ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

SSDについて

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、USBメモリなどと同様にメモリーチップを内蔵した記録媒体を指します。HDDと違って内部で機械的に駆動する部分がないためサイズが小さく軽いのが特徴です。

HDDとSSDの違い

▼データの保存方法

HDD:内蔵された磁気ディスクが回転し、磁気ヘッドで特定の場所にアクセスすることによってデータを読み書きしています。

SSD:USBメモリのように、内蔵しているメモリーチップにデータを読み書きしています。

▼処理速度の速さ

HDD:磁気ディスクや磁気ヘッドの物理的な移動があるため、処理速度はSSDに劣ります。

SSD:磁気ディスクや磁気ヘッドの物理的な移動がないため、処理速度が比較的に速いです。

起動時の駆動音

HDD:調子が悪くなったときは駆動音が異音に変わることも多いです。

SSD:磁気ヘッドの回転がないため、パソコンの起動時なども駆動音が発生しにくいです。

電力や発熱

HDD:熱がこもれば冷却ファンが作動しますが、PCから大きな音が発生します。

SSD:消費電力が少ないのもあり、HDDと違ってほとんど発熱しません。

衝撃への強さ

HDD:読み書き中に衝撃を与えると磁気ディスクを傷つけてしまい、故障の原因となります。

SSD:物理的駆動部分がないため、耐震衝撃に強いです。

寿命

HDD:寿命は、使用時間が関係していますが、SSDより寿命が短いといわれています。

SSD:寿命は、使用時間と書き込み回数が関係していますが、容量が多いほど寿命も長くなります。現在ではSSDの寿命はHDDより長いと言われています。

軽量化

HDD:SSDに比べて重いです。

SSD:HDDに比べて軽いです。

価格

HDD:大容量で安く購入できます。

SSD:HDDと比較すると割高です。

つまり、SSDの利点は:

衝撃に強く、発熱、消費電力が少ないです。

読み書きの速度が非常に速い作動音がないです。

HDDよりサイズが小さく、軽いです。

形状が様々で、PCの小型化に寄与しています。

……

なぜSSDを最適化にする?

上記のように、SSDにはいろいろな利点があります。だから、SSDは最速を求める多くのコンピュータユーザーに好まれます。近年、SSDの容量が大きくなってきたこともあり、急速に普及しつつあります。

しかし、こんなSSDの性能はさまざまな要因によって影響(断片化など)を受けやすいですから、特定の操作で性能を最適化した方がよりよいと思われます。

読者様にSSDを十分に利用していただくためのSSD最適化方法を次の内容で紹介します。合わせて五つありますから、ご希望の一つを選んで操作してよろしいと思います。ここでWindows 8/8.1を例としますが、方法はこのWindowsバージョンの他のPCシステムにも適用です。

どうやってWindows 8/8.1でSSDを最適化にする?

もし読者様はWindows 8/8.1のユーザーであれば、ハードディスクはSSDであれば、そして、SSDを最良なパフォーマンスで作動させれば、Windows 8 / 8.1で以下の5個ヒントのようにSSDを最適化にしてください。

1. システムはAHCIモードで作動していることを確保する

もしごシステムはWindows 8 PCであれば、Windows 8でSSDを最適化するには、システムはAHCIモードで作動していることを確保する必要があります。そしてBIOSセットアップに入って、AHCIモードにSATAコントローラモードを変更することです。

    ヒント: BIOSに入る一般的な方法は、コンピュータの起動中に「Delete」キーまたは「F2」キーを押すことです。


Windowsに入た後、AHCIモードを有効にするには、次の方法に従ってください。その後、コンピュータを正常に起動できます。

● 「Win+R」ショートカットを押して「実行」ダイアログボックスを開きます。

● 「regedit」を入力して「Enter」キーを押してレジストリエディターを開きます。

● 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\msahci」場所に移動します。

● スタート値を「0」に設定します(0は、AHCIを有効にする意味である)。

または、

IDEでSATAコントローラモードが表示されている場合は、IDEからAHCIに変更するには、次の手順を実行します。

● Windowsキー+Rキーを使用して「msconfig」を入力して「システム構成」を開きます。

● 「ブート」タブで「セーフブート」を選択し、「適用」を押します。

● 変更を適用した後、コンピュータを再起動します。

コンピュータがBIOS設定に戻り、ディスクモードをAHCIに変更する前に、新しい構成を保管して、再始動してください。

システム構成

2. TRIMは有効になっていることを確認する

Windows XPまたはVista PCを使用している場合を除き、TRIM機能はデフォルトで有効になっています。TRIMコマンドを使用すると、使用していないブロックからデータを消去するようにSSDに通知できます。これらのブロックを消去すると、書き込み速度が低下し、寿命全体にわたって最適なパフォーマンスが維持されます。

デフォルトでは、TRIM機能はWindows 7、8、8.1、および10で有効になっていますが、ときどき発生しないことがあります。TRIMが正しく設定されていることを確認する方法は次のとおりです:

● 管理者としてCMDを実行し、「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」と入力します。

● 結果はDisableDeleteNotify = 0であれば、TRIMが有効です。しかし、結果は1であれば、「fsutil behavior query | set DisableDeleteNotify = 0」と入力して手動で有効にする必要があります。

fsutil behavior query Disable Delete Notify

    ▼注意:

    ● TRIMを動作しないWindows XPまたはVistaである場合は、サードパーティ製SSD管理ソフトウェアでTRIMを強制的に有効にする必要があります。

    ● デフラグを無効にしなくていいです。Windows 8以降のデフラグは、SSDに対して定期的にTrimコマンドを発行してパフォーマンスの改善を行っているため、自動実行スケジュールとデフラグを無効化する必要はありません。ただし、デフラグが実行されるタイミングは自分がPCを使用していない時間帯に変更したほうがいいかもしれません。PCを使おうとしたらデフラグ中とか嫌ですから。

3. SuperFetch禁止

SuperFetch禁止でSSDを最適化にするには、スタートメニューで 「services.msc」を入力して、 Enterキーを押します。ポップアップウィンドウで「SuperFetch」を見つけてダブルクリックして、そして以下の通りに「SuperFetch」を禁止します。

superfetchを無効させる

4. ディスクの索引付けを無効にする

ディスクの索引付けはハードディスクドライブでファイルをアクセスする時間を短縮する為の物です。HDDよりSSDは非常に速く反応しますから、SSDのディスクの索引付けを有効にする必要がないです。

「コンピューター」をダブルクリックしてWindowsエクスプローラを開きます。SSDパーティションを右クリックして「プロパティ」を選択します。「全般」タブの下部に、「このドライブ上のファイルに対し、プロパティファイルだけでなくコンテンツにもインデックスを付ける」のチェックを外します。

disk indexingを無効させる

5. SSDパーティションは整列されたことをチェックする

パーティションのアラインメントは、SSDの新しい概念です。これは、SSD上のすべてのパーティションの開始位置が2048の倍数であることです。また、それはデータ書き込み速度と読み取リ速度を向上させられます。

    AOMEI Partition Assistant Proはパーティション管理のためのオール・イン・ワンソフトウェアです。これはHDDまたはSSDのパーティションを整列し、ディスクのパフォーマンスを強めることに役立っているものです。

    その他に、Windows10でCドライブを拡張するには、データを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合や分割することができます。ただ数回クリックだけで完了できるので、ずいぶん時間を節約できます。ちなみに、AOMEI PA ProはHDD/SSDへOSを移行、Windows 10/8/7でブータブルUSBを作成、MBRを修正するような新機能も提供します。

    ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換、OSやデータをSSDに移行などの機能を使用できる。

    ● SSDの完全消去などのような高度な機能を利用できる。

    ● Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応する。


ステップ 1.
AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、開きます。整列するつもりのパーティションを右クリックして、「詳細処理」>「パーティションを整列」(パーティションのアライメント)を選びます。

パーティションを調整する

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、パーティションが整列されているかどうかを確認することができます。プログラムが「パーティションは整列されました。もう一度整列する必要がありません。」と表示したら、それはパーティションが整列されていたことを意味します。このようなケースでは、他のパーティションをチェックし続けることができます。

パーティションのアライメント

そうではない場合、それがパーティションが整列されていないことを意味し、パーティションの整列値(最適化が推奨される)を設定する必要があります。その後、「はい」をクリックして次へ進みます。

パーティションは整列されていない

ステップ 3. 適用」と「続行」をクリックしてパーティションの最適化操作を実行します。完了するまで少々お待ちください。

パーティションの最適化を適用

▼注意:

● もしパーティションは正しく整列されたら、AOMEI Partition Assistantは通知で伝わります。

● パーティションが整列されてから、データの位置は変わられますが、データ損失になりませんから、ご心配しないでください。もし、その操作途中で何か間違えて、データ損失のことを心配するなら、あらかじめ大切なデータをバックアップしておくこともいいです。

● もし整列されているパーティションに大量的なデータがあれば、タスクを完了する時間は必要です。だから、ごゆっくり待ってください。

● もしServerシステムを使用するなら、Serverにアップグレードするほうが適当だと思います。もし会社営業者であり、複数のパソコンでこんな操作を実行するなら、Unlimited版を選択するほうがお得だと思います。

結論

ここまでSSDの意味、SSDの利点、SSDを最適化にする原因及び方法を紹介しました。五つ方法がありますので、読者様はご希望の一つを選んで問題を解決することができます。