ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月04日

4TBの外付けHDDが認識されない、または4TBのHDDが2.2TBしか表示されない。大丈夫だよ、今回の記事はこういう問題の原因と解決策を紹介します。

問題が起こる

“バックアップのファイルを格納するために購入してWindows Serverに使っていますウェスタンデジタルの4TBHDDがWindows Server 2012で2TBだけ表示され、使えます。これは一体どういうことですか。どうやって4TBHDDの未割り当て領域を取り返しますか。セーバーが大容量のHDDにサポートしていませんですか。

ところで、もう一つの3TBのHDDを注文したが、まだ途中です。このHDDは今使っています古いHDDを取り替えるために購入します。もし、本当にサポートしていないと、この新しいHDDをキャンセルしてより小さなサイズのHDDを買うつもりです。しかし、こうしたくないです。誰か、助けてください!”

MBRの制限なので4TBのHDDがWindows Serverに動けません。

上記の例に見れば、最も可能な原因はMBRの制限により発生した問題です。最初にHDDをパソコンに接続した時、HDDをMBRかGPTに初期化する選択肢があります。MBRは2TB以上のHDDを対応していませんと言われていますがGPTはこんな悩みがないんです。4TBのHDDを相応しくないパーティションタイプに初期化したら、HDDが正確に使用できません。この問題は簡単にMBRをGPTへ変換して済みます。

但し、MBRをGPTへ変換する前に、注意しなきゃいけないことがあります。Windows Server 2012OSをGPTのディスクにインストールしようとしたら、必ずマザーボードがEFIかUEFIのブートモードをサポートするかどうかを確かめた上で行います。ブートディスクとしていない場合はマザーボードがサポートする必要がありません。

MBRをGPTへ変換するでServer 2012に4TBのHDDが2TBしか使えない問題を解決

Windows Server 2012はディスクの管理とdiskpartユティリティが組み込んでいます。これらのツールで空いたHDDをMBRからGPTへ変換できますので、全てのパーティションとボリュームが消えます。一番早いの経路は、デスクトップの左下のWindowsを右クリックして、ディスクの管理を選択して開きます。まずはHDDをパソコンに接続します。

Windows Serverの組み込みツールでHDDをGPTへ変換します

Server 2012のディスクの管理ツールに,全ての既存パーティションを右クリックして、「ボリュームの削除」を選択します。パーティションがなくなるまで繰り返します。次に、HDDを右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択して、作業は数秒間で完了するはずです。

Convert to GPT Disk Management

Diskpartの方はまずCMDを開き、を合わせて押します、ダイアログボックスに「diskpart」を入力して、ツールを実行します。下記のコマンドを一行目ごとに入力 してでを押します。

  • list disk
  • select disk n
  • clean
  • convert gpt
  • exit
ヒント:[n]はGPTへ変換したい4TBのHDDのディスク番号です。

Diskpart convert gpt

メモ:

  • 変換は全てのデータが消えますので大事なファイルをバックアップしてから変換します。

  • 4TBのHDDがServer 2012 (R2)をインストールされ、GPTエラーが発生する場合はを同時に押してコマンドプロンプトを開けます。

データを失わなくてMBRからGPTへ変換する

Windowsの組み込みツールは空いたHDDのみをGPTへ変換できるので、既にインストールしたOSを含むHDDをGPTへ変換するのは無理です。ここでは、ディスクをそのままGPTへ変換させるソフトウェアを紹介します。AOMEI Partition Assistant ServerはWindows Server 2012 (R2)、Server 2003などで全てのデータが失わなくてMBR & GPT変換できます。

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。正確に表示されない4TBのHDDを右クリックして、GPTディスクへ変換をクリックします。

Convert 4TB HDD to GPT

2. 操作を確認します。

OK

3. 適用をクリックして最後の確認を行った上で、続行をクリックして、作業を実行します。

Apply and Proceed

ヒント:

  • システムが動作しているため、再起動が必要です。OSを起動しないでGPTへ変換したい場合はブータブルメディアを作成してもいいです。

  • Windowsで逆にGPTをMBRへ変換することもできます。

  • 想定外の意外でデータを失う可能性があるので、必ず先にバックアップしてください。

  • 4TBのHGSTのHDDがWindows Server 2012に1.62TBしか表示されない問題も同じ方法で解決できます。

4TBのHDDが正確に表示されないの他の原因と対処

MBRの制限だけではない、他にも色々な原因がこの問題につながる可能性があります。

  • 32ビットOSの制限:32ビットのWindowsはEFI/UEFIブートモードをサポートしないので、MBRしか使えません。4TBのHDDを使う場合はデータディスクとして使うか32ビットのOSを64ビットにアップグレードします。
  • ソフトウェアのフィルタードライブの影響:4TBの外付けHDDがGPTへ変更した後でServer 2012 R2に認識されないのは、フィルタードライブまたは特定のバックアップソフトウェアの影響を受けたかもしれません。バックアップソフトウェアをアンインストールしてみて、またはソフトウェアのサポートに問い合わせます。
  • サーバーのコントローラーカードがサポートしない: マザーボードはUEFIブートモードに対応できて、HDDもGPTへ変換しましたが、まだ問題が解決していない場合は、コントローラーカードがGPTパーティションタイプの大容量HDDを対応できませんかもしれません。コントローラーカードをアップグレードします。
  • サーバーのドライバーが古い:例えば、Dell PowerEdge T320はドライバーをアップデートしないと、4TBの外付けHDDを認識できません。メーカーのHPから最新版のドライバーをダウンロードしてこの問題を解決できます。

結論

4TBのHDDはWindows Server 2012に正確に表示されないの原因は多いから、自分の状況を正しく把握して相応しい対処をとります。MBRからGPTへ変換以外、AOMEI Partition Assistant ServerはWindows Server 2012のディスクパーティションを管理に関するあらゆる問題を解決できます。パーティションの移動、合併、拡張、皆の機能をお試してください。