By Asher / 最後の更新 2022年04月14日

 

Windows Server 2008 R2用のリカバリUSBを作成するにはどうすればよいですか?

昨日、私のServer 2008 R2は理由もなく正常に起動できなくなりました。サーバーのオペレーティングシステムを修復するためにWindows Server 2008 R2リカバリUSBを作成できるとどこかで読みました。しかし、私はそれをどのように行うのか分かりません。誰か詳しいガイドを教えてくれませんか?どうもありがとうございました!

- www.quora.comからの質問

Windows Serverリカバリディスクについて

Windows Server 2008 R2リカバリディスクの作成方法を理解する前に、リカバリディスクとは何か、およびWindows Serverリカバリディスクをいつ作成する必要があるかを理解する必要があります。

リカバリディスクとは?

リカバリディスクはパソコンに付属するCD-ROM、もしくはDVD-ROMで、ハードディスクの中身を出荷時の状態に戻すためのものです。プリインストールされたオペレーティングシステムやアプリケーションソフトを収録するので、OSだけでなくプリインストール・ソフトも入れ直せます。パソコンがうまく動かなくなったときや、パソコンを人に譲るときなどに使います。出荷時の状態に戻すと、それまでに自分で入れたソフトやデータは消えてなくなります。自分でインストールしたソフトや設定も含めたリカバリーディスクを作れるものなら、自分の作業環境がすぐに復元できて便利です。

リカバリディスク

Windows Serverリカバリディスクをいつ作成する必要があるか?

上記のユーザーケースーから、ディスクエラー、破損したBCD、破損したMBR、ハードドライブの障害などのさまざまな要因により、Windows Serverマシンが起動できない場合があることがわかります。これが発生したら、コンピューターを修復して再び動作させるためにWindows Serverリカバリディスクが必要になります。

Windows Server 2008 R2 USBリカバリディスクを作成する方法

Server 2008のリカバリUSBを作成するために、2種類のツールが用意されています。Microsoft社のWindows USB/DVDツールとAOMEI Partition Assistant Serverです。そこで、それぞれについて紹介します。

方法1.Windows USB/DVDツールを使用してUSBリカバリディスクを作成

Windows USB/DVDダウンロードツールは、Windows Server ISOをUSBドライブに書き込み、インストールディスクとしてWindows Serverの環境設定に入り、以前のバージョンを使用してコンピューターシステムイメージを復元することができます。

したがって、元のWindows Server 2008 R2のインストールCDまたはDVDをお持ちの場合、そこから直接コンピューターを起動して、コンピューターのオペレーティングシステムを復元できます。もし持っていないなら、以下の手順を確認してください。

続行する前に、次のことを行う必要があります:

空のUSBディスクを準備します。元のServer 2008 R2コンピューターを起動できない場合は、動作中のServerコンピューターに接続します。

パート1. Windows USB/DVDダウンロードツールをダウンロード

Windows USB/DVDダウンロードツールを、USBフラッシュドライブが接続された動作中のコンピューターにダウンロードします。このツールを正常に実行するには、「.NETFramework2.0so」をダウンロードする必要がある場合もあります。

手順 1. ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックし、「Windows USB/DVDダウンロードツールのセットアップ」画面に入ったら「次へ」をクリックします。

Windows USB/DVDダウンロードツールセット

手順 2. 次のウィンドウで「インストール」ボタンをクリックし、インストールを開始します。

インストール

手順 3. インストールが完了したら、「完了」をクリックして、画面を閉じます。

パート2. Windows Server 2008 R2 ISOファイルを準備

Microsoftの公式サイトから必要なバージョンのWindows ISOファイルをダウンロードできます。または、Windows Serverインストールメディアを作成して必要なバージョンのWindows ISOファイルを作成することもできます。ここでは、後の方法の手順を詳しく示します。先ずは公式サイトでWindowsメディア作成ツールをダウンロードしたら、そのセットアップファイルをダブルクリックして、次の手順に進みます。

手順 1. Windowsメディア作成ツールが起動したら「適用される通知とライセンス条項」が表示されます。「同意する」をクリックして続行します。

手順 2. 次のウィンドウで、「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

別のPCのインストール メディアを作成する

手順 3. 言語、アーキテクチャ、エディションを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 4. 使用するメディアを選択するウィンドウで「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。

「ISOファイル」を選択

手順 5. ダウンロード処理が開始されます。終了後、次のウィンドウが表示されます。最初のオプションを選択し、「終了」をクリックします。

手順 6. その後、作成されたISOファイルを保存する場所を選択して「保存」をクリックします。

パート3. Windows USB/DVDダウンロードツールでリカバリUSBを作成

手順 1. Windows USB/DVDダウンロードツールを開き、「参照」をクリックして、作成されたまたはダウンロードしたWindows Server 2008 ISOファイルを見つけます。

参照

手順 2. メディアの選択画面でUSBデバイスまたはDVDという二つのオプションがあります。ここでは「USBデバイス」を選択します。そして、「次へ」をクリックします。

USBデバイス」を選択

手順 3. 次に、準備したUSBドライブを選択します。次に、「コピーの開始」をクリックします。

コピーの開始

手順 4. ポップアップウィンドウで「USBデバイスの消去」をクリックして、操作を確認します。

手順 5. リカバリUSBを作成の進捗状況を確認することができます。

リカバリUSBを作成の進捗状況を確認

パート4.作成したリカバリUSBでWindows Server 2008を修復

サーバーリカバリUSBドライブを正常に作成したら、Server 2008 R2を正常に実行していないコンピューターに接続します。次に、次の手順を実行して、マシンのバックアップからWindows Server 2008を復元できます。

手順 1. リカバリUSBドライブからコンピュータを起動します。

手順 2. Windowsのインストール画面が表示され、言語、時刻と通貨、または入力方式などを選択して「次へ」をクリックします。

手順 3. 次の画面で「コンピューターを修復する」をクリックします。

手順 4. 「システム回復オプション」画面で、「以前に作成したシステムイメージを使用して、コンピューターを復元します。」をクリックして、「次へ」をクリックします。

システム回復オプション

手順 5. 「システムイメージバックアップの選択」インターフェイスで、「利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する(推奨)」または「システムイメージを選択」を選択し、「次へ」をクリックします。

システムイメージバックアップを選択

手順 6. 次の画面で、ディスクのフォーマットと再パーティション化を選択できます。次に、「次へ」をクリックします。

ディスクをフォーマットしてパーディションに再分割する

手順 7. 最後に、選択した画像をプレビューできます。すべて問題がなければ、「完了」をクリックします。

手順 8. ポップアップする警告メッセージで「はい」をクリックし、選択したイメージでコンピューターの復元を開始します。

イメージでコンピューターの復元を開始

Windows Server 2008の復元に加えて、設定画面でShift + F10を押してコマンドプロンプトを開き、コマンドプロンプトを使用してServer 2008 R2を修復できます。

知っておくべきこと

この方法では、マシンにシステムバックアップイメージが存在する必要があります。つまり、Server 2008がクラッシュする前にシステムをバックアップする必要があります。

ISOによって作成された修復ディスクは、対応するサーバーバージョンでのみ使用できます。つまり、Windows Server 2008(R2)リカバリメディアは、Server 2008(R2)のリカバリにのみ使用できます。

システムを回復(復元)すると、ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システムイメージ内のデータによって置き換えられます。だから何か重要なものを失うでしょう。

方法2.AOMEI Partition Assistantを使用してUSBリカバリディスクを作成

最初の方法の制限により、ここでは2番目のツールであるAOMEI Partition Assistant Serverを紹介します。これを使用すると、リカバリとして使用できる起動可能なWindows Server USBドライブを作成できます。以前の状態に復元するのではなく、Win PE環境でServer 2008 OSを修復するためのリカバリーディスクとして使用することができます。

さらに、互換性が高く、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019、および2022で正常に動作します。破損したMBRを再構築し、ハードドライブにエラーがないかチェックして修復し、サーバーの起動の問題を修正して正常に起動できるようにします。今それを行う詳細の手順をご覧ください:

パート1. 起動可能なServer USBドライブを作成

AOMEI Partition Assistant Serverのデモ版を無料でダウンロードできます。まず空のUSBドライブを動作中のサーバーコンピューターに接続します。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

手順 1. 空のUSBフラッシュドライブに接続されている稼働中のサーバーコンピューターにAOMEI Partition Assistant Serverをインストールして実行します。左側にある「ブータブルCD/USBを作成」をクリックします。実行する操作を確認してから、「次へ」をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

手順 2. 挿入したUSBドライブを選択し、「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

手順 3. 次に、ブータブルUSBを作成するためにUSBをフォーマットする必要があるメッセージが表示され、「はい」をクリックし、USBの作成が開始します。プロセスが完了するのを待ちます。

開始

パート2. 作成したリカバリUSBでindows Server 2008を修復

ここで重要な質問があります。どうやってリカバリUSBドライブを使用してWindows Server 2008 R2を修復しますか?

まず、実行中のサーバーコンピューターから起動可能なUSBドライブを取り外し、サーバー2008 R2コンピューターに挿入する必要があります。次に、再起動してBIOSに入り、最初の起動デバイスとして起動可能なUSBドライブを選択します。最後に、ターゲットディスクからコンピューターを起動できます。

サーバーブートマネージャー

ログインした後、AOMEI Partition Assistant Serverが自動的に実行されます。その後、「MBRを再構築」および「パーティションをチェック」機能を使用してサーバーOSを修復できます。

「MBRを再構築」機能で破損したMBRを再構築

手順 1. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスに入り、システムディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

手順 2. 現在のオペレーティングシステムに適したMBRタイプを選択し、「はい」をクリックします。

Windows Vista/2008

手順 3. メインインターフェイスに戻ります。「適用」→「続行」をクリックし、操作を実行します。

「パーティションをチェック」機能でサーバーパーティションにエラーがないかを確認

手順 1. システムパーティションを右クリックし、「詳細処理」下の「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションをチェック

手順 2. 次のウィンドウで、エラーをチェックする方式の「chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します」を選択して、「はい」をクリックします。

チェックオプション

手順 3. ウィンドウで「はい」をクリックしてチェックと修復を始めます。

これらの操作を完了すると、USBドライブを取り外し、ブートマネージャーに戻り、プライマリハードドライブを選択し、コンピューターが起動できるかどうかを確認することができます。

最後

このガイドでは、サーバーのオペレーティングシステムを修復するためのWindows Server 2008 R2 USBリカバリディスクを作成するための2つの方法を共有します。実際の状況や要件に応じて選択できます。

AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server OS修復用のリカバリUSBを作成するだけでなく、サーバーのパフォーマンスを最適化するために、Server OSをSSDへクローンし、再起動せずにServer OSパーティションを拡張し、データを失うことなくパーティションを分割するなど、その他の高度な機能も提供します。

また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。