ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年10月20日

エラー概要:Reboot and select proper Boot Device

Windowsユーザーにとっては、「Reboot and select proper Boot Device」は一般的なエラーであるかもしれません。通常、コンピューターシステムのBIOSが起動可能なドライブを認識できないか、オペレーティングシステムがインストールされているドライブを認識できない場合、このエラーメッセージが表示されます。時々、それは読者様のコンピュータをフリーズさえして、キーボードが正常に機能するのを妨げます。ほとんどの場合、コンピュータを再起動してもメッセージは表示され、Windowsは起動に失敗します。

Reboot And Select Proper Boot Device

このような問題を簡単にトラブルシューティングできるように、次にこのエラーの原因と効果的な直し方を示します。

エラー原因:「Reboot and Select Proper Boot Device」

次の要因のいずれかがこの問題を引き起こす:

● 起動ディスクが正しく接続されていないか、ディスクが破損しているか故障しています。

● 起動ディスクが不良なケーブルを介して接続され、SATAスロットが損傷しているため、BIOSで認識できません。

● BIOSでの起動順位が間違っています。

● Windowsブートファイルを格納するパーティションがアクティブとしてマークされていない場合、Windowsは起動できなくなります。

● マスターブートレコード(MBR)が破損しています。

● ブートファイルが失われたり破損したりします。

● CMOSバッテリーに障害があります。

直し方6つ:Reboot and select proper Boot Device

Windows 10/8/7では、このようなエラーに繋がる要因が多い可能性があるため、ほとんどのユーザーにとって正確な原因を見つけて対応策を講じることは困難です。幸いなことに、次のパートでは、異なる原因によって異なる対処法を提供しているので、Windowsでエラーが修復されるまで、1つずつ試すことができます。

直し方1. システムディスクがBIOSによって認識されることを確認

まず、起動ディスクがBIOSによって認識されているかどうかを確認する必要があります。コンピュータを再起動し、F2、Del、またはその他の必要なキーを押し続けて、Windowsがロードされる前にBIOSに入ります。次に、矢印キーを使用して「メイン」タブにアクセスします。このタブでは、BIOSによって認識されたすべてのドライブを確認できます。

ブートディスクがここで表示されていない場合は、コンピューターをシャットダウンし、別のケーブルまたはSATAスロットを介して再接続する必要があります。それでもブートディスクが表示されない場合は、ブートドライブが損傷している可能性があります。新しいものと交換して、問題が解決するかどうか確認してください。

ただし、ブートディスクが表示される場合は、BIOSがそれを正常に認識したことを意味するため、「Reboot and Select Proper Boot Device」エラーはいくつかの論理的な原因で発生するはずであるので、次の技術的方法を実行しないといけません。

直し方2. BIOSで起動順序を確認

オペレーティングシステムをロードするディスクが優先順位TOPの起動デバイスとして設定されていない場合、起動エラーの関連問題が発生します。その場合は、起動順序を変更し、起動可能なデバイスに設定してください。

1)電源ボタンを押し、必要なキーを押し続けてBIOS環境に入ります。

2)キーボードの矢印キーを押して「Boot」タブを表示し、起動順序の設定を変更して起動ドライブを優先起動デバイスに設定します。

3)BIOSユーティリティの指示に従い、「Exit」タブに移動します。

4)Exit Saving Changes」オプションを見つけて選択し、変更を保存します。

5)コンピュータを再起動します。

直し方3. プライマリパーティションをアクティブとしてリセット

Windows 10/8/7で「Reboot and Select Proper Boot Device」エラーを修復するには、プライマリパーティションをアクティブとしてリセットしてみます。

まず、Windowsインストールメディアを接続し、そこからコンピューターを起動します。次に、「システム回復オプション」または「トラブルシューティング」で「コマンドプロンプト」をクリックし、最後に次のコマンドを順番に入力してEnterキーを押します:diskpart -> select disk 0 -> list partition 1 -> active。ブートパーティションの番号を選択します。

直し方4. Windowsインストールディスクを使用せずに破損したMBRを再構築

MBRが損傷すると、ウィンドウに黒い画面が表示され、ブートメディアを挿入するように求められる場合があります。この状況では、MBRの再構築を試みることができます。Windows 10/8/7でこれを行うには、サードパーティ製のソフトウェアが必要になる場合があります。AOMEI Partition Assistant Pro版は安全性と信頼性が高いものです。元のWindowsインストールディスクを持ってなくても、破損したMBRを再構築するのに役立ちます。

作業を始める前に:空のUSB(8 GB以上)を動作中のコンピューターに接続し、ソフトをダウンロードし、インストールし、実行してから、メインインターフェースの左パネルの「ブータブルCD/USBを作成」機能をクリックしてブータブルUSBを作成します。(注:だから、次の操作前に起動可能なUSBにはAOMEI Partition Assistantがプレインストールされています。)

ブータブルメディアの作成

次に、以下のように操作します:

1)「Reboot and Select Proper Boot Device」問題が発生しているコンピューターに起動可能なUSBを接続します。BIOSで起動順序を変更して、USBからパソコンを起動します。

2)ログインすると、ロードされたAOMEI Partition Assistantが表示されます。システムディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

システムディスクMBRを再構築

3)使用している現在のOSに適したMBRタイプを選択します。

MBRタイプを選択

4)メインインターフェイスに戻り、「適用」と「続行」をクリックして、MBRの再構築を開始します。

MBRの修復を始める

次に、MBRが完全に再構築されます。さらに、この機能多様のソフトウェアは、ハードディスクの不良セクターをチェックするのにも役立ちます。

直し方5. コマンドプロンプトから破損したブートファイルを修復

Windowsインストールディスクから起動します。Windowsセットアップ画面で言語と地域を選択し、「コンピューターを修復する」、「トラブルシューティング」、「コマンドプロンプト」の順にクリックしてコマンドプロンプトウィンドウを開き、以下のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

● bootrec /fixmbr

● bootrec /fixboot

● bootrec /scanos

● bootrec /rebuildbcd

その後、コマンドプロンプトを終了してコンピュータを再起動します。

直し方6. 障害のあるCMOSバッテリーを交換

CMOSバッテリーは、マザーボードにある小さな円形のセルです。バッテリーが破損または故障している場合は、「Reboot and select proper Boot device」エラーが発生する可能性があります。次に、コンピュータのケースを開き、マザーボードにアクセスして、CMOSバッテリーを取り外します。電源ボタンを数秒間押し続けて、残留電荷を解放します。最後に、CMOSバッテリーを正常なバッテリーと交換します。

CMOSバッテリーを交換

結論

こんなに多くの異なるソリューションを使用して、Windows 10/8/7の「Reboot and Select Proper Boot Device」エラーを直すことができます。一部の方法ではWindowsインストールディスクが必要ですが、AOMEI Partition Assistantを選択するとインストールディスクが要らなずにプロセス全体を簡単に実行できます。その他に、Windows 10/8/7で紛失したパーティションを復元するとか、1つのパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てるとか、パーティションを削除せずにMBRとGPTの間でディスクを変換するとかなどのより多くの高度な機能を楽しめるために、Pro版にアップグレードしていいです。

とにかく、読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!