ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年09月14日

Windows8は操作インタフェースは昔のバージョン を転覆します。Windows8には長所が沢山ありますが、Windows7を使っている人はまだ多いです。Windows7はWindows XPを継いだもう一つ立派な操作システムです。2014年、Microsoft はWindows XPサービスを止めるそうです。 Windows XP とWindows 7の間にあるWindows Vistaはあんまり使用されていませんから、残した選択は二つある:Windows 8 或いはWindows 7。Windows 7を気になる人がもっと多いと信じています。

そう言えば、Windows 8システム付きのコンピュータ(殆どはノートパソコン)を買った人は多いですが、Windows 8をアンインストールしてWindows 7をインストールしようと思う人は多いです。しかし、ここには問題があります。例えば、Windows 7はインストールされないのはドライブはGPTへフォーマットされること或いはディスク上のあらゆるパーティションはGPTに保護されるからです。以上の問題を解決できますか?勿論です。ディスクにパーティションがなければ、Windowsディスクの管理でGPTをMBRに変換できます。そして、最初からあらゆるパーティションを削除しなければならないです。複雑でしょう。簡単な方法がないですか?答えは「あります」。

データを失わずにMBRにGPTを変換する方法

Diskpart

Diskpartコマンドは、以下の手順により目標を達成できます。

ステップ1:「スタート」をクリックして検索ボックスに「Diskpart」を入力します。

ステップ2:「list disk」を入力してから「select disk x」を入力し、変換するGPTディスクを選択します(xはGPTディスクの番号です)。

ステップ3:「clean」を入力してすべてを削除します。

ステップ4:「convert mbr」を入力します。

DISKPART

「ディスクの管理」

「コンピューター」を右クリック→「管理」→「記憶域」をクリックして「ディスクの管理」開きます。これでGPTをMBRに変換することができます。しかし、ディスク上にはパーティションがある場合、「MBRディスクに変換」 がグレー表示されます。その状況では、あらゆるパーティションを削除しないと、タスクを続けることができません。

ディスクの管理

ヒント:

  • ◆ Windows「ディスクの管理」のように、Diskpartコマンドは、データ損失の状況でMBRとGPT間の変換を実現できます。そのため、多くのユーザーは、データ損失がないPartition Assistantを使用しています。

  • ◆ ユーザーはMBRにGPTシステムディスクを変換したい場合は、そのマザーボードはEFI/ UEFIブートモードをサポートしていることを確認する必要があります。マザーボードはBIOSブートモードだけをサポートしている場合は、MBRハードドライブ上のオペレーティングシステムを起動することはできません。

  • ◆ 現在、AOMEI Partition Assistantが、データを失うことなく、MBR と GPT間の非システムディスク(データディスク)の変換をサポートできるだけでなく、MBR と GPT間のシステム・ディスクの変換もサポートできます。

AOMEI PartitionAssistantでデータを失わずにGPTをMBRに変換する

上記のとおりにWindows 8でGPTをMBRに変換する簡単な方法があります。それはAOMEI Partition Assistant Professionalのような第三者ソフトウェアを使うことです。ディスク変換できるだけでなくて、データも失わないですから、プロ第三者ソフトウェアは重要なツールです。

あるディスクをMBRディスクへ変換する:

  • ◆ ディスクを選んで変換する;

  • ◆ ディスクを右クリックして 「MBR ディスクに変換」を選ぶ;

  • ◆ 「はい」をクリックして操作を確認して続く;

  • ◆ ツールバーで「適用」をクリックして変更をコミットする。

MBRディスクに変換

詳細について

Windows 8エンタープライズエディションには「Windows to Go」と称される機能があります。これでポータブル Windows USB ドライブを作成できますが、エンタープライズエディションには内蔵機能しかありません。だから、上記のとおりにプロ第三者ソフトウェアは重要です。AOMEI Partition Assistantには「Windows 8 to Go Creator」と称される機能があります。エンタープライズかどうかにかかわらず、ポータブルWindows 8も作成できます。AOMEI Partition AssistantはWindows 7 でもWindows 8でもうまく作動できます。そしてAOMEI Partition AssistantはWindows serverOSもサポートします。無料AOMEI Partition Assistant Lite Editionと有料AOMEI Partition Assistant Server Editionがあります。詰まり、AOMEI Partition Assistantは パーティションを最適化にする機能 (基本的な機能から高級的な機能まで)を提供するし、Windows OSesを殆どサポートする強力なパーティションソフトウェアです。