ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月07日

私は物理HDDを1つ搭載したWindows Server 2012マシンを持っていて、うまく使いました。しかし、最近、HDDの空き容量がほとんどなくなってくることを発見しました。今使っているHDDをより大きなHDDに切り替えるつもりですが、古いServer 2012やその上のデータを維持しながら、HDDを切り替える方法がありますか?

シナリオで出た問題を解決する方法

上述したユーザーは、データを格納するハードディスクの容量が不足してくるという最も一般的な状況に遭いました。データを失うことなくHDDを切り替えたい場合は、Windows Server 2012(R2)を別のHDD/SSDにクローンすることが、その目標を達成する最良の方法だと思われます。ちなみに、Windows Server 2012(R2)をクローンするメリットが多いです。

    シナリオで提出した問題を解決するには、次の2つの方法があります:

    ● OSのみをHDD/SSDに移行し、そのHDD/SSDをデータストレージドライブとして使用することができます。こうしたら、大容量HDDを購入するためにお金を使う必要はありません。

    ● もしお金が充分であれば、HDDを別の大容量HDD/SSDに交換し、古いHDDから新しいHDD/SSDにデータを丸ごと移行することができます。


実際には、Windows Server 2012をクローンすることで他の多くの問題を解決できます。例えば、Windows Server 2012を別のHDDにクローンすると、データ損失を防ぐことができます。だから、もし今使っているHDDが壊れると、HDDクローンが保存されている新しいHDDと交換するだけでいいです。

では、Windows Server 2012(R2)を別のHDD/SSDにクローンする方法はありますか?

Windows Server 2012(R2)を別のHDD/SSDにクローンする方法

Windows Server 2012(R2)をクローンすることは簡単ですが、クローンされたHDD(ソースディスク)から起動すれば、状況は少し複雑になります。次の内容は、Windows Server 2012(R2)を別のHDD/SSDにクローンする方法と、クローン後にそのHDD/SSDから起動する方法についての詳細です。

Windows Server 2012(R2)用クローニングソフトウェア

Windows Server 2012(R2)をクローンするため、サーバークローニングソフトウェアが必要です。AOMEI Partition Assistant Serverは、最も優れたクローンソフトウェアです。

いくつかの簡単な手順だけでWindows Server 2012(R2)を別のHDD/SSDにクローンすることができます。このソフトウェアを使用すると、Windows Server 2012(R2)を柔軟にクローンできます。Windows Server 2012(R2)全体のクローンも、特定なパーティションのクローンも正常に行われます。

OSをSSD/HDDに移行する場合、「OSをSSDに移行」という機能を使用するだけでいいです。では、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows Server 2012(R2)をクローンする方法は一体何ですか?ここでは、Windows Server 2012マシンでHDD全体をクローンすることを例とします。

Windows Server 2012(R2)を別のディスクにコピーする方法

Windows Server 2012(R2)を別のディスクにコピーするには、予め準備するものがあります:

● Windows Server 2012(R2)マシンの元のHDDより大きなHDD。新しいHDDにデータの一部だけをクローンしたい場合、HDDの容量はせめてデータのサイズと同じです。また、HDDをマシンに接続し、認識できるかを確認します。

● Windows ServerマシンにAOMEI Partition Assistant Serverをインストール。または、Windows Serverユーザー向け無料版であるAOMEI Partition Assistant Liteをダウンロードして、HDDをコピーしてみることができます。

準備がすべて完了したら、Windows Server 2012(R2)の古いディスクのコピーを開始できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverを起動します。お使いのマシン上のHDDの詳細情報を表示します。Windows Server 2012(R2)を別のHDD/SSDにクローンするには、元のディスクを右クリックして、ポップアウトメニューから[ディスククローン]を選択する必要があります。または、左ペインの「ディスククローン」をクリックしてクローンを開始します。

サーバでディスクをクローン

ステップ 2. ここでは、Windows Server 2012(R2)をクローンする方法を選択できます。「ディスクの高速クローン」では、ソースディスク上の使用済み領域だけをクローンするため、大容量HDDから小容量HDDにクローンすることができます。また、必要に応じてパーティションサイズを編集できます。だから、こちらから「ディスクの高速クローン」機能を心から強くお勧めします。

ディスクの高速クローン

NOTE:「セクタ単位のクローン」機能では、使用されたかどうかにかかわらず、ソースディスクを丸ごとクローンします。こうしたら、クローン作成中にパーティションのサイズを調整する必要がなくなりません。ちなみに、より多くの時間とより大きなターゲットディスクが必要になります。

ステップ 3. 次に、準備したHDDを宛先ディスクとして選択する必要があります。SSDにクローンする場合は、「SSDの性能を最適化」というオプションをチェックしてください。こうして、パーティションアラインメントを調整してから、HDDをSSDにクローンするようになります。

準備したHDDを宛先ディスクとして選択

ステップ 4. ここでパーティションを編集できます。または、クローン後にAOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows Server 2012パーティションのサイズを変更することもできます。

パーティションを編集

ステップ 5. クローン作成後にクローンされたHDDからパソコンを起動する方法に関する注意事項が表示されます。ちゃんと読んでください。また、「完了」をクリックします。

完了

ステップ 6. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックしてプロセスをサブミットします。

適用

この進行はPreOSモードで実行されます。終了したら、起動順序を変更し、新しいHDDから起動できるようになります。または、古いHDDを新しいHDDに切り替えて、それから直接起動することもできます。

結論

AOMEI Partition Assistant Serverを使用してWindows Server 2012(R2)をクローンすることは非常に簡単そうです。実際には、上述した操作は本当に簡単です。「ディスクをコピー」のほかに、「パーティションのコピー」機能も提供します。この機能を使用すると、HDD全体のクローンの代わり、特定のパーティションをクローンできます。

OSのみを新しいHDDに移動する場合は、「OSをSSDに移動」機能でその目標を達成できます。だから、このソフトはご要件を複数満たす最高のサーバークローニングソフトウェアだと思われます。さらに、Windows Server 2012の他に、Windows Server 2003/2008/2016もサポートします。つまり、使用する価値があります。どう?良いでしょう!ダウンロードして試してみてください!