By Asher / 最後の更新 2022年03月04日

皆からの悩み

こんにちは!私のマシンはWindows Server 2016を実行しています。素晴らしいソリッドステートドライブ(SSD)を購入しました。今購入した新しいSSDで既存のOSディスクを交換したいと思いますが、オペレーティングシステムや他のアプリケーションを再インストールするのが面倒なので、ずっとやっていません。何かアドバイスはありますか?どうもありがとうございました!

Windows Server 2016のクローンについて

上記のように、Windows Server 2016オペレーティングシステムと他のアプリケーションを新しいSSDドライブに1つずつ再インストールするのは面倒です。Windows Server 2016には、バックアップを作成できる組み込みツールであるWindows Server Backupがあります。Windows Server Backupでバックアップを作成できますが、バックアップイメージを復元する必要があり、少し面倒です。さらに、Windows Server Backupにはいくつかの制限があります。例えば、バックアップ/コピーの数の制限、バックアップされたアイテムの制限、バックアップスケジュールの制限などです。

したがって、時間と労力を節約するために、Windows Serverユーザー向けサードパーティクローン作成ソフトAOMEI Partition Assistant Server版を強くお勧めします。このソフトは、再インストールせずに、Windows Server 2016ハードドライブをSSD/HDDに複製できます。このクローン作成ソフトウェアは、複雑な操作を必要とせず、Windows ServerのハードディスクまたはWindows OSのディスクを数回クリックだけでSSD/HDDにクローンすることができます。

更に、このソフトはほかの利点があります。

利点1.クローン方法は2つあります。一つは、「ディスクの高速クローン」(ディスクの使用済み領域だけクローンする)方法です。もう一つは、「セクタ単位のクローン」(すべてのセクタを丸ごと別のディスクにクローンする)方法です。これにより、ハードドライブをより小さなハードドライブにクローンするか、BitLockerハードドライブを簡単にクローンできます。

利点2.さまざまなSSD、HDD、SSHD、SDカードなどをサポートします。これにより、MBRシステムディスクをGPTディスクに、またはGPTシステムディスクをMBRディスクにクローンでき、クローンした後に安全に起動することもできます。

利点3.クローン作成プロセス中にSSDのパーティションアライメントを調整し、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。

では、デモ版をダウンロードしてお試しいただけます!

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

再インストールせずにWindows Serverのクローンを作成

Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003でOSディスク全体またはOSのみをクローンすることができます。

状況 1. Windows Server 2016でディスクを別のSSD/HDDにクローン

Windows Server 2016 OSと他のアプリケーションを維持する場合は、ディスク全体を別のディスクにクローンできます。まず、ターゲットSSDまたはHDDをマシンに接続し(ターゲットディスクの容量がソースディスクの使用済みスペースより小さくてはならない)、AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版をインストール、実行します。その後、次の手順に従ってやってください(ここでは、インストール先ディスクはSSDを例とします)。

ステップ 1. ソフトウェアを実行し、Windows Server 2016がインストールされているハードディスクを右クリックして、「ディスククローン」を選択します。

Windows 10/8/7でディスクをコピー

ステップ 2. この画面で、「ディスクの高速クローン(推奨)」と「セクタ単位のクローン」から適切な方法を選択します。

二つのディスクコピー方法

★2つの方法の違い:
前者は使用済み領域だけをコピーし、後者はディスクのすべてのセクタをコピーします。
前者では、ターゲットディスクの容量がソースディスクの使用済み容量以上である必要があります。 ソースディスクの全容量よりも大きくする必要があります。

ステップ 3. 準備したSSDをターゲットディスクとして選択し、「SSDの性能を最適化」オプションをオンにして「次へ」をクリックします(ターゲットディスクがHDDの場合は、「最適化」オプションをオンにしないでください)。

SSDをインストール先のディスクとして選択

ステップ 4. このウィンドウで、ターゲットディスク上のパーティションを編集できます。

パーティションを編集

注意:Windows Serverをより小さなディスクにクローンする場合、最初のオプションはグレー表示されます。

ステップ 5. クローン作成後にクローン作成されたドライブから正常に起動する方法についてのメモが表示されます。注意深く読み、心に留めておいてください。

メモ

ステップ 6. ここで操作のプレビューが表示されます。確認後、「適用」と「続行」をクリックします。

続行

状況 2. Windows Server 2016でOSを別のSSD/HDDにクローン

ターゲットSSD/HDDにWindows Server 2016を保存しようと思いましたが、その容量なら元のHDD上のすべてのデータを格納することができません。こんな場合はServer 2016 OSのみをSSD/HDDにクローンし、元のHDDをデータストレージデバイスとして使用できます。

ステップ 1. AOMIE Partition Assistant Serverを起動して、「OSをSSDに移行」を選択し、「次へ」をクリックします。

Windows Server 2016でOSをSSDにクローン

ステップ 2. SSD上の未割り当て領域を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

SSD上の未割り当て領域を選択

ステップ 3. ここでSSDのシステムパーティションを調整できます。その後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

SSDのシステムパーティションを調整

ステップ 4. 操作確認後、「適用」→「実行」をクリックして実行します。

ノート:
上記の操作はPreOSモードで実行されるため、再起動が必要です。
クローンされたハードディスクからパソコンを正常に起動できることを確認する前に、元のハードドライブを拭いたり、その上のCドライブを削除したりしないでください。
MBRディスクをGPT SSD/HDDにクローンする場合、またはGPTからMBRディスクにクローンする場合は、起動モードをLegacyとUEFIの間で変更する必要があります。

結論

Windows Server 2016ディスクを別のディスクにクローンするには、AOMEI Partition Assistantの「ディスククローン」を使用して、この作業を簡単に完了できます。元のディスクの使用済み容量がターゲットディスクの容量より大きい場合は、不要なファイルを削除してクローン作成前にアプリケーションをアンインストールできます。

それでもターゲットディスクのサイズが小さい場合は、「OSをSSDに移行」機能を使用して、Windows Server 2016のOSをSSD/HDDに移行し、元のHDDをデータ保存デバイスとして使用することができます。さまざまな状況に応じて、Server 2016の移行を選択できます。

AOMEI Partition Assistantには、削除または失われたパーティションの回復、データを失うことなくMBRをGPTに変換するなど、他の多くの機能があります。