By Asher / 最後の更新 2021年09月27日

システムで予約済みのパーティションの容量が不足

コンピュータでWindows7をWindows10にアップグレードしようとしますが、システムで予約済みのパーティションの容量が不足している理由でインストールに問題が発生しました。最後に、システムで予約済みのパーティションの容量が不足している理由を見つけました。誰か、システムで予約済みのパーティションを拡張する方法を知っていますか?ご助言ありがとうございます。

- あるユーザーからの質問

なぜシステムで予約済みのパーティションを拡張?

システム予約パーティションは、Windows7/8/10/11をクリーンインストールしたときに作成されるWindowsパーティションであり、コンピューターを起動するために必要なファイルが含まれています。システムで予約済みのパーティションの容量が不足している場合は、Windows8.1またはWindows7からWindows10あるいはWindows11にアップグレードできず、エラーメッセージが表示されます:システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした。もちろん、ほかのエラーが発生する場合もあります。

失敗-インストール

システム予約済みパーティションは、Windows7で100MB、Windows8で350MB、Windows10で500MBのスペースを取得します。Windows10、Windows11にアップグレードするには、システム予約済みパーティションでより多くのスペースが必要になるため、システム予約済みパーティションに十分なスペースがあることが検出されない限り、Windows10、Windows11にはアップグレードできません。

システムで予約済みのパーティションを拡張する方法

ここに問題があります。システムで予約済みのパーティションはディスクの管理では簡単に拡張できません。ディスクの管理ソフトで拡張しようとすると、「ボリュームの拡張」オプションがグレー表示されるからです。システムで予約済みのパーティションを拡張するには、プロの第三者ソフトウェアを見つける必要があります。AOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。

AOMEI Partition Assistant Standardは、無料のディスクの管理ソフトです。AOMEI Partition Assistantを使用すると、システムで予約済みのパーティションを簡単かつ安全に拡張することができます。Windows7/8/10/11でシステム予約済みパーティションンを拡張する手順を見てみましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. このフリーソフトウェアを無料でダウンロードし、インストールして起動します。

ステップ 2. 空き領域のあるパーティションを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択して、未割り当て領域を作成します。C:ドライブまたはその後のドライブを選択できます(最大で400 MBしか必要ないため、パーティションのサイズを変更し、Cなどのライブから未割り当て領域を作成して、その領域でシステムで予約済みのパーティションの容量を増やすことができます)。

ここでは、C:パーティションを例にとり、C:パーティションからシステムで予約済みのパーティションに空き領域を追加することを説明します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 3. 次の図に示すように、ポップアップの「パーティションのサイズ変更/移動」ウィンドウで、まず、「このパーティションを移動したい」にチェックを入れ、スライダーを左から右にドラッグします。あるいは、スライダーを右から左にドラッグし、「このパーティションを移動したい」にチェックを入れ、作成した未割り当て領域をC:ドライブの前に移動させます。C:ドライブを縮小するにはスライダーをドラッグするほか、特定のサイズを直接入力することもできます。

はい

ステップ 4. 次に、AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスに戻ります。そして、システム予約済みパーティションの直後に未割り当て領域があることが見られます。

ステップ 5. システム予約済みパーティションを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

ステップ 6. ポップアウトウィンドウで、スライダーバーを右にドラッグして、システム予約済みパーティションを未割り当て領域に展開します。その後、「はい」をクリックして、AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスに戻ります。

はい

ステップ 7. 「適用」をクリックしてプロセスを実行します。PreOSモードでこれらの操作を完了するには、プログラムでコンピューターを再起動する必要があります。

ヒント:この操作をより簡単に完了したい場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、他のパーティションからシステムで予約済みのパーティションに空き領域を割り当てることができます。

結論

システムで予約済みのパーティションの容量を増やしてから、エラーメッセージを表示せずに、Windows7またはWindows8をWindows10、Windows11にアップグレードできるようになります。また、Windows10、Windows11にアップグレードした後、複数の回復パーティションがある場合があります。不要な回復パーティションを削除して、スペースを解放することができます。さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、OSの移行、パーティションの消去、MBRとGPT間のデータディスクの変換、コマンドラインでの分割などの機能があります。そのほか、Windows Serverユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant Serverがより良い選択だと思います。