Byゆき / 最後の更新日時 2020年09月07日

Windows 7ディスクの管理のケース

●私のシステムパーティションC:の空き容量が不足になって、Windows 7「ディスクの管理」を使用してそれを拡張することができると聞いたことがあります。しかし、D:パーティションを縮小して未割り当て領域を得た後、C:パーティションをクリックすると、「ボリュームの拡張」オプションがグレーアウトになりました。それはなぜですか?

●私は怒っています。私は、常に、ディスクがダイナミックディスクに変更されると注意されているので、Windows 7の未割り当て領域を再利用することはできません。

Windows7についての質問

これらの二つの質問は、Windows 7、Windows VistaそれにWindows Server 2008の内蔵「ディスクの管理」の欠点を明かしました。例えば、移動機能がない、パーティションの最大限が四つであるなど。パーティションの移動が利用できない場合、間違いなく、パーティションに未割り当て領域を追加することができません。既に4つのプライマリパーティションがある場合、他のパーティションを作成することもできません。

Windows 7ディスクの管理向けのフリーウェア

このような問題を解決できる最も効率的かつ簡単な方法は何ですか?最適なソリューションは、Windows 7向けの無料のPartition Magicを使用することです。しかし、ディスクの管理を向上させる無料のPartition Magicはありますか?答えはイエスです。AOMEI Partition Assistant Standardエディション、この人気がある無料のパーティションマネージャーは、Windows 10/7/XP/Vista/2000などの32ビットや64ビットのディスク管理で重要な役割を果たしています。これは、プロセス中に、最高のデータ保護や高度なディスク/パーティション管理機能を提供しています。

次はこのフリーウェアの機能:

● パーティションのリサイズ、移動、マージ、分割

● HDDからSSDへとのOS移行

● NTFSとFAT32パーティションの変換

● パーティションのアラインメント

● GPTとMBRディスクの変換

● Windows PEをベースにしたブータブルCD

● UEFIブートへとの完全なサポート

● 商用無料

● 多言語

もっと見る...

Partition Magicでディスクの管理の詳細チュートリアル

ヒント:お使いのコンピュータの電源が切れた、または、何かの理由でダウンした状況が発生しないように、バックアップのリフレッシュはディスクパーティションを管理する最高の方法です。無料AOMEI Backupperはあなたの最良のチョイスです。

パーティションを移行、リサイズ

1. テストするには、無料のPartition Magicソフトウェア-AOMEI Partition Assistant Standardを無料ダウンロードして、数秒かかってインストールしてください。

2. AOMEI Partition Assistant Standardを起動するとその主なインタフェースが表示されます。

3. 未割り当て領域をシステムパーティションの後ろに移動するには、E:パーティションを右方向にドラッグする必要があります。E:パーティションを右クリックしてドロップダウンメニューで「パーティションを移動」を選択します。

ポップアップウィンドウでは、E:パーティションにマウスポインタを置いて右にドラッグします。

4. その後、「はい」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。C:ドライブを右クリックしてドロップダウンメニューで「パーティションをリサイズ」を選択します。

システムパーティションを拡張するには、Cパーティションの右側のスライドバーを右方向へドラッグして未割り当て領域を追加します。

5. 新しいパーティションを作成するには、右側の未割り当て領域をクリックしてドロップダウンメニューで「パーティションを作成」を選択します。

ポップアップウィンドウでは、パーティションのサイズ、ファイルシステム、ドライブ文字、パーティションのラベルなどを指定することができます。また、論理またはプライマリパーティションに設定することもできます。加えて、スライダバーをドラッグして、新しいパーティションのサイズを指定することもできます。

6. 「はい」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。ここでは、すべての変更をプレビューしたり、すべての保留中の操作を確認したりすることができます。すべての変更を保存するには、ツールバーの「適用」ボタンをクリックします。

システムパーティションに未割り当て領域を追加

●手順を実行する前に、よりよく理解できるように、事前にAOMEI Partition Assistant Professional (PA Pro) をダウンロード してください。

●以下のチュートリアルは、上記の問題環境に基づいています。未割り当て領域がない場合、 Windows 7パーティションを縮小する方法を参照してください。

1. AOMEI Partition Assistantを起動して次のようにディスクの情報を取得します:

2. Eパーティションを右クリックして、「パーティションを移動」を選択します。ポップアップウィンドウで、Eパーティションを右方向へドラッグします。

3. 「はい」をクリックします。すると、未割り当て領域がCの後に移動されます。次に、システムパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。ポップアップウィンドウで、C:パーティションを右方向へドラッグしてパーティションに未割り当て領域を追加します。

4. 「はい」をクリックして変更をプレビューします。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックします。他のボタン、「破棄」、「やり直す」、「元に戻す」は補正のために使用されます。数秒後、システムパーティションに未割り当て領域が追加されます。

パーティションを分割

なぜWindows 7のハードドライブを分割しますか?

ハードドライブを本に例えたら、パーティション(ドライブまたはボリュームとも呼ばれている)がただ本の一つのページで、データをパーティションだけに保存することができます。時々、Windows 7 プレインストールコンピュータのハードドライブはメーカーによって1つ以上のパーティションに分割されます。しかし、パーティションのレイアウトは、あなたが好きなレイアウトではありません。

また、すべてのディスク領域を占有している単一のシステムパーティションがありますが、あなたがデータストレージとバックアップのために他のパーティションを必要とする場合があります。Cに割り当てられたディスク容量は、十分ではない場合があります。あるのパーティションは無用になり、あなたがそれを削除したい場合もあります。

要するに、Windows 7のハードドライブを分割する様々な場合があります... 一般的に言えば、Windows7ハードドライブの分割動作には、パーティションのリサイズ、作成、削除、フォーマットなどがあります。

Windows 7のハードドライブをどのように分割しますか?

普通、ユーザーにとってWindows 7のハードドライブを分割する方法が2つあります。一つは、Windows 7の「ディスクの管理」ツールを使用することで、もう一つはAOMEI Partition Assistant Standardのようなサードパーティ製の無料のパーティションマジックソフトウェアを使用することです。あなたに最適な方法を選択することができます。

実行する前に:

●ハードディスクに任意の操作を実行する前に、重要なものをバックアップすることが常に推奨されています。 重要なデータをバックアップするために、我々は無料のバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

●変更するパーティションのことですが、実行する前に、任意のファイルシステムのエラーや不良セクタがないことをご確認ください。

●コンピュータがノートパソコンである場合、それは充電中であることを確認してください。

★方法1:AOMEI Partition Assistant でWindows 7のハードディスクドライブを分割(推奨)

無料で、安全で使いやすいパーティションソフトウェアとディスク・マネージャとして、AOMEI Partition Assistant Standard が、ディスク領域を最適化し、ディスクパーティションの種類を変更し、ディスクパーティションに基づいて、他のタスクを実行することができます。重要な機能は、パーティションのリサイズ/移動/マージ/分割、SSDへとのOS移行、MBRとGPT間の変換、Windows PEブータブルメディアの作成などがあります。一番信頼性の高いのは、データの損失がないことです。

まず、AOMEI Partition Assistantを起動してください。すると、すべてのハードディスクのパーティション情報がメインインターフェイスに表示されます。

シナリオ1:Windows 7のパーティションをリサイズ

この例では、E:パーティションを縮小してC:パーティションを拡張します。E:パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。ポップアップウィンドウで、右方向へ左のスライダバーをドラッグします。

「はい」をクリックした後、E:パーティションが縮小され、未割り当て領域は、C:パーティションの後ろに生成されたと表示されます。

C: パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

ポップアップウィンドウで、右方向へ右のスライダバーをドラッグして未割り当て領域を追加します。

ツールバーの「適用」をクリックして、変更を保存します。

シナリオ2:パーティションを作成

AOMEI Partition Assistantは、Windows7の新しいパーティションを作成する2つの方法 を提供しています。一つは、未割り当て領域でパーティションを作成することで、もう一つは既存のパーティションでパーティションを作成することです。この例では、最初の方法を導入します。未割り当て領域を右クリックしてドロップダウンメニューで「パーティションを作成」を選択します。

ポップアップウィンドウで、パーティションにラベルを付けるし、ドライブ文字を変更し、スライダバーをドラッグすることによりパーティションのサイズを調整することができます。

パーティションレーベル:このパーティションをより良い理解するようにパーティションに独自の特別な名前を入力してください。

ドライブ文字:ドロップダウンメニューで提供されたドライブ文字を選択します。 (また、この新しく作成したパーティションを非表示にすることを意味する「なし」を選択することもできます)

パーティションタイプ:

● 二つの選択肢 - プライマリパーティションと論理パーティション。

● プライマリパーティションがアクティブに設定するために使用されます。 Windowsオペレーティングシステムや他のシステムは、プライマリパーティションから起動します。

● 論理パーティション、ある程度で、拡張パーティションです。

● NTFS、FAT32それに FAT

● 今日では、NTFSは、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステムの好ましいファイルシステムとしてFATファイルシステムに取って代わります。

● FAT32とFATは古いファイルシステムです。それらは多くのオペレーティングシステム上で動作できる簡単で、読みやすいものです。しかし、4GB以上のファイルをサポートしません。

すべての設定が完了したら、「はい」をクリックします。それから、「適用」をクリックして変更を保存します。

シナリオ3:パーティションを削除/フォーマット

削除やフォーマットするパーティションを右クリックして、「パーティションをフォーマット」または「パーティションを削除」オプションを選択します。

パーティションの削除:一つの選択肢を選択します。「パーティションを削除する」または「パーティションを削除してデータを消去する」を選択した後、「はい」をクリックします。

パーティションのフォーマット:好きなように、パーティションラベルとファイルシステムを設定することができます。クラスタサイズについては、我々は変更しないことをお勧めします。その後、「はい」をクリックしてください。

ツールバーの「適用」をクリックして変更をコミットします。

★方法2:Windows 7の「ディスクの管理」でハードドライブを分割

「ディスクの管理」は、パーティションを管理し、ディスクに関連するタスクを実行する時に使用できるWindows7に内蔵されたツールです。Windows 7の「ディスクの管理」を開くには、「Windows+ R」ホットキーを押して実行ウィンドウに「diskmgmt.mscと」を入力します。それから、「OK」をクリックするか、「Enter」を押します。

未割り当て領域がない場合は、ボリュームを縮小することができます。リサイズしたいパーティション(ここではC:パーティション)を右クリックして「ボリュームの縮小」を選択します。

次のウィンドウで、縮小する領域のサイズを入力します。その後、「はい」をクリックして継続します。

その後、未割り当て領域がC:パーティションの後ろに表示されます。新しいパーティションを作成するには、それを右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択します。そして、ウィザードに従って設定を完了します。

パーティションを削除するには、ちょうどそれを右クリックして「ボリュームの削除」を選択します。

パーティションをフォーマットするには、それをクリックして「フォーマット」を選択します。

AOMEI Partition Assistant Vs Windows 7の「ディスクの管理」

AOMEI Partition Assistantと比較して、Windows 7の「ディスクの管理」がたくさんの制約があります。

ボリュームの拡張: ディスクには未割り当て領域があっても、ボリュームを拡張することはできません。「ディスクの管理」は、未割り当て領域が拡張したいボリュームと連続した場合のみに、ボリュームを拡張することができます。ない場合は、「ボリュームの拡張」はグレーに表示されます。しかし、AOMEI Partition Assistantは、ボリュームに非連続の未割り当て領域を追加することができます。

パーティションの作成: ディスクスタイルはMBRである場合は、「ディスクの管理」でパーティションを作成する際に以下のように2つのエラーを受け取ることがあります。このような場合にも、 AOMEI Partition Assistant がパーティションを作成することができます。

● MBRハード・ディスク・ドライブは、すでに4つのプライマリパーティションが含まれている場合は、「選択したベーシックディスクがダイナミックディスクに、 選択した操作により変換されます ...」というメッセージを受信することがあります。

● MBRハード・ディスク・ドライブがすでに3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションが含まれている場合は、「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため、この 未割り当て領域には新しいボリュームを作成できません 」というメッセージを受信することがあります。

上記の制限の他、AOMEI Partition Assistantは、また、Windowsの「ディスクの管理」が持っていない機能を持っています。すべての機能を表示するには、ここをクリックしてください。