By Comnena / 最後の更新 2021年06月23日

Windows 7ブルースクリーンエラーについて

Windows 7ブルースクリーンエラー

SSDは、高度な読み書き性能と低遅延プロパティを備えており、コンピュータユーザーがオペレーティングシステムをインストールする最初の選択となっています。しかし、一部のユーザーは、新しいSSDにWindowsをインストールまたはクローンした後でブルースクリーンに苦しんでいます。これはどうやって起こるのですか?

Windows 7ブルースクリーンエラーの原因

Windows 7のSSDブルースクリーンエラーは、SSDの不良セクタまたはAHCIモードを無効にする2つの原因による発生します。正確な原因を突き止めるには、以下の手順でブルースクリーンのエラーログを調べることができます。

手順 1. デスクトップで「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

手順 2. ポップアップウィンドウで「システムの詳細設定」を選択します。

手順 3. 次は、「詳細設定」の「設定」をクリックします。

システムの詳細設定

手順 4. 「システムログにイベントを書き込む」にチェックを入れ、「自動的に再起動する」のチェックを外します。「はい」をクリックして変更を保存します。

起動と回復設定

手順 5. C:¥Windows¥Minidumpに移動し、Minidumpフォルダ内のダンプファイルをビューします。

Windows 7ブルースクリーンエラーの原因を調べた後、次は修正方法を見てみましょう。

Windows 7ブルースクリーンエラーの直し方法

SSDの不良セクタまたはAHCIモードを無効にすることで、Windows 7のブルースクリーンにすばやく修正できます。

方法 1. 不良セクタをチェックと回復

SSD上の不良セクタをチェックするには、AOMEI Partition Assistant Professionalは、便利で人気なハードディスク管理ツールとして最適です。SSDからコンピュータを起動できない場合は、まずAOMEI Partition Assistantを使用してブータブルメディアを作成する必要があります。では、ソフトをダウンロードして以下の手順に従ってください。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. USBドライブをコンピュータに接続します。AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側のペインの「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、ウィザードを従って終了します。

ブータブルUSB/CDを作成

手順 2. ブルースクリーンが頻発するWindows 7 PCに起動可能なUSBを挿入します。BIOSで起動順序を変更してUSBから起動します。

USBブートデバイス

手順 3. ログインすると、ロードされたAOMEI Partition Assistantが表示されます。システムパーティションを右クリックし、「詳細処理」と「パーティションをチェック」の順に選択します。

パーティションをチェック

手順 4. エラーをチェックする方法を選択します。ポップアップウィンドウで、「パーティション上の不良セクタをチェックします。」を選択し、「はい」をクリックします。

システムの詳細設定

手順 5. 「開始」をクリックしてチェックを開始します。

システムの詳細設定

検出された不良セクタがある場合は、まずWindows 7のシステムパーティションをバックアップします。不良セクタに重要なデータがある場合は、ディスクをプロフェッショナルデータリカバリセンターに送信します。データの破壊であるため、復旧ツールで自分でデータを復旧しないでください。すべての不良セクタがリカバリできるわけではありませんので、スケジュールバックアップを作成する必要があります。

SSDを新たに購入し、回復できない不良セクタが見つかった場合は、新しいSSDまたは修理サービスについて製造元のカスタマサポートに連絡してください。

方法 2. AHCIモードを有効にする

Windowsのインストール後にAHCIモードを有効にすると、BSODエラーを解決しないと、システムが起動を拒否します。IDEからAHCIに切り替えてWindowsを再インストールすると、プロセスが複雑でエラーが起こりやすいようです。Windowsを再インストールせずにWindows 7でSSD AHCIを有効にする方法をお勧めしたいと思います。

手順 1. コンピュータを再起動し、DelをタップしてBIOSインタフェースに入ります。

手順 2. BIOS UtilityダイアログでIntegrated Peripherals > SATA RAID/AHCI Mode> IDEを選択します(オプション名はBIOSユーティリティによって異なります。)。F10を押して変更を保存し、コンピュータを再起動します。

手順 3. コンピュータのデスクトップに入るときは、Windowsキー + Rを押して実行ダイアログを開きます。regeditと入力し、Enterキーを押すか、「OK」をクリックしてレジストリエディタを開きます。

手順 4. 左側のペインのエントリを展開して、次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\msahci

手順 5. 「Start」をダブルクリックし、値を3から0に変更します。「OK」をクリックして変更を適用します。

スタートの値を変更

手順 6. コンピュータを再起動し、SATAモードをAHCIに設定します。F10キーを押して変更を保存し、コンピュータを再起動します。

まとめ

この記事では、SSDインストール後にWindows 7のブルースクリーンを修正する方法と原因を紹介しました。上記に書いたAOMEI Partition Assistantはパーティションマネージャーとして不良セクタのチェックに役立つだけでなく、SDカードをFat32へのフォーマットWindows 7でのプライマリパーティションの論理変換など、他の高度な機能も備えています。