Byゆき / 最後の更新日時 2020年01月09日

あなたがWindows 8のハードドライブをアップグレードする場合は、間違いなく、最初のことは前のドライブのクローンを作成することでしょう。しかし、システムパーティション内のファイルは、新しいパーティションにドラッグすることができません。無理にしたら、コンピュータが正常に起動できないことがあります。その時、サードパーティ製のクローンソフトウェアは必要です。魔法的なパーティションツールとして、AOMEI Partition Assistant Standard がハードドライブのクローンを作成できるだけでなく、システムパーティションや他のパーティションのクローンを作成することもできます。さらに、それは、パーティションのリサイズ/マージ/分割、それにそのほかの機能を持っています。詳細機能

ユーザーはパーティションのクローンやハードディスクのクローン機能をよく使うので、ほぼすべてのパーティションソフトウェアが今、クローン機能を持っています。大部分のソフトウェアは無料ではありません。しかし、フリーソフトウェア‐AOMEI Partition Assistant Standardは、パーティションのクローンタスクを安全に完成できます。

また、それは「ディスクの高速コピー」と「セクタ単位のコピー」二つのオプションを提供しています。ニーズに基づいて一つを選択してください。加えて、それはWindows 8/ 8.1/10 それに Windows 7/Vista 32ビットおよび64ビットなどをサポートしています。


上記のように、異なるクローン方法が未割り当て領域に異なる要件があります。 AOMEI Partition Assistant Standard がWindows10のディスクをクローンする2つの方法を提供しています。宛先ディスク上の未割り当て領域のサイズに応じて適切なものを選択することができます。

  • ディスクの高速コピー: 未割り当て領域のサイズがソースパーティションの使用済みサイズと同等またはそれ以上でなければなりません。

  • セクター単位のコピー: 未割り当て領域のサイズがソースパーティションサイズと同等またはそれ以上でなければなりません。

注:システムパーティションが存在しているディスクをクローンするとき、操作はPreOSモード(再起動モード)で、自動的に完了します。

次は、ディスク2(宛先ディスク)にディスク1(ソースディスク)をクローンする例です。

ステップ1: AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。そして、左側のパネルで「ディスクコピー」をクリックします。

ステップ2: 「ディスクの高速コピー」を選択して「次へ」をクリックします。

ステップ3:ディスク1がデフォルトとしてソースディスクとして選択されます。

ステップ4: 宛先ディスクとしてディスク2を選択して「次へ」をクリックします。

ステップ5:「完了」をクリックします。

ステップ6: 「適用」をクリックします。

ヒント:

  • システム/ファイル/パーティションをバックアップできるAOMEI Backupperは、Windows 8.1、 Windows 8 それに Windows 7/Vistaと完全に互換性があります。また、Windows8.1のハードドライブをクローンする手順は、Windows8のクローンする手順とも同じです。

  • グラフが示すように、ディスク2のサイズはディスク1より大きいです。ディスク1より小さい場合、ディスク1の使用済みサイズがディスク2のサイズと等しいか、より小さい場合のみに、あなたが、クローン操作を完了できます。

ディスククローンという機能の他、 AOMEI Partition Assistantは、また他の多くの機能を持っています。それでは、今すぐAOMEI Partition Assistant Standard Edition を無料ダウンロードして試してみましょう。

関連記事: