By Akira / 最後の更新 2021年09月29日

Windows 11について

Windows11

Windows 11は新しいUIインターフェイスをもち、現在の混合作業環境をサポートするように設計された多くの革新的な機能を提供しています。新しい柔軟なエクスペリエンスでユーザーの作業効率を向上させることに重点を置いています。

Microsoftの公式発表によると、Windows 11はUEFIブートモードでのブートのみをサポートしています。つまり、Windows 10からWindows 11にアップグレードするには、システムディスクがGPTディスクである必要があります。これは、Windows 11と以前のWindows OSの最大の違いでもあります。

Windows 11にアップグレードする前に知っておくこと

BIOSとUEFIについて

BIOSとUEFIの両方が、コンピュータを起動する最初のプログラムである起動モードです。つまり、電源ボタンを押すと、BIOSまたはUEFIがさまざまなコンポーネントをアクティブにしてオペレーティングシステムを起動します。この手順を実行すると、Windowsインターフェイスが表示されます。

Windows 11より前のWindows OSの場合は、BIOSとUEFIの両方でオペレーティングシステムを起動できます。ただし、Windows 11は、mac OSと同様に、UEFIでのみ起動できます。BIOSと比較して、UEFIは起動速度が速く、大容量ハードディスクをサポートし、セキュリティが高いという特徴があります。

BIOS and UEFI

MBRディスクとGPTディスクについて

MBRとGPTは、パーティション情報をハードディスクに保存する2つの異なる方法です。GPTはMBRよりも新しく、特定の利点があります。Windows 11オペレーティングシステムを正常に起動するには、システムディスクがGPTディスクである必要があります。なぜなら、MBRはBIOS、GPTはUEFIが固定された組み合わせです。

Windows 10からWindows 11にアップグレードする方法

UEFIとGPTとは何か、およびそれらの関係を理解した後、Windows 10からWindows 11にアップグレードする方法について説明します。開始する前に、Windows 11のシステム要件を確認する必要があります。

さらに、マザーボードがUEFIをサポートしているかどうかも確認する必要があります。サポートしていない場合は、新しいマザーボードと交換する必要があります。ちなみに、コンピュータのハードウェアがWindows 11へのアップグレードの要件に満たさない場合は、ポータブルWindows 11 USBを作成し、それを任意のコンピュータに接続して使用できます。

ステップ1.MBRをGPTに変換する

前述の内容によると、Windows 11はUEFIのみをサポートしているため、レガシーをUEFIに変更する前に、システムディスクをMBRからGPTに変換する必要があります。「コマンドプロンプト」と「ディスクの管理」を使用できますが、それではすべてのデータが失われます。

最良の方法は、サードパーティのソフトウェアを使用することです。AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows 11/10/8/7をサポートする強力なディスクパーティション管理ツールです。このパーティションマネージャーは使いやすく、データを失うことなくMBRをGPTに変換できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

 1. AOMEI Partition Assistantをインストールし、起動します。そして、システムディスクを右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

GPT変換

2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして続行します。

はい

3. 「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

ステップ2.レガシーBIOSをUEFIに変更する

システムディスクをMBRからGPTに正常に変換したら、最後にBIOSをUEFIに変更します。

1. コンピュータを再起動した後、コンピュータの画面に画像が表示されたら、画面の下部に表示されるキーを押してBIOSに入ります(キーはブランドごとに異なります)。

2. 矢印キーを使用して「ブート」列で「UEFI/BIOSブートモード」を選択し、「Legacy」を「UEFI」に変更しま保存します。

変更

すべてが完了したら、「設定」の「更新とセキュリティ」に移動し、「更新プログラムのチェック」をクリックしてWindows 11にアップグレードできます。

更新

結語

上記は、Windows 10からWindows 11にアップグレードする流れになります。AOMEI Partition Assistant ProfessionalはMBRを再構築する/空き領域を割り当てる/SSDまたはHDDへOSを移行するなどの機能もあります。ぜひ一度ダウンロードし試してください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較