By Akira / 最後の更新 2022年03月21日

MBRにWindows 11をインストールできますか?

MBRにWindows 11をインストールすることは可能ですか?これは、多くのWindowsユーザーの疑問だろう。実際、Windows 11はMBRディスクにインストールすることができます。

Windows 11をインストールする方法は2つあります。古いバージョンのWindowsからWindows 11にアップグレードする場合は、GPTディスクにしかインストールできません。これは、Windows 11はUEFIブートモードで起動する必要があるためです。ただし、Windows 11をクリーンインストールする場合は、MBRディスクにインストールすることができます。

windows 11

MBRにWindows 11をインストールする方法

では、MBRにWindows 11をインストールするにはどうすればよいのでしょうか?まず、Windows 11をインストールするためのWindows 10起動用USBを作成する必要があります。Windows 10起動用USBは、Windows 11をインストールし、すべてのWindows 11チェッカーをバイパスします。

ご注意:MBRにWindows 11をインストールすると、PC上のすべてのデータが消去されますので、Windows 11にアップグレードする前にPCをバックアップしてください。

ステップ 1. まず8GB以上のUSBを用意し、そのUSBにWindows10のインストールメディアをダウンロードします。

ステップ 2. Windows 11のISOファイルをパソコンにダウンロードし、マウントします。

マウント

ステップ 3. マウント後に開き、Sourceフォルダを探し、install.wimファイルをコピーします。

install.wimファイル

ステップ 4. 次に、作成したWindows 10ブータブルUSBをWindowsエクスプローラで開き、Sourceにあるinstall.esdファイルを削除し、先ほどコピーしたinstall.wimファイルを貼り付けます(ファイルが大きすぎて移動できないとプロンプトが出る場合は、先にUSBをNTFSファイルシステムに変換する必要があります)。

install.esdファイル

ステップ 5. 次に、USBでWindows 10のセットアップを実行し、以下のオプションを選択します。

セットアップ

今は実行しない

ステップ 6. 終了すると、PCを再起動し、現在のWindowsをアップグレードするか、新しいドライブにインストールするかを尋ねます。

ステップ 7. 現在のWindowsをアップグレードするを選択すると、Windows 10のインストール画面が表示されますが、最終的にはWindows 11がインストールされます。

Windows 11インストールのためにMBRをGPTに変換する方法

システムドライブがMBRパーティションスタイルの場合、上記の手順でWindows 11にアップグレードすることができます。しかし、このステップは一般ユーザーにとって簡単ではありません。事前にバックアップを実行しないと、すべてのデータを失うことになりますよ。

このような事態を避けるために、Windows 11をインストールする別の方法を取ることができます。冒頭で述べた通り、旧バージョンからWindows 11にアップグレードすればいいのです。しかし、「システムディスクがGPTではなく、MBRの場合はどうすればいいのか」というユーザーもいるでしょう。ご安心ください、Windows11のMBRをGPTに変換することができます。

MBRをGPTにうまく変換するには、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用することをお勧めします。これは優れたMBRからGPTへの変換ソフトで、データを失うことなく、システム/データディスクをMBRからGPTに変換することができます。

開始する前に、マザーボードがUEFIブートモードをサポートしていることを確認してください。そうでない場合、変換されたPCは正常に起動しない可能性があります。PCがUEFIブートモードをサポートしていない場合、Windows 11起動可能なUSBドライブを作成することにより、Windows 11を楽しむこともできます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールし、実行します。ディスク(システムディスクを例とする)を右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして続行します。

確認事項

ステップ 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。すると、ディスクはGPTパーティションスタイルに変更されます。

適用

これで、システムディスクをMBRからGPTに変換することに成功しました。GPTディスクはUEFIと一致するので、ブートモードをBIOSからUEFIに変更する必要があります。

1. PCを再起動して、メーカー指定のキーボード(F2、F9、F12など)を連続して押して、ブート(Boot)画面を表示させます。BIOSの「Main」メニュー画面で、「Boot」を選択します。

2. 「Boot」画面から、「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択し、Enterを押します。すると、「UEFI/BIOS Boot Mode」ダイアログボックスが表示されるので、「UEFI」を選択します。

boot

Windows 10をWindows 11にアップグレードする方法

最後に、「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」で、「更新プログラムの確認」をクリックすればOKです。利用可能であれば、Windows 11の機能更新が表示されます。「ダウンロードしてインストール」をクリックすると完了です。

windows 11へのアップグレート

まとめ

この記事は、MBRディスクにWindows 11をインストールする方法を提供するだけでなく、Windows 11インストールのためにMBRをGPTに変換する方法も示しています。

専門的なパーティション&ディスク管理ツールとして、AOMEI Partition AssistantはMBRからGPTへの変換をサポートするだけでなく、ディスクのクローン、HDDのフォーマット、SSDの安全消去などの機能もサポートします。もしWindows ServerでAOMEI Partition Assistantを使いたいなら、AOMEI Partition Assistant Serverへアップグレードしてください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。