ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月06日

システムパーティションの容量は不足になっているので、未割り当て領域を作成してシステムパーティションを拡張したいと思うユーザーが多いかもしれません。容量の使い切りを予防するために、システムパーティションを拡張することは必要だと思うユーザーもたくさんいます。なぜなら、もし容量を使い切ったら、システム全体やあらゆるアプリの作動速度は遅くなるからです。ただし、Windows Server 2016/2012/2008でシステムパーティションを拡張する方法は一体何ですか?

幸いなことに、この記事ではシステムドライブを拡張するために、未割り当て領域と他の他のパーティションを結合する方法を提供します。

方法1:[ディスクの管理]でシステムパーティションを拡張

Windows Server 2016(ここで2016を例とします) には[ディスクの管理]というディスクを管理するツールがあります。スタートメニューの[スタート]→[ツール]→[コンピュータの管理]→[ディスクの管理]をクリックし開きます。または!WINキー+Rキーを押して「diskmgmt.msc」と入力してEnterキーを押して開くこともできます。

こうしたら、ディスクの大体状況が見えるよになります。もしWindows Server 2016のシステムパーティションの後ろに未割り当て領域が付いたら、そのシステムパーティションを右クリックして[ボリュームの拡張]を選択して未割り当て領域を作成できます。

ボリュームの拡張

不足:

Windows Server 2016のシステムパーティションの右側には未割り当て領域が付いてなければ、[ボリュームの拡張]という選択はグレー表示されます。こうなったら、未割り当て領域を作成する[ディスクの管理]は無効になりました。

ディスクの管理

こんな状況では、まだWindows Server 2016のシステムボリュームを拡張したければ、C: パーティションの後ろに隣接するパーティション(ここでは D: パーティション)を削除することは必要です。結果、削除されたパーティションにある重要なデータを失う恐れがあります。その前に、バックアップをお勧めします。

方法2:Diskpartによって、システムドライブを拡張

DiskPartは、Windows Vista、Windows® XP、および Windows Server 2003® ファミリで使用されるテキストモード コマンドインタープリタです。このツールにより、スクリプトを使って、または直接コマンド プロンプトで入力して、オブジェクト (ディスク、パーティション、またはボリューム) を管理することができます。[ディスクの管理](Disk Management)とは異なり、コマンドラインでCドライブの容量不足を解決することです。では、システムパーティションを拡張するには、次のsyntaxを使用してください!

● List disk

● Select disk 0

● List volume

● Select volume

● Extend size=

以下のスクリーンショットのように入力します。

diskpart

これで、Cドライブがいっぱいになったということが解決されました。

不足:

Diskpartはアップグレードしたベーシックディスク上に作成されたボリュームではなく、ダイナミックディスク上に作成されたボリュームを拡張しかできません。ベーシックディスク上のボリュームを拡張する場合に、「Diskpart failed to extend the volume. Please make sure the volume is valid for extending」(Diskpartはボリュームを拡張することができなかった。ボリュームの拡張は有効であることを確認してください。)というエラーが届きます。

もし本当にこの方法でボリュームを拡張したければ、そのボリュームはNTFSファイルシステムでフォーマットされることは前提です。もし拡張したいパーティションの後ろに未割り当て領域がなければ、そのコマンドも無効になります。

上述の二つ方法ではWindows Server 2016のシステムパーティションを拡張できなければ、他の仕方がありますか?次へ進みます。

方法3:専門ツールでWindows Server 2016のCドライブの容量を増やす

ディスクパーティション管理ソフトWindows Serverユーザーにとって、システムパーティションの容量が不足になったら、システムの実行速度は非常に遅くなります。だから、Windows Server 2016システムの実行速度を高めるには、システムパーティションに未割り当て領域を作成することは大切になります。Windows Server 2016の制限を破るには、AOMEI Partition Assistant Server、Windows Server 2016/2012/2008/2003向けに未割り当て領域を作成してシステムパーティションを楽に拡張できるWindowsディスクの管理ソフトをここでは、お勧めしたします。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverをダウンロード、インストールして起動します。そこでディスクの具合が見えます。未割り当て領域はディスクの端にあります。C: パーティションを右クリックして[パーティションを結合]を選択します。

パーティションの結合

ステップ 2. お互いに隣接していない領域でも、パーティションをマージできるページに移動します。

マージの選択

ステップ 3. [はい]をクリックし、メインインターフェイスに戻ります。ツールバーで「適用」をクリックします。あらゆる操作には問題があるかどうかを確認することができます。もし問題がなければ、「続行]をクリックし続けて終了まで待っています。

以上の手順のようにやったら、Windows Server 2016のシステムパーティションを拡張することも楽々になるでしょう。ちなみに、パーティション拡張のウィザードでWindows Server 2016のパーティションサイズを調整することもできます。

その他に、この無料版はラベルの変更、パーティションの移行/リサイズ/フォーマットなどディ スクの基本管理をサポートします。

もし読者様はSSDの完全消去(パフォーマンスの向上、ディスクの転売など)、MBRの修復(起動 エラー)、高速分割(一つパーティションを複数に分割)、パーティションを割り当てる(Cドライ ブの拡張など)、ブータブルCD/USBを作成(どこでも自分のシステムを使用)、OSをSSD/HDDに移行など(ディスク換装、データ移行)のよ うな問題を解決するつもりがあれば、このソフトのPRO版とサーバ版を使用するのは効率よいと思い ます。詳細はこちらへ

パソコンの長時間使用と共に、ディスクエラーがよく起こるかもしれません。上記の機能を利用することで、ユーザの生活や仕事に 便利を与えると思います。では、試してみましょう~!