By Comnena / 最後の更新 2021年07月06日

Windows Server 2012の起動に失敗しました

起動可能なUSB

Windows Server 2012が起動しないという問題が発生する可能性があります。Windows Serverの起動エラーは、不正なブートセクター、破損したマスターブートレコード(MBR)などが原因で発生する可能性があります。Windows Serverインストールディスクまたはリカバリディスクがある場合は、MBRを修正し、ブートセクターを修復し、コマンドプロンプトからWindows Serverを修復できます。しかし、インストールディスクまたはリカバリディスクがない場合はどうすればよいですか?

優れた起動可能なUSBメーカー

Windows Server 2012が起動していないが、インストールディスクまたはリカバリディスクがない場合は、サードパーティの起動可能なUSBメーカーであるAOMEI Partition Assistant Serverを使用して、Server 2012のブータブルUSBを作成して、起動できないマシンを起動するか、MBRを再構築するか、ブートエラーを修復しますブートエラーをチェックして修復します。

これにより、Windows Server 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)などの他のWindows Serverオペレーティングシステム用の起動可能なUSBを作成することもできます。CDまたはDVDが手元にある場合は、以下の操作を参照してWindows ServerブータブルCD/DVDを作成できます。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

Windows Server 2012を例としてブータブルUSBを作成

まず、操作前に、USBドライブを一つ準備しておいてください。そして、この専門ソフトAOMEI Partition Assistant Serverをお使いのパソコンにダウンロードし、準備したUSBをパソコンに接続します。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストール、実行します。メインインターフェイスで、「ウィザード」メニューの「ブータブルCD/USBを作成」をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

ステップ 2. 次の画面が表示されます。二番目の「USBブートデバイス」を選び、「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

ステップ 3. この画面で、「お使いのUSBディスクをフォーマットします。このディスク上の重要なデータをバックアップしてから、操作を再実行することをお勧めします。このディスクをフォーマットしてもよろしいですか?」というメッセージが表示ます。必要に応じて、選択してください。問題なければ、[はい]をクリックして次へ進みます。

USBドライブのフォーマットを確認

ステップ 4. 操作の完了まで少々お待ちください。その後、[完了]をクリックします。これで、Windows Server 2012でブータブルUSBを作成してしまったのです。

ブータブルUSBの作成を完了

もしただブータブルUSBを作成したくていいと思うなら、上記まで結構十分だと思われます。ただし、WindowsPCまたはServerが起動しないというエラーを修復する必要がある場合は、次へ進みます。

WindowsPCまたはServerが起動しないとき、ディスクエラーを修復

AOMEI Partition Assistantを使用して作成したばかりのブータブルUSBををパソコンに接続し、BIOSに入り、USBからWindows Server 2012またはその他のOSを起動できるようになります。

ログインすると、AOMEI Partition Assistant Serverが自動的に起動します。またこの二つの方法でディスクエラーを修復してみます:MBRを再構築、パーティションエラーをチェックして修正

方法1:システムディスク上の破損したMBRを修復

MBRが破損すると、「Invalid partition table」、「BOOTMGR is missing」(WindowsPCにもWindowsServerにも適用)などのエラーメッセージが表示され、オペレーティングシステムが起動できなくなる可能性があります。こんな場合は、まず、以下の手順でMBRを修復します。

ステップ 1. この画面でメインインターフェースが表示されます。修復したいディスク(ここはシステムディスク)を右クリックし、「MBRを再構築」を選びます。

サーバー用のMBRを再構築

ステップ 2. この画面で、Windows Server 2012用のMBRの種類を選択し、「はい」をクリックします。

Windows Server 2012用のMBRの種類を選択

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、操作のプレビューが表示されます。問題なければ、「適用」をクリックし、「続行」をクリックし、MBRを修復します。

方法2:システムディスクのエラーをチェックして修正

MBRの再構築が無効になっている場合は、エラーをチェックして修正することをお勧めします。詳細な手順は次のとおりです。

ステップ 1. メインインターフェースで、システムパーティション(ここではCドライブ)を右クリックし、「詳細処理」→「パーティションをチェック」の順にクリックします。

パーティションをチェック

ステップ 2. 必要に応じて、表示される3つのオプションから一つ選びます。ここで「chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します」を選択し、「はい」をクリックします。

chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します

ステップ 3. インターフェースのツールバーで「適用」をクリックし、システムディスクのチェック、修復操作の終了まで少々お待ちください。

注意:このソフトのバージョンによって、あなたに異なる機能を提供します。まず、あなたの場合に最も適切な一つはどちらですか今見てみましょう~

結論

Windows PCまたはWindows ServerでブータブルUSBを作成したい場合、またはOSが起動しないのでシステムパーティションをチェックし修復したい場合、またはただディスクをチェックしたい場合は、このツールで実行できます。

上記のインターフェースのように、AOMEI Partition AssistantはCドライブ容量を増やす、空き領域の割り当て、パーティションの移動、データを失うことなくパーティションを結合、OSをSSDに移行、MBRとGPTの変換、SSDの完全消去などをもサポートします。つまり、ハードディスクを全面的に管理できます。では、一緒に楽しみましょう~(*^__^*)

さらに、ITプロフェッショナル、システム管理者や技術者向けAOMEI Partition Assistant Technician版が提供されます。ソフトのすべての機能が含まれているし、1つのライセンスが無制限台数のパソコンで使えます。つまり、これは会社運営者にとっての絶好のツールですね。

はい~以上でご参考になれば幸いです。