ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月23日

一般的に言えば、C:パーティションは、Windows8システムを起動したときに、オペレーティング・システムによって発見されることが予想されているデータやプログラムを保存するためのデフォルトのパーティションです。C:パーティションのディスク容量が不足している場合、Windows 8システムが正常に動作できます。一方、Windows8の更新、プログラムのインストールそれにデフラグなども続行できません。それで、Windows8のパフォーマンスを向上させるし、ディスクスペースを充分に活用するために、Windows8のC:パーティションを拡張することが絶対に必要です。

Windows8内蔵の「ディスクの管理」ツールが「ボリュームの拡張」機能を提供していますが、それはまだいくつかの欠点があります。たとえば、あなたがC:パーティションを拡張する場合、C:パーティションの後ろのパーティションを削除しなければなりません。それで、無料のパーティションマネージャーAOMEI Partition Assistant Standard Editionが必要です。これは、任意のデータを損傷することなく、パーティションを削除することなしに、C:パーティションを拡張できます。

ステップ1:AOMEI Partition Assistant Standardを起動します。

パーティションリサイズのソフト

ステップ2:D:パーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ3:ポップアップウィンドウで、次のように右方向へスライドバーをドラッグします。

パーティションDを縮小

ステップ4:D:パーティションから未割り当て領域を解放します。

未割り当て領域を取得

ステップ5:はい」をクリックします。そして、Cドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。ポップアップウィンドウで、右方向へスライドバーをドラッグしてパーティションを拡張します。

パーティションCを拡張

ステップ6:はい」をクリックします。全ての変更のプレビューが表示されています。その後、「適用」ボタンをクリックして操作をコミットします。

パーティションサイズの変更を実行

「パーティションのリサイズ」の他に、AOMEI Partition Assistantは、また、パーティションをリサイズしてC:パーティションを拡張し、パーティションを移動して場所をリセットし、2つのパーティションを一つにマージし、一つのパーティションを二つ以上に分割し、パーティションから空き容量を割り当て別のパーティションを拡張し、パーティションを複製してシステムドライブやデータを移行し、このようなサイズ変更パーティションなど他のいくつかの便利な機能を提供しています。また、Windowsやアプリケーションを再インストールせずにディスクをコピーすることができます。それでは、今すぐ、AOMEI Partition Assistantを無料でダウンロードして試してみましょう。