By Asher / 最後の更新 2022年04月15日

NTFSとFAT32について

NTFSとFAT32は、コンピューター(より適切に言えばオペレーティングシステムというもの)によって使用されている2つの異なるファイルシステムです。

FATは、File Allocation Table(ファイルアロケーションテーブル)の略語であり、初期のコンピューターで使用されているファイルシステムです。WindowsやMS-DOSなどで利用されるファイルシステムです。FATは本でいう索引のようなもので、ファイルへのアクセス要求があった場合、FATを参照してファイルの格納場所を調べてから、実際のファイルにアクセスします。MS-DOS、Windows 3.1で使用されていたものがFAT16で、ファイルを16ビットで管理します。

FAT32はFAT16を拡張したファイルシステムです。主としてWindows 98・Windows Meで使われ、Windows 2000・Windows XPでもサポートしています。ファイル管理は32ビットに拡張され、ディスクの利用効率が高くなっています。

FAQ:fat32についての専門知識

NTFSは、New Technology File System(Windows NT系の標準ファイルシステム)の略語であり、マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」が採用するファイルシステムのひとつで、現在Windowsで使用されている主なファイルシステムになってきます。Windows NT・Windows 2000・Windows XP・Windows Vista・Windows 7で使用できます。複数の利用者がアクセスするファイルサーバーで利用できるよう、ファイル別・アカウント別のアクセス権を設定できます。また、耐障害性やセキュリティー機能の強化が図られ、ファイル圧縮や暗号化もサポートします。

ここでは、次のフォームで2つの異なるファイルシステムの比較を紹介しました。

特徴 FAT32 NTFS
最大パーティションサイズ 2TB 2TB
最大ファイル名 8.3キャラクター 255キャラクター
最大ファイルサイズ 4GB 16GB
ファイル/フォルダーの暗号化 ダメ 可能
フォールトトレランス ダメ 自動修理
セキュリティ ネットワークのみ ローカルおよびネットワーク
圧縮 ダメ ダメ
変換 可能 ダメ
互換性 Windows95/97/98, WindowsMe, Windows NT 4.0, Windows 2000, Windows XP/Vista Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11, Windows Server 2000, 2003, 2008 (R2), 2012 (R2), 2016, 2019, 2022

実は、ユーザーがNTFSファイルシステムとFAT32ファイルシステムの間で変換することで異なる状況の異なる問題を解決するということです。だから、この記事では、Server 2012でNTFSをFAT32に変換する必要がある場合とその変更方法を紹介します。

Windows Server 2012でNTFSをFAT32に変換する場合

一般的には、NTFSをFAT32に変換する場合がたくさんあります。

NTFSと互換性のないWindowsオペレーティングシステムでドライブを使用する場合は、FAT32に変換して問題を解決する必要があります。

例えば、ドライブがNTFSファイルシステムですが、お使いのデバイス(XBox 360、PS3、Androidなど)がFAT32をサポートしかできない場合は、ハードドライブがデバイスに表示されません。この状況では、NTFSをFAT32に変換する必要があります。

Windows Server 2012でNTFSをFAT32に変換する方法

理論的には、NTFSをFAT32に簡単に変換できると思われます。ただし、NTFSは安全なプロトコルに従うため、変換は簡単ではありません。したがって、最も効果的な方法は、ハードディスク上のすべてのデータをバックアップしてから、ディスクをFAT32ファイルシステムでフォーマットすることです。ここでは、Windows Server 2012でNTFSをFAT32に変更する3つの方法を提供します。

方法1. Windows Server 2012のディスクの管理でNTFSをFAT32に変換

Windows Sever 2012ではパーティションがフォーマットできることがわかる読者様はいますね。そのため、ディスクの管理ツールが無料でNTFSをFAT32に変換する一番目の選択です。

手順 1. 「スタート」をクリックし、「サーバーマネージャー」を選択します。サーバーマネージャーで「ツール」をクリックし、「コンピューターの管理」を選択して、「ディスクの管理」をクリックします。

手順 2. 次に、FAT32に変換するパーティションを選択して右クリックし、「フォーマット」を選択します。

FAT32に変換するパーティションを選択してフォーマット

手順 3. パーティションのフォーマット画面がポップアップされますが、NTFSをFAT32にフォーマットすることは選択できないことが表示されます。

FAT32にフォーマットすることは選択できない

ディスク上のすべてのデータを削除

しかし、Windowsに付属のディスク管理ツールは、32GB未満のNTFSからFAT32へのフォーマットにしか対応しておらず、すべてのデータが消去されます。

方法2. DiskPartコマンドでNTFSからFAT32に変換する

Windowsでディスクやパーティションの問題が発生した場合は、DiskPartコマンドを利用して解決する場合が多いです。以下は手順は以下のとおりです。

手順 1. 「Windows+R」キーを合わせて押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。実行ダイアログで「diskpart」を入力して、Enterキーを押し、DiskPartコマンドを開きます。

手順 2. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

list volume

selevt volume 2(2はフォーマットしたいボリュームの番号です)

format fs=fat32 quick

exit

DiskpartでNTFSをFAT32にフォーマット

上記の手順を実行すると、NTFSからFAT32へのフォーマットが正常に完了できます。ただし、NTFSをFAT32に変換する時、「NTFSドライブにCONVERTは使用できません」というメッセージが表示され、コマンドが正しく機能しない場合があります。

NTFSドライブにCONVERTは使用できません

方法3. データを失うことなくServer 2012でNTFSをFAT32に変換

ここまで、「ディスクの管理」とDiskPartコマンドを使用すると、Windows Server 2012でNTFSをFAT32に変換できないことがわかります。だから、NTFSをFAT32に変更する別の方法を見つける必要があります。さて、ディスク上のすべてのデータを保持しながらServer 2012のNTFSをFAT32に変換する方法はありますか?はい!あります。サードパーティ製のザーバ向けディスクパーティション管理ソフトであるAOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、データを失うことなくNTFSからFAT32への変換を簡単に完了できます。詳細な手順は次のとおりです。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

手順 1. FAT32に変換するNTFS外付けハードディスクをサーバー2012に接続します。AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして実行します。

手順 2. データを失わずにServer 2012でNTFSをFAT32に変換するには、ここで「全てのツール」> 「NTFS to FAT32 変換器」をクリックしてNTFS to FAT32 変換器を開きます。

NTFS to FAT32 変換器

手順 3. ウィザードに移動して、ディスク上の古いデータを保持したままNTFSをFAT32に変換します。「NTFS to FAT32」を選択し、「次へ」をクリックします。

NTFSをFAT32に変換

手順 4. FAT32に変換するNTFSパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。

FAT32に変換するNTFSパーティションを選択

注意:NTFSで圧縮および暗号化されたファイルがある場合、プログラムはパーティションを分析します。さらに、「圧縮ファイルの解凍を開始」と「これらの暗号化ファイルの復号化を開始」をワンクリックするだけで、ファイルを直接処理できます。

手順 5. FAT32に変換されるパーティションを確認し、「続行」および「はい」をクリックします。

変換を続行

手順 6. 変換が実行されています。変換が完了するとメッセージが表示されます。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Serverを使用すると、サーバ2012(R2)でNTFSをFAT32に簡単に変換できます。このソフトウェアは、Windows Server 2022/2019/2016/2008(R2)/2003でも動作します。WIndows Server用の優れて包括的なディスクパーティション管理ソフトとして、使用者はディスクとパーティションをより良く管理できます。たとえば、Windows Serverのシステムパーティションを拡張すること、またはダイナミックディスクをベーシックディスクにデータを失うことなく変換することです。社内で複数の会社員が使用する必要がある場合は、台数無制限のコンピュータ向けUnlimited版を選択する方がお得だと思います。