですか?この問題は、Cドライブの容量を拡張したり、システムディスクを移行したり、他のアプリケーションを移行したりして解決できます。操作手順を簡単にするために、ここではプロのディスクの管理ツールAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。Cドライブの容量を拡張する場合でも、システムディスクを移行するまたは他のアプリケーションを移行する場合でも、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用できます。操作が簡単で多くの機能も備えて、試してください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

Cドライブを拡張する

DドライブまたはEドライブに多くの空き領域があるが、Cドライブに容量不足の警告がある場合、この機能により、ユーザーは1つのパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てることができます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動して、割り当てるパーティションを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。ここでは、Eパーティションをソースパーティションとしてを選択します。

空き領域を割り当てる

手順 2. 次に、ポップアップウィンドウが表示されます。Eパーティションからカットする空き領域のサイズを入力すると、この空き領域が直接に宛先パーティションに追加されます。

空き領域のサイズを入力

手順 3. 開始を確認する前に、結果をプレビューすることができます。この操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。ポップアウトウィンドウで、この操作を完了する時間が表示ます。また、途中にエラーが発生しないように、「実行する前に、チェックする」オプションをクリックしてください。デフォルトでは、このオプションがチェックされています。

確認

手順 4. 終了するまで待ちます。次に、プログラムを閉じて終了します。

システムディスクを移行する

Cドライブの拡張に加えて、システムをより大い容量のディスクまたはパーティションに移行して、より多くの空き領域を取得できて、Windows 11へのアップグレードの準備をすることもできます。

手順 1. 大きい方のディスクをパソコンに接続します。メインインターフェイスで「OSをSSDに移行」をクリックします。

OSをSSDに移行

手順 2. 次に、ターゲットディスク上のパーティションまたは未割り当て領域を選択する必要があります。「次へ」をクリックします(未割り当て領域がなければ、「私は、ディスク2上のすべてのパーティションを削除して、ディスクにシステムを移行したいんです」にチェックを入れます)。

SSDドライブの未割り当て領域を選択

手順 3. このウィンドウで、新しいディスク上のパーティションのサイズ、ドライブ文字などを変更でき、「次へ」をクリックしてください。

パーティションのサイズを調整

手順 4. オペレーティングシステムの起動に関する注意事項を読んだ後、「完了」をクリックします。そして、「適用」→「続行」をクリックし、操作が終了するまで待ちます。

起動に関する注意事項

適用

オペレーティングシステムを移行した後、BIOSに入り、起動設定を変更して、移行先のディスクからコンピュータを起動します。

アプリケーションを移行する

Cドライブの拡張とシステムドライブの移行に加えて、Cドライブアプリケーションを他のドライブに移行することもできます。これにより、Cドライブはより多くのスペースを取得し、Windows 11へのアップグレードの準備をすることができます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを実行し、メインインターフェイスの左側で「すべてのツール」をクリックし、展開されたメニューから「アプリ引っ越し」を選択します。

アプリ引っ越し

手順 2. 「アプリを移動」と「フォルダを移動」2つのオプションがあります。ここでは「アプリを移動」を選択します。

2つのオプション

手順 3. すべてのパーティションが表示されます。パーティションごとに移行可能なインストール済みアプリの数や容量なども表示されます。どのパーティション上のアプリを移行したいか?そのパーティションを選択して「次へ」をクリックします。

アプリケーションがインストールされているパーティションを選択

手順 4. ポンプアップウィンドウで、移動するアプリと、移動する場所を確認します。複数のアプリも選択でき、「移行」をクリックしてください。

移行

手順 5. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックし、操作を実行します。

はい

警告:移動されたアプリケーションが正しく機能するように、ソースディレクトリとターゲットディレクトリのファイルを移動または削除しないでください。

インストールされているプログラムをPCのあるドライブまたは外付けハードドライブから別のドライブに移動する場合は、この強力なソフトウェアの「アプリ引っ越し」機能を利用できます。もしダウンロードフォルダを別のHDDに移動する場合は、「Windows 10でダウンロードフォルダを別のHDDに移動する3つの方法」という記事を参照してください。

4.システムファームウェアの更新

UEFIのフルネームはUnified Extensible Firmware Interface、すなわち、統一された拡張可能なファームウェアインターフェイスです。

これは、新しいタイプのインターフェイスを詳細に説明する標準であり、PC用の標準ファームウェアインターフェイスでもあります。目的は、ソフトウェアの相互運用性を向上させ、ハードウェアの初期化とブートシステムを簡潔かつ高速にし、BIOSによってもたらされる制限を解決し、そして最終的にBIOSに取って代わります。

セキュアブートはUEFIの機能で、コンピュータが攻撃や感染したソフトウェアから防御するのに役立ちます。Windows 11の最小システム要件では、コンピュータがUEFIセキュアブートをサポートする必要があることが明確に指摘されています。これは、Windows 11のセキュリティの体現でもあります。

Windows 11をインストールするときは、BIOS設定に入ります。従来のBIOSブートモードLegacyをUEFIに切り替えると同時に、MBR形式をGPT(GUID)形式に変換し、セキュアブートを実行してWindows 11をスムーズにインストールします。

Windows 10では、MBR形式からGPT形式に変換することは困難ですが、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると簡単に変換できます。次に、具体的な手順を紹介します。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを実行し、システムがあるMBRディスクを選択し、「GPTディスクに変換」を選択し、「はい」をクリックします。

GPTディスクに変換

手順 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして操作を確認します。

はい

手順 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。すると、ディスクはGPTパーティションスタイルに変更されます。

適用

その後、コンピュータはWin PreOSモードで操作を終了します。

MBRをGPTに変換することに成功した後、BIOSをUEFIに変更することができます。

手順 1. コンピュータを起動し、最初の画面が表示されたら、ファンクションキー(一般的には、F1、F2、F3、F10、またはF12、ESCです)を押してファームウェアインタフェースに入ります。ファンクションキーはコンピュータによって異なります。

手順 2. 「BOOT」タブで、UEFI/BIOS Boot Modeを選択し、LegacyをUEFIに変更します。その後、保存してファームウェアインターフェイスを終了します。

LegacyをUEFIに変更

完了したら、Windows 10をWindows 11にアップグレードできます。

5.TPMファームウェアの更新

TPMは、トラステッドプラットフォームモジュール(Trusted Platform Module)と呼ばれ、安全な暗号化プロセッサの国際標準です。デバイスに統合された専用のマイクロコントローラー(セキュアハードウェア)を使用してデバイス内のプロダクトキーを処理できます。

TPMにはバージョンアップもあります。最新のものはTPM2.0であり、マザーボードがTPM2.0チップをサポートする必要があります。Windows 11の最小システム要件の中で、TPM 2.0が必須要件となっております。この要件を回避する方法はありますが、安定性とセキュリティの観点からお勧めしません(TPM 2.0の要件を回避してWindows 11をアップグレードしたい場合は、「TPM2.0なしでWindows11をインストールする方法」という記事を参照してください)。

TPM

コンピュータがTPM2.0をサポートしていない場合でも、マザーボードを交換することをお勧めします。現在、ASUS、GIGA、MSIの3つの主要なファーストラインブランドのマザーボードが発表しているマザーボードサポートリストは次のとおりです。

ASUS(エイスース):Intelプラットフォーム(100シリーズのマザーボードを除く)はTPM 2.0をサポートします。AMDプラットフォームは300シリーズ以上のマザーボードのみがTPM2.0をサポートします。
GIGA(ギガバイト):TPM 2.0をサポートするIntelチップセットにはX299、C621、C232、C236、C246、200、300、400、500シリーズが含まれます。TPM2.0をサポートするAMDチップセットにはTRX40、300、400、500シリーズが含まれます。
MSI(マイクロスター):Intelプラットフォームは100シリーズマザーボードからTPM 2.0をサポート開始します。AMDプラットフォームは300シリーズ以上のマザーボードのみがTPM2.0をサポートします。

6.グラフィックカードの更新

DirectXのフルネームはDirect eXtensionです。これは、Microsoftによって作成されたルチメディア・プログラミング・インターフェースで、一種のアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)に属します。Windows 11の最小システム要件のDirectX 12は、グラフィックカードモデルではありませんが、グラフィックカードはDirectX 12APIをサポートしています。

WDDMのフルネームはWindows Display Driver Modelで、Microsoftの新世代グラフィックスドライバーのモデルです。Windows VistaからWDDM 1.0をサポートし、Windows 7ではWDDM 1.1をサポートし、Windows8およびWindows8.1ではWDDM 1.2/1.3をサポートし、Windows 10ではWDDM 2.0をサポートします。したがって、DirectX 12は、WDDMがバージョン2.0の場合にのみサポートできます。

検出ツールに加えて、次の方法に従って、コンピュータがDirectX12およびWDDM2.0をサポートしているかどうかを確認することもできます。

手順 1. 「Windows+R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開き、「dxdiag」と入力して、「はい」をクリックし、DirextX診断ツールを開きます。

dxdiagと入力

手順 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックします。

手順 3. DirectX診断ツールのインターフェイスで、「ディスプレイ」タブに切り替え、ドライバーセクションで「機能レベル」と「ドライバーモデル」を見つけます。「機能レベル」は、グラフィックカードハードウェアがDirectX 12をサポートするかどうかを表し、「ドライバーモデル」のWDDMバージョンはシステムサポートを表します。

機能レベルとドライバーモデル

通常、Windows 10をインストールしている人は、DirectX 12とWDDM 2.0をサポートしているはずです。もしお使いのパソコンがサポートしていない場合は、グラフィックカードドライバーを更新すればいいです。

7.ディスプレイの更新

Windows 11の最小要件では、ディスプレイにも特定の要件が設定されています。つまり、対角サイズ9インチ以上で8 ビットカラーの高解像度(720P)ディスプレイです。これは厳しい条件で、通常の状況で満たすことができます。満たすことができない場合は、ディスプレイを交換することをお勧めします。

8.インターネット接続とMicrosoftアカウントの作成

インターネット接続は非常に簡単です。つまり、コンピュータはインターネットにアクセスできます。Microsoftアカウントの作成については、Microsoft Webサイトにアクセスし、「アカウントの作成」をクリックして、プロンプトに従って登録すればよいです。

アカウントの作成

まとめ

Windows 11のシステム要件はやや厳しいですが、セキュリティ、安定性、互換性の3つの考慮事項によるものでもあります。関連する標準に厳密に従うことをお勧めします。Windows 11をアップグレードするために最小システム要件をバイパスすることを選択した場合、深刻な結果を引き起こす可能性があります。

投稿が示すように、AOMEI Partition Assistantは、PCをWindows 11に安全かつ正常にアップグレードするのに役立つ便利なツールです。これを使用して、ディスクのクローンを作成し、FAT32をNTFSに変換し、Windows 11へ更新するためにお使いのPCはWindows 11のシステム要件を満たすかをチェックし、SSDを安全に消去してプライバシーを保護することができます。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。