By Comnena / 最後の更新 2021年04月27日

任意のパーティションにも属していないディスク容量は、コンピュータによって未割り当て領域とみなされます。任意のアプリケーションも領域に書き込むことができません。未割り当て領域を最大限に活用するためには、そのスペースで新しいパーティションを作成したり、他のパーティションに追加したりする必要があります。

質問1:コンピュータのハードドライブには、C:パーティションとD:パーティション二つのパーティションがあります。また、D:パーティションの後ろには未割り当て領域があります。いくつかの他のプログラムをインストールしたいですが、今C:パーティションには十分なスペースがありません。そのため、C:パーティションにその未割り当て領域を追加することを決定しました。でも、どうすればいいでしょうか?

質問2:C:ドライブに私のオペレーティングシステムをインストールしました。時間の経過とともに、このドライブ上のデータがますます大きくなっていきます。さらに悪いことに、自分のコンピュータを起動したたびに、ディスク領域不足という警告を受けられました。しかし、このハードドライブの最後に大規模な未割り当て領域があり、2つのデータ・パーティションの間に7.8MBの未割り当て領域もあります。それでは、それらを十分に活用できる方法はありますか?

解答:Windows 8の「ディスクの管理」だけでなく、サードパーティ製のパーティションマジックツールも「Windows8未割り当て領域の追加」というタスクを簡単に解決できます。

注意:未割り当て領域の2つの用途について、注意点があります。別のパーティションに追加することができますが、未割り当て領域でパーティションを作成しないと、そこにファイルを直接に保存することができません。

Windows8の「ディスクの管理」で、ボリュームを拡張するには、隣接したパーティションだけに未割り当て領域を追加することができます。次のようにしてD:パーティションに未割り当て領域を追加することができます。

手順 1. 「コンピューター」をクリックして「管理」を選択します。それから、「ディスクの管理」を選択します。次は、D:パーティションを右クリックします。

手順 2. ポップアップウィンドウで「ボリュームの拡張」を選択します。すると、D:パーティションに未割り当て領域を簡単に追加することができます。

しかし、そこには隣接した未割り当て領域がないか、「ボリュームの拡張」オプションがグレーに表示された場合、C:パーティションに未割り当て領域を追加することができません。他の言葉で言えば、未割り当て領域に隣接するには、D:パーティションを削除する必要があります。しかし、それがデータを失う可能性があります。

この場合、ディスク分割向けのパーティションマジックツール ‐ AOMEI Partition Assistant Pro版が必要です。これが、パーティションのリサイズ/コピー、ブータブルCDの作成、Windows To Go Creatorなどの高度な機能を持っています。これらの機能を使用して、ディスクパーティション問題を簡単に解決できます。

それでは、今すぐ AOMEI Partition Assistantをダウンロードして問題を解決しましょう。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。

手順 2. Cドライブを右クリックしてポップアップウィンドウで「パーティションを結合」を選択して未割り当て領域を追加します。

パーティションの結合

手順 3. 未割り当て領域(または他の追加したいパーティション)を選択して「はい」をクリックします。

未割り当て領域の選択

手順 4. ツールバーの「適用」ボタンをクリックします。

適用

まとめ

AOMEI Partition Assistantは、Windows8のパーティションに未割り当て領域を簡単かつ安全に追加するのに役立つ最高のパーティションマネージャーです。また、パーティションの移動、パーティションの作成、および多くの高度な機能を使用できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。