By Jun / 最後の更新 2021年07月01日

エラー:起動時にCのファイルシステムをチェックする

システムクラッシュに悩まされている状況に遭遇したことがありますか?この時、電源ケーブルを抜くか、電源ボタンを押し続けて強制的にコンピュータを閉じることしか解決できません。しかし、コンピュータを再起動すると、「Checking file system on C:」というインターフェイスが表示されます。プロセス全体には長い時間がかかります。

上記の場合はCHKDSKが機能しているからです。CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOS、OS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーの修復する機能を持ちます。

checking file system on C

マイクロソフトの公式なラインによれば、電源を突然オンまたはオフにすると(たとえば予期できない停電など)、コンピュータのハードウェア、特にハードディスクに害を及ぼす可能性があります。さらに、コンピュータのデータやシステムを損傷し、正常な起動ができなくなる可能性があります。スタートアップ時にCドライブのファイルシステムをチェックするのは問題ありませんが、コンピュータを起動したときに毎回実行されることが迷惑と思いませんか?Windows 7の起動時にチェックディスクが実行されないようにするにはどうすればよいですか?解決方法を一緒に見てみましょう。

Cドライブにエラーがないか確認する

起動時にCドライブのファイルシステムが自動的に検査されるという問題が発生した場合、最初に行うべきことはCドライブにエラーがあるかどうかをチェックすることです。

方法1:ファイルシステムエラーをチェックする

1. デスクトップの「コンピュータ」アイコンをダブルクリックし、Cドライブを見つけます。Cドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2. 「ツール」タブをクリックし、「チェックする」ボタンをクリックします。

ファイルシステムエラーをチェック

3. ポップアップウィンドウで、「ファイルシステムエラーを自動的に修正する」の前にチェックを入れ、「開始」をクリックします。

方法2:不良セクタをチェックする

Cドライブにファイルシステムエラーがない場合は、不良セクタをチェックしてください。AOMEI Partition Assistant Professionalは、便利な、完全なハードディスク管理ツールとして役立ちます。不良セクタを簡単にチェックすることができます。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。Cドライブを右クリックします。「詳細処理」を選択し、次に「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションチェック

2. エラーをチェックする方法を選択します。ポップアップウィンドウで、「パーティション上の不良セクタをチェックする」を選択し、「はい」をクリックします。

不良セクタをチェック

3. 「開始」をクリックして、パーティションチェックを実行します。

パーティションチェックを開始

注意:

● 不良セクタが検出された場合は、まずCドライブをバックアップします。不良セクタに関する重要なデータがある場合は、ディスクをプロフェッショナルデータリカバリセンターに送信します。データの復旧ではなくデータの損傷であるため、復旧ツールで自分でデータを復旧しないでください。

● すべての不良セクタが回復できるわけではありませんので、スケジュールバックアップを作成する必要があります。

ファイルシステムのチェックを停止する方法

Cドライブのエラーをチェックした後、Windows 7の起動時にディスクチェックを止める方法を知っておく必要があります。お勧めしたい2つの効果的な解決策は次のとおりです。

方法1:レジストリエディタでファイルシステムのチェックを停止

1. 「Windows+R」キーを押して、実行ダイアログを開きます。「regedit」と入力し、Enterキーを押すか、「はい」をクリックしてレジストリエディタを開きます。

2. 左側のペインのエントリを展開して、次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Session Manager

3. 右側のウィンドウで、「BootExecute」をダブルクリックします。

BootExecute

4. ポップアップウィンドウで、「*」の前に「/K:C」を追加して、キーのデフォルト値を変更します。「はい」をクリックして適用します。

CのAutocheckを無効にする

注意:「*」はすべてのドライブの一貫性をチェックします。「/K」スイッチは、Windowsの起動時にCドライブの自動チェックを無効にします。

5. レジストリエディタを閉じます。

方法2:autochkを無効にしてファイルシステムのチェックを停止

1. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を選択します。「システムとセキュリティ」>「管理ツール」の順にクリックします。

管理ツール

2. 「タスクのスケジューラ」をダブルクリックします。ポップアップウィンドウで、「Autochk」をクリックします。右側のウィンドウで「無効化」をクリックします。

タスクスケジューラ

結語

ここでは、Windows 7の起動時にchkdskの停止する方法を紹介しました。最初にCドライブのエラーをチェックしてから、上記の2つの解決策でCのファイルシステムのチェックをやめてください。パワフルなパーティションマネージャーとしてのAOMEI Partition Assistantは、不良セクタのチェックだけでなく、SSDの消去、Cドライブのメモリの増設など、他の実用的な機能も持っています。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較