Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

「ディスクの管理」は、ユーザーのコンピュータのパフォーマンスを最適化し、パーティションをよく管理できるWindows8に内蔵されたツールです。これより、ユーザーは任意のソフトウェアをダウンロードすることなく、購入することなく、ハードディスクを管理できます。

主な機能:

● ボリュームの拡張、縮小

● ボリュームの 作成、削除、フォーマット

● ベーシックディスクからダイナミックディスクへとの変換

● ドライブ文字の追加、変更

● MBRとGPTディスク間の変換

● ダイナミックディスクからベーシックディスクへとの変換

● アクティブパーティションの設定

制限:

● OSパーティションの右側には連続した未割り当て領域がない場合、OSパーティションを拡張することはできません。その場合、「ボリュームの拡張」オプションは、ディスク管理コンソールで灰色で表示されます。

● OSパーティション後ろのデータパーティションを縮小することによって、それを拡張することはできません。 「ボリュームの縮小」機能は、縮小するパーティションの右側だけに未割り当て領域を生成します。

● すべての既存のパーティションを削除する前に、MBRとGPT間の変換を実行できません。

● パーティションの最小のサイズに縮小することはできません。

Windows 8「ディスクの管理」に内蔵された「ボリュームの縮小」機能は、パーティションのサイズを縮小して未割り当て領域を生成することができます。それでは、Windows内蔵の「ディスクの管理」で任意のパーティションに未割り当て領域を再配分することはできますか?詳細な手順を見てみましょう。

ステップ1:「コンピューター」を右クリックして「管理」を選択します。それから、「記憶域」フォルダ下の「ディスクの管理」をクリックしてWindows 8「ディスクの管理」を開きます。次に、縮小するパーティションを右クリックして「ボリュームの縮小」を選択します。次のようです:

ボリュームの縮小

ステップ2: ポップアップウィンドウで、縮小する領域のサイズを入力します。

dの縮小

すると、E:パーティションの後ろに未割り当て領域が表示されます。それを右クリックしたら、新しいパーティションを作成できる「新しいシンプルボリューム」だけが表示されます。

未割り当て領域

新しく生成未割り当て領域は、Windows 8「ディスクの管理」で常にパーティションの右側にあります。しかし、「ボリュームの拡張」は、後ろに未割り当て領域を持つパーティションのみを拡張できます。だから、C:パーティションと隣接していない未割り当て領域をシステムパーティションに追加することはできません。

Windows向けのパーティションマジックソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistantは、安全かつ簡単にディスクパーティションを管理できる多くの強力かつ多彩な機能を備えています。未割り当て領域の場合、それはどこにあっても、AOMEIは任意のパーティションに移動することができます。それを使用して、自由にC:パーティションを拡張できます。それでは、AOMEI Partition Assistant Standard を無料ダウンロード してその強力な機能を体験して見ましょう。(ファイルサイズ:7.65MB)

ヒント: AOMEI Partition Assistantは、最新のWindows8.1/10と完全に互換性があります。そして、Windows8.1/10でボリュームを縮小する手順がWindows8でボリュームを縮小する手順と同じです。それはまた、Windows7、Vista、XP、2000などのオペレーティングシステムをサポートできます。

実行する前に:

● お使いのディスクには未割り当て領域があることを確認してください。それがない場合、パーティションのサイズを変更して未割り当て領域を取得できます。

● あなたが実行しようとしているパーティション上に実行されている他のアプリケーションがある場合は、AOMEI Partition Assistantが、それらのアプリケーションを閉じるか、PreOSモードでこの操作を実行することと注意します。

ステップ1:AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。次は操作する前のメインインターフェイスです。C:パーティションのサイズは39.61GBです。

インターフェース

ステップ2: 拡張したいパーティション(ここではC)を右クリックして「パーティションをマージ」を選択します。

パーティションのマージ

ステップ3: ポップアップウィンドウで、C:パーティションと未割り当て領域をクリックして「はい」をクリックします。

はい

ステップ4: ここまで、C:パーティションが44.15GBに拡張されます。次は、「適用」をクリックして操作をコミットします。

適用

以上のことから見れば、Windows8「ディスクの管理」は、いくつかの制限があると言えます。それがパーティションを縮小して新しいボリュームを作成することだけができます。隣接していないパーティションに未割り当て領域を追加することはできません。でも、ディスクの空き容量不足という迷惑な警告を解消し、コンピュータのパフォーマンスを向上させるには、AOMEI Partition Assistantを使用して、C:パーティションに未割り当て領域を簡単に追加することができます。

また、このパーティションソフトウェアは、SSDにOSを移行し、ブータブルCDを作成し、パーティションを作成/移動/リサイズ/フォーマット/削除することができます。ですから、あなたはディスクスペースを最大限に活用するには、AOMEI Partition Assistantを使用しましょう。