ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月02日

Windows Server 2012の「ディスクの管理」

Windows Server 2012を使っているうちにディスクを管理しようとする時はWindowsの組み込みツールが一番最初の選択肢でしょう。各ディスクとパーティションの種類、ファイルシステム、状態、容量や空き領域などの情報が「ディスクの管理」に表示されます。HDDをベーシックディスクからダイナミックディスクへ変換し、空いたHDDをMBRからGPTへ変換する色々な機能があります。パーティションに対して、HDDを割り当て、パーティションをフォーマットし、パーティションのドライブレターを変更し、パーティションを拡張または縮小し、あとはパーティションを削除することができます。

但し、Windows Server 2012のディスク管理機能は全ての問題に備え切れません。例えば、「ディスクの管理」では未割り当て領域と隣接しないとNTFSパーティションを拡張できません。パーティションを縮小しても生じた未割り当て領域は縮小したパーティションの後に隣接するなら、この領域で他のパーティションを拡張できません。ところで、このツールでベーシックディスクをダイナミックディスクへ変換できるが、逆にダイナミックディスクからベーシックディスクへ変換したい場合は、ディスクを空にしないといけません。ディスクをGPT/MBRへ変換することも空にしないとできません。従って、より実用的な代替ソフトウェアが必要です。

新しい選択肢:ディスクを効率よく完全管理

より効果的な方法でWindows Server 2012のディスクを管理しようとして、特にWindows Server 2012でパーティションを拡張する場合はAOMEI Partition Assistant Serverを使ってみましょう!ディスクの管理と違って、このソフトウェアでは全ての未割り当て領域(隣接するかどうかにもかかわらず)を使ってパーティションを拡張できます。データを失わなくてディスクをGPTまたはMBRへ変換し、ダイナミックディスクをベーシックディスクへの変換もサポートします。AOMEI Partition AssistantはServer 2012のディスク管理ツールより遥かに実用です。他の機能は下記のように:

機能1パーティションをリサイズ/移動

使用場合:

ディスクパーティションの空き領域が不足しているなら、例えば、Cドライブの容量不足エラーが表示される場合、この機能を使用して他の十分な空き容量のあるパーティションをリサイズ(縮小)してCドライブをリサイズ(拡張)してエラーを解消することができます。

空き領域を生じて、新しいパーティションを作成するなら、この機能を使用することができます。

パーティションを縮小するだけの場合もこの機能を使用することができます。

パーティションの位置を変更する場合もこの機能を使用することもできます。

パーティションをリサイズ

機能2:パーティションと未割り当て領域、またはパーティションとパーティションを結合

使用場合:

隣接するか、隣接しない未割り当て領域と合併してボリュームを拡張することができます。

パーティションとパーティションを結合する場合もこの機能を使用することもできます。特に購入したパソコンのパーティションが思う通りに分割されていなかったら、二つの小さなパーティションを1つに結合したい読者様がいますね。

パーティションを結合

機能3:ディスクをMBR/GPTへ変換

使用場合:

2TBを超えるHDDが扱えるために、GPT形式を選択しなければならない場合はこの機能を使用することができます。

GPTディスクでは、最大128プライマリパーティションを作成できますので、最大4つのプライマリパーティションの制限を破りたい場合もこの機能を使用することができます。

Windows XPやWindows Server 2003などのWindows OSでGPTディスクをサポートしないので、これらのバージョンのWindowsを使用する場合もこの機能を使用することができます。

Mac OSではMBRディスクをシステムディスクとして使うことができないので、MBRをGPTに変換しないといけない場合もこの機能を使用することができます。

GPTに変換

機能4パーティションを分割

使用場合:

より便利にディスクを管理するために、大きなHDDを幾つかのパーティションに分割する場合はこの機能を使用して、ただ数秒でパーティション分割を完了します。

パーティションを分割

機能5:OSをSSDに移行

使用場合:

Windows 10/8/7かWindows Serverを再インストールせずに他のHDDかSSDへ移行します。時間を節約する為ですね。

古いHDDを新たなSSDにアップグレードして、このSSDをシステムディスクとして使用したい場合は、この機能を使用して、指示に従って、操作していいです。

OSをSSDに移行

機能6:ディスククローン

使用場所:

性能高いSSD/新たなHDDに取り替えるなら、この機能を使用して、何も再インストールせずに、全部できます。

データとファイルをバックアップする場合はディスククローン機能で簡単に実現できます。

ディスククローン

結論

ここまで、AOMEI Partition Assistantというディスクパーティション管理ソフトの機能をたくさん紹介しましたね。上記の六つ機能はただ最も基本的な機能ですから、他の機能を知りたいなら、ぜひお見逃しなくね~読者様!

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。