Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

この記事はいくつかのシンプルな手順でUSBハードディスクにWindows 7をインストールする方法を紹介します。これは内蔵HDDにWindowsをクリーンインストールすることよりも簡単です。

USBドライブにWindows 7をインストールするのは可能ですか?

Windows To Go(ウィンドウズ トゥ ゴー)をご存知ですか?Windows To GoはWindows 8 Enterpriseエディションの機能で、フラッシュメモリや外付けハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイスからのブートとOS実行を可能にします。しかし、古いオペレーティング システム(OS)Windows 7を使用する場合、Windows 7をUSBというリムーバブル ストレージ デバイスにインストールする方法があるのだろうか?

Windows 7がUSBフラッシュドライブまたは外付けHDDにあるなら、あなたが行く所へ、どこでもそれを連れて任意のPCで実行することができます。

WindowsのセットアップはUSBハードディスクを検出できますが、外付けドライブをWindows 10/8/7のインストール場所として選択する時、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません」というエラーが表示されるかもしれません。幸いなことに、ここでは対応するソリューションがあります。USBドライブからWindowsをインストールする方法が全然分からないユーザーでも、次のガイドに従って完了することもできます。

準備する必要があること

外付けHDDにWindows 7をインストールする方法について、他のチュートリアルやガイドを読んでいたかもしれません。それらのプロセスは複雑で、簡単に把握することができません。そのため、ここで私はAOMEI Partition Assistantというツールをお勧めします。これは上述のタスクを完成するのにただ数回のクリックだけが必要です。

AOMEI Partition AssistantはWindows to Go機能を提供します。USBストレージデバイスからWindows 10/8/8.1を実行できるだけでなく、Windows 7をUSBリムーバブルストレージデバイスにインストールすることもできます。それはMicrosoftによって署名されていないUSBドライブでも利用可能です。

● 容量は16GB以上の外付けHDDまたはUSBフラッシュドライブが必要です。パフォーマンスを高めるために、USB 3.0のドライブを使用するのをお勧めします。もちろん、それをUSB 3.0ポートに接続する必要があります。

● ファイルの拡張子は「.iso」、「.wim」、「.esd」であるWindows 7のインストールファイルが必要です。

● Windows 10/8/7実行中のPCが必要です。

● パーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalが必要です。

外付けHDDにWindows 7をインストールする方法

タスクを行う前に、USB外付けドライブはNTFSファイルシステムに再フォーマットされる必要があります。その上に重要なデータがあれば、事前にそれらを他の場所に保存するべきです。準備ができたら、次の手順に従ってWindows 7のインストールUSBメモリを作ることができます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードして実行します。外付けドライブをお使いのPCに接続します。

手順 2. AOMEI Partition Assistantの主な画面に、USBドライブが表示される場合、左側の「全てのツール」⇒「Windows To Go Creator」オプションをクリックします。そうではないなら、接続に問題があるかどうかを確認する必要があります。

Windows to Go

手順 3. ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

次へ

手順 4. 「参照」をクリックしてWindows 7のインストールファイル(ISO、ESDまたはWIMの形式)を選択します。

Windows 7のインストールファイルを選択

手順 5. 「続行」をクリックして操作を開始します。

続行

このプロセスが完了した後、新しく作成された起動可能なUSBドライブを使用して任意のWindows PCを起動できます。それに、ポータブル版Windows 7をどこでも持ち運ぶことができます。

スクリーンショットから見て、Windows 7インストールに使用されたUSBフラッシュドライブはMBRディスクです。つまり、それはLegacyブートモードを有効にするPCのみを起動できます。UEFIブートモードのコンピューターを起動したい場合、データを失うことなく、MBRをGPTディスクに変換することができます。

USBドライブにWindows 7をインストールする機能の他に、AOMEI Partition Assistant Standardは他の優れた機能を沢山提供します。例えば、WindowsをインストールせずにOSをSSDに移行します。データを失うことなく、パーティションをマージ、リサイズします。

データを失うことなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するなど、もっと高度な機能を使用したいなら、まだAOMEI Partition AssistantのProfessional版を試すことができます。