By Asher / 最後の更新 2021年11月16日

Windows 7のエクスプローラーでGPT HDDを認識できない

500GBのハードドライブを搭載したWindows 7コンピューターを持っています。最近、データを保存するための2番目のドライブとしてHDD(ハードディスクドライブ)を増設したいと思いました。Windows 10コンピューターで新しいWD HDDをGPTパーティションスタイルとして構成しました。ただし、このハードドライブをWindows 7コンピューターに接続すると、Windowsエクスプローラーで認識できないため、このGPTディスクをアクセスできませんでした。ディスクの管理を開いたときに、未割り当て領域として表示されているパーティションが1つだけであることがわかりました。ディスクの管理でドライブ文字を割り当てようとしましたが、オプションがグレー表示されていました。GPTディスク上のパーティションはWindows 7で認識されないのはなぜですか?Windows 7でGPTディスク上のパーティションを正常に読み込む方法がありますか?

- あるユーザーからの質問

 

GPTディスクを認識できない

Windows 7でGPTパーティションが認識されないのはなぜか?

ここでは、上記のユーザーの案例を例として取り上げます。ユーザーのGPTディスクはWindowsエクスプローラーで認識できませんが、GPTパーティションはBIOSおよびWindowsディスクの管理で未割り当て領域として表示されます。

この問題が発生する状況は2つあります。

▶一つの状況は、GPTディスク上のパーティションにドライブ文字がないことです。
▶もう1つの状況は、GPTパーティションがBIOSに表示されないことです。これは、GPTパーティションスタイルは、Windows 7以前のすべてのバージョンが認識されないためです。このスタイルは、容量が2TBを超えるディスク、またはItaniumベースのコンピューターで使用されているディスクで使用することをお勧めします。UEFIブートモードをサポートする64ビットマザーボードを使用する必要があります。

Windows 7でGPTパーティションが認識されない問題の解決策

ここでは、Windows 7でGPTディスク上のパーティションを認識できないという問題を解決するための方法を提供します。

解決策一:GPTディスクで新しいパーティションを作成する

GPTディスク上のパーティションがWindows 7のファイルエクスプローラーで認識されない場合は、GPTディスクで新しいパーティションを作成することができます。

ディスクの管理で新しいGPTパーティションを作成する

手順 1. デスクトップの「コンピューター」を右クリックして「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択し、Windowsディスクの管理に入ります。

手順 2. そして、認識されないGPTパーティションを右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択します。

新しいシンプルボリューム

手順 3. 「新しいシンプルボリュームウィザード」がポップアップして、「次へ」をクリックします。

ウィザード

手順 4. そして、指示やプロンプトに従ってボリュームサイズを指定し、ドライブ文字またはドライブパスを割り当てることができます。「次へ」をクリックします。

ボリュームサイズ

ドライブ文字

手順 5. 最後にはパーティションをフォーマットすることです。フォーマットシステムファイルを選択して、「次へ」をクリックします。

パーティションのフォーマット

作業が終わったら、GPT HDDがWindowsエクスプローラーで認識されるはずです。

AOMEI Partition Assistant Standardで新しいGPTパーティションを作成する

「新しいシンプルボリューム」オプションがグレー表示され、次のステップに進むことはできない場合は、AOMEI Partition Assistant Standardなどのサードパーティソフトウェアを使用してみてください。これは、パーティションを正常に作成するのに役立ち、無料です。さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードして、より多くの機能を楽しむことができます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. この無料のパーティションマネージャーをダウンロードし、Windows 7にインストールし、起動し、コンピューター上のすべてのディスクが表示されます。GPTディスクを右クリックし「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

手順 2. ポップアップウィンドウでパーティションサイズ、ドライブ文字、ファイルシステムを指定できます。更に、「詳細」をクリックして、パーティションラベル、パーティションタイプなども設定できます。そして「はい」をクリックして続行します。

新規パーティションの設定

手順 3. これで、作成された新しいパーティションの情報が表示されます。ツールバーの「適用」をクリックして新規パーティションの作成を実行します。

適用

操作が終わった後、GPTディスク上のパーティションはWindows 7で認識されるはずです。

解決策二:ストレージドライバーを最新バージョンに更新する

GPTパーティションのドライブ文字に問題はないが、Windows 7がGPTパーティションを認識できない場合は、Windows用にインストールされているストレージドライバーが最新バージョンであるかどうかを確認する必要があります。そうでない場合は、最新のストレージドライバーに更新する必要があります。デバイスマネージャを使用してドライバを手動で更新できます。手順は次のとおりです。

手順 1. Windows+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開き、ボックスに「devmgmt.msc」と入力し、「Enter」キーを押して「デバイスマネージャー」を開きます。

手順 2. 「ディスクドライブ」を展開し、ドライバーを更新するデバイスの名前を右クリックして、コンテキストメニューから「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。

ドライバーソフトウェアの更新

手順 3. ポップアップウィンドウで「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択します。これによりデバイスドライバーが自動的に更新されます。

解決策三:CHKDSK.exeを実行して、このGPTディスクを確認する

CHKDSK.exeを実行して、このGPTディスク上のパーティションを確認および修復できます。これを行うには、以下の手順に従ってください。

手順 1. 「Windows+E」キーを押し、Windowsエクスプローラーを開きます。

手順 2. チェックしたいGPTディスクを右クリックします。

プロパティ

手順 3. 「プロパティ」をクリックします。

手順 4. 「ツール」タブに移動し、「チェック」をクリックします。

チェック

手順 5. この画面では、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」という2つのオプションが表示されます。必要に応じて1つ選び、「開始」をクリックします。

Chkdsk

解決策四:「Windowsメモリ診断」で故障を診断する

Windowsメモリ診断ツールに関する知識
Windowsメモリ診断ツールは、Windowsに組み込まれているメモリツールであり、Windows 7またはそれ以上のバージョンのWindowsで使用できます。「Windowsメモリ診断ツール」を使って、パソコンに内蔵されているメモリに異常がないかどうか確認することができます。

多くのユーザーがこの問題に遭遇しています。4TBのGPTハードドライブがWindows 7に接続されている場合、4TBのGPTハードドライブはWindows 7で認識できません。ディスクの管理でドライブを確認できますが、2つのパーティションとして表示されます。1つの2048GBパーティションはGPTで、もう1つは1678GBの未割り当てパーティションで、ディスクの管理ですべてのオプションがグレー表示され、唯一の選択肢はドライブをオフラインにすることです。同様の問題が発生した場合は、「Windowsメモリ診断」を実行して、システムにメモリの問題があるかどうかを確認できます。

手順 1. 「Windows+R」を同時に押し、「mdsched.exe」と入力して、「Enter」をクリックします。

手順 2. 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)」か、「次回のコンピューター起動時に問題の有無を確認する」かを選択します。

Windowsメモリ診断ツール

手順 3. Windowsメモリ診断は、コンピューターの再起動後に自動的に実行され、標準のメモリテストを自動的に実行します。実行するテストの数を減らしたり増やしたりする場合は、F1を押し、上下矢印キーを使用して、テストミックスを基本、標準、または拡張に設定し、F10キーを押して目的の設定を適用し、テストを再開します。

手順 4. テストが完了すると、コンピューターは自動的に再起動します。ログインすると、テスト結果が表示されます。

手順 5. システムを再起動した後、すべてのドライブが正しくリストされてアクセス可能になり、元のドライブでファイルが欠落したり破損したりすることはありません。

まとめ

上記は、Windows 7で認識されないGPTディスク上のパーティションを修復する方法です。これらの方法が、Windows 7がGPTディスク上のパーティションを認識できないという問題の解決に役立つことを願っています。

AOMEI Partition Assistantには、Windows 11/10/8/7でHDDを管理する用の他の多くの機能があります。OSをGPTに移行し、ダイナミックディスクをデータ損失なしでベーシックに変換し、SSDを安全に消去し、ディスククローンするなどより高度な機能を備えています。 

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。