Byゆき / 最後の更新日時 2020年06月02日

Windows 7/Vistaを実行しているHP/Dell/Lenovoコンピューター(特に回復ドライブの上)で、「ディスク領域不足」というエラーメッセージが表示された場合があるでしょうか。この記事を読んでから、ご希望のようにディスク領域不足の解消法の1つを試してみて、ディスク領域不足の問題を解決しましょう。

Windows 7/Vistaでディスク領域が不足している

コンピューターを使って仕事をしたり、ゲームをしたりする時、「ディスク領域不足」という警告が表示されたら、かなり困るでしょう。これはほとんどのユーザーが遭った共通問題です。Windowsはディスク領域を使用してファイルと仮想メモリを一時的に保存します。こうすると、ディスク領域が無意識に使用されますね。ハードディスクの空き容量が足りなくなる場合、ファイルを保存したり、ディスクに書き込んだりすることができません。そしてシステムが正常に動作しなくなる可能性があります。次は3つの点からこの問題を分析します。

なぜWindows 7/Vistaで「ディスク領域不足」が表示されますか?

一般的に言えば、ディスクに十分な空き領域がない時、コンピュータ操作中にこのエラーが発生します。増加しているプログラムとファイル、及び連続的に生成される一時ファイルはディスクスペースを占める主なものです。大量のデータを含むCドライブ、Dドライブ、Eドライブで、またはWindows Update実行後に、このエラーメッセージが表示されるかもしれません。

Windows7の回復ドライブでディスク領域が不足しているのは上述の状況とちょっと違います。Dell/Lenovo/HPの回復パーティション(Dドライブ)でディスク領域不足という警告が出る時、別のものがディスク領域を占有する可能性があります。例えば、Windowsバックアップまたはシステム復元ポイントです。バックアップタスクが行われる場合、バックアップ専用領域(ドライブ)がなければ、回復ドライブはバックアップを格納する最も可能性の高い場所です。ただし、保存されたデータはパーティション容量よりずっと少ないのに、Windows 7/Vistaパソコンにはまだディスク領域不足というエラー報告が送信される場合もあります。この状況で、ドライブに隠しファイルがあるかどうかを確認してください。

Windows 7ディスク容量不足によるエラーのしきい値

この問題を解決しないなら、ディスク領域不足というエラーが表示され続けます。一般的に空き領域はパーティションの合計サイズの10%ほど残ったら、エクスプローラーでパーティションのステータスバーが赤色になります。空き容量が200MB以下になってしまう時、以下の画面のような「ディスク領域不足」という警告ウィンドウが表示されます。80MB以下になると、4時間に1回、セッションあたりに2回、「このディスク領域は少なすぎます」というメッセージが30秒間表示されます。50MB(しきい値)以下になると、空き容量が50MBを超えるまで、5分に1回の割合でメッセージが30秒間表示されます。

ディスク領域不足

レジストリエディターでWindows 7のディスク領域不足の通知を消す

もちろん、このエラーを受け取った後、最初にやるべきことはディスククリーンアップを行うか、ほかのソリューションを見つけることです。しかし、一部のユーザーは警告が出たパーティションについて何も計画しなくてそれをそのまま維持したいです。そのため、ディスク領域不足の通知メッセージを無効にするだけでこの問題を解決できます(つまり、メッセージが表示されず、ディスク領域不足が解決されないことです)。では、Regedit(レジストリエディター)を使用して、ディスク容量の確認を止めます。

    注意:レジストリとは、パソコンに関するあらゆる設定情報(Windowsや各種ソフトウェアなど)が保存されているところです。重要なファイルを誤って削除すると、これらのプログラムは正常に働くことができないかもしれません。そのため、操作する時、気をつけてください。


1.
Winキー+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」ボックスを起動します。「regedit」と入力してEnterキーを押します。

2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer」に移動します。

レジストリエディター

3. 右ペインの空白部分で右クリックして「新規」→「DWORD(お使いのシステムに基づいて32ビットまたは64ビットを選択)値」を選択します。

DWORD Value

4. NoLowDiskSpaceChecks」と入力してEnterキーを押します。「NoLowDiskSpaceChecks」を右クリックして「修正(M)」を選択します。

修正

5. ポップアップウィンドウで「値のデータ」を「0」から「1」に設定して「OK」をクリックします。

値のデータを変更

    注意:将来、Windowsでディスク領域不足を確認してほしい場合、「値のデータ」を「1」から「0」に設定すればいいです。

Windows 7/Vistaでディスク領域不足を解消する3つの方法

どのパーティションでも「ディスク領域不足」というエラーメッセージが表示される時、最初にやるべきことは効果的なソリューションを見つけることです。ここでは3つの方法を紹介してWindows 7/Vistaでのディスク領域不足の問題を解決しましょう。

方法1:ディスククリーンアップを実行して「Cドライブ」の空き容量不足を解消する

通常、ディスククリーンアップで削除されるデータは主に「一時ファイル」や「ごみ箱の中身」、「エラー報告データ」です。ディスククリーンアップは普通のコンピューターユーザーが頻繁に使用するツールです。この方法は、このツールを使用してディスクの空き容量を解消することです。ただし、Cドライブだけに大きな効果を発揮できますね。

1. Winキー+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」ボックスを起動します。今回「c:\windows\SYSTEM32\cleanmgr.exe /cDrive」と入力してEnterキーを押します。必要ならば「c」をほかのドライブ文字に置き換えることができます。

実行

2. 小さなダイアログボックスが表示されるので、「OK」をクリックして動作を確認します。その後、数分がかかってWIN7(C:)にどれくらいの空き領域を作成できるかを計算します。削除したいファイルを選択し、「OK」をクリックします。

ディスククリーンアップ

    補足:

    ● 「Windowsエクスプローラー」→「WIN7(C:)」→「プロパティ」→「ディスクのクリーンアップ」を通して以上のインターフェースに入ることもできます。

    ● 「システムファイルのクリーンアップ」オプションはシステムファイルを削除できるので、注意してください。

    ● ディスク領域不足はスケジュールされたシステムバックアップによって起きるかもしれません。それらをすべて削除する前に、ほかのシステムイメージがあることを確認してください。

方法2:空き領域を利用してデータを失うことなく、容量不足のボリュームを拡張する

一時ファイルなどを削除した後、まだ「ディスク領域不足」という警告が表示された場合、この解消法で問題を解決てみましょう。警告が出たパーティションの右隣に未割り当て領域が存在する(ディスクの管理でそれを確認できる)なら、「ボリュームの拡張」を使ってパーティションのサイズを拡張できます。でも、ほとんどの状況で未割り当て領域はHDDの他に場所に分布しています。こういう時、次の方法を使用してみることができます。

1. パソコンにパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standard(Windows7/Vista/8/8.1/10の32ビットと64ビット両方に対応する)を無料でダウンロードし、インストールし、起動します。メインインターフェースでディスク領域不足のパーティションを右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティション結合

2. このページですべての未割り当て領域を選択してターゲットパーティションに結合することができます。

未割り当て領域を選択

    注意:実は、ここで未割り当て領域以外のパーティションもチェックできますし、複数の領域もチェックできます。必要に応じて選択してください。


3.
適用」→「続行」をクリックして結合変更を行います。

未割り当て領域とパーティションの結合を適用

    注意:

    ● 変更はシステムパーティションに発生するなら、再起動が要求されます。

    ● Windows Serverでパーティションをリサイズしてディスク領域不足を解消するためにAOMEI Partition Assistant Server版を使用したほうが適当だと思います。


この機能を使うと、データを失うことなく、2つの既存パーティションを結合することが可能になります。HDDに未割り当て領域がない場合、Professional版にアップグレードして1つのパーティションからほかのパーティションに空き領域を割り当てることもできます。

方法3:大容量HDDに換装してディスク領域不足を解消する

「ディスク領域不足」エラーはただ限られたディスク容量で起こされる時、最善のソリューションは現在のHDDをより大きなHDDに置き換えることです。上述したAOMEI Partition AssistantはラップトップパソコンやノートパソコンでHDDをクローン、HDD/SSDにOSを移行できる優れたツールです。OSを再インストールせずに小容量HDD上のすべてのデータを新しいディスクに迅速かつ簡単に移行できます。

HDDを新しい大容量ディスクにアップグレードする詳細な手順については、WindowsでHDDからSSDにクローンする方法を参考してください。

結論

ここまでディスク領域不足を解消しました!おめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚!

実は、Windows 7またはVistaのディスク領域不足はコンピューターを使用している間の共通問題です。最も重要なのは適切な解消法を見つけることです。加えて、拡張またはアップグレードの前にAOMEI Partition Assistantを使用してディスクまたはパーティションをチェックすることができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。